【超基本から】ピアスをハンドメイドするイロハ教えます!

ハンドメイドピアス、私も作ってみたいけど不器用だし作り方もわからないし…そう諦めている人も多いのでは。今回は最低限必要な工具やパーツ、簡単なピアスの作り方を2種類ご紹介します!まずは超基本から覚えて、どんどん色々とチャレンジしていきましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.11.7 作成:2017.11.7

目次
  1. ハンドメイドピアスとは
  2. ハンドメイドのピアス作りに必要な工具や材料
  3. ハンドメイドピアスの種類別作り方
  4. ハンドメイドピアスの作り方
  5. ハンドメイドピアスは通販でも買える
  6. レジンのハンドメイドピアス
  7. 素敵なピアスをどんどん作ろう!
ここ数年、空前のハンドメイドブームが到来しています。
ネットにも街にもハンドメイドを楽しむ人たちがたくさん!!
中でもアクセサリー作りは自分好みの可愛いピアスなどを格安で作れると大人気♡

「私も作りたい!!でもどうやって作るのかわからないし、不器用だし…。」
そんな人も多いと思います。

今回はそんなアクセサリーDIY初心者さんのために、超基本をご紹介します。

ハンドメイドピアスとは

ハンドメイドピアス

ハンドメイドピアスとは、もちろんその名の通り、自作のピアスのことです。

自分好みのデザインのピアスが、自分で自由に作れて、好きなように付けられたら嬉しいですよね!

自分で作るから、自分に合うよう細かな調節をすることもでき、オリジナルのお気に入りピアスが作れるというのが魅力です。

ハンドメイドのピアス作りに必要な工具や材料

先が細いペンチ

ピアス作りに必要な道具をひとつずつご紹介していきます!

まず絶対に必要なのは「ペンチ」。
ラジオペンチがおすすめです。

アクセサリー作り専用のものもありますので、初めて道具を揃えるという方は、そういうものを選ぶと間違いがないでしょう。

手芸店で簡単に見つけることができます。

接着剤

お次は接着剤。

必ずしも必要とまではいかないのですが、作りたいデザインによっては必要になります。
ハンドメイドをする上で、あると便利ですので、揃えておくといいでしょう。

ただ、安い瞬間接着剤だと失敗することもあり、使わないほうがいいようです。
プラスチック用、金属用のものを選ぶと長持ちもしやすくおすすめです。

ピンセット

ビーズやパーツ類など、細かなものをつかむときに、ピンセットは必需品です。
アクセサリーを作るときには必ず手に入れておきましょう。

パーツを入れておく容器

アクセサリー制作に使うパーツには、ビーズや金具など細かいものが多いです。
そのようなパーツ類などを保管するために、専用の容器を用意しておきましょう。

ビーズケースなどは、100均でも便利に収納できる容器が手に入るので、そちらでも構いません。

ビーズ

ビーズはアクセサリー作りの主役といっても過言ではありませんね♪

手芸店はもちろん、100均でも様々な色、サイズ、素材のビーズを見つけることができます。
お気に入りのビーズを使って耳元をアレンジしてみましょう。

パール

パールなども組み合わせると、作品の仕上がりがぐっとクォリティアップするのでおすすめです。

パールと言ってもお高いものばかりではなく、個人のアクセサリー作り用で、安く手に入るパールがたくさんあります。

これは、プラスチックやガラスでできたもので、本物そっくりな使用感を得ることができます。
色も本物と異なり複数ありますので、より自由な表現が可能になります。

耳元に大人な雰囲気を演出したいときにはぜひパールを使ってみてください。

丸カン

丸カンは金具と金具とをつなぎ合わせる丸い金属パーツです。

これは、アクセサリー作りの中でも必要不可欠な金具で、かなりの頻度で使用します。

100均などでも様々な色、サイズのものを入手できますので、手に入れておきましょう。

初心者にはハンドメイドキットがおすすめ

ここまで必要な道具についてご説明していきましたが、いかがでしょう。
初めての方だと、「やっぱりどんなビーズを使えばいいのかもわからないし・・・」って思われる場合もあるのではないでしょうか。

パーツの組み合わせは、最初は難しく感じられるものです。
慣れてきたら、いくらでも自分のオリジナルの発想で組み合わせられるようになりますが、まずは全て揃ったキットを利用するというのも手です。

キットは、それひとつ買うだけで、お手本通りの素敵なアクセサリーを誰でも作れる、というものですので、初めてだと特に安心感が高いですよね。

説明書付きのものもありますので、ぜひそういうものを選んで作ってみましょう。

ハンドメイドピアスの種類別作り方

スタッドピアス

さて、一口にピアスと言っても、取り付ける金具や取り付け方によって、様々な種類のものがありますよね。
まずは、その特徴について見ていきましょう。

一つ目は「スタッドピアス」。
スタッドは金具の一つで棒の部分を指します。
これをピアスホールに入れて、ピアスキャッチでとめて固定します。

安定感があることが特徴で、作れるアクセサリーの幅が広いのが魅力です。

パーツが2つに分かれているため、他のピアス金具より値段が割高です。

フックピアス

フックの形状が特徴的な、こちらはフックピアスです。

針金をピアスホールに入れて、引っ掛けて装着します。

軽めの付け心地で、金具が手に入りやすいため、ハンドメイドではまずこちらを作ってみる方が多いようです。

フープピアス

独特の輪タイプの金具を使ったフープピアスです。

輪の部分のバリエーションが多く、丸いタイプの輪、ハート型の輪、長丸型の輪など、パーツデザインでオリジナリティを出すことが可能になっています。

付けたときの印象としては、大人っぽい雰囲気を演出することができるのが素敵です。

チェーンピアス

こちらはチェーンピアスです。
チェーンの両端にある棒と輪のある独特の形状で、棒の部分が特徴的です。

ピアスホールにチェーンを通して装着する、知る人ぞ知るアイテムです。

優雅な雰囲気を演出し、長時間つけていても耳が痛くならないということで人気があります。

ただ、こちらの専用金具がなかなか売っていないというのが難点です。

ねじバネイヤリング

こちらは、ねじバネイヤリングです。
耳たぶの厚みに合わせて、ねじを調節して使用します。
こちらのタイプは、最もポピュラーなタイプの金具と言えるのではないでしょうか。

クリップイヤリング

こちらはクリップイヤリング。
耳たぶを挟んで使うタイプです。

耳に当たる面積が広く、しっかりと固定できるのが特徴です。
大振りの場合や、重いパーツを使う場合におすすめです。

ただ、耳が痛くなる、と言われる方も多く、長時間の使用はおすすめいたしません。

ハンドメイドピアスの作り方

中級者の人はレシピを活用しよう

DIY Accessories キラキラ ビジュー ピアス 作り方【レジン】-youtube

キラキラしたビジュー、スワロフスキーのきらめきが可愛い、スタッドピアスの作りかたを動画で説明されています。
とても丁寧に解説されていますので、材料を揃えてこの通りに作れば、誰でもお洒落なビジューピアスを作れるようになれますよ。

【パーツクラブ】フェザーピアスの作り方

こちらは、人気アイテム、フェザーを使用したピアスの作り方を動画で説明されています。
女性らしい品のよさと、ちょっと個性的な雰囲気を出すこともでき、素敵ですよね。

こちらの動画は、アクセサリーパーツを通販されているパーツクラブさんが提供されている動画ですので、気になる作品のパーツが手に入れやすいのも嬉しいです。
こちらはファー素材を使った可愛いピアスの作り方動画です。

こちらもアクセサリーパーツ販売の大手「貴和製作所」さんによる動画。
他にも様々な作り方動画を紹介されていますので、自分のレベルに合わせた作品作りに取り掛かりやすいですよ。

ハンドメイドピアスは通販でも買える

通販での購入

ハンドメイドピアスがほしいけれど、自分で作るのは得意ではない、という方もいらっしゃいますよね。

自作に自信がない場合には、手っ取り早くハンドメイド感のあるピアスが手に入る通販もおすすめです。

通販なら商品としての質は悪くはありません。

また、ハンドメイドマーケットサイトなどでも、最近はクォリティの高い作品を作られる作家さんがどんどん増えていますから、お気に入りの作家さんを見つけてみるのも楽しいですよ。

レジンのハンドメイドピアス

レジンとは

最近は、レジンを使ったハンドメイドピアスもたいへん人気があります。

レジンとは、樹脂のことで、好きな形に固めることが可能になっています。
固まったあと、穴を開けたり削ったりと、加工することもでき、よりオリジナリティのあるデザインを自在に作ることができます。

2種類のレジンがある

エポキシレジン

レジンには、2つの種類のものが存在します。

まずはエポキシレジン。

こちらは2液混合型で、2種類の液を混ぜて硬化させます。
手芸店で購入可能となっており、安価で手に入ります。

物によってはベタついたり変色しやすい、ということもあり、場合によっては、思ったような作品作りが難しいことも。
作りたい作品次第でタイプを選ぶとよいようです。

UVレジン

UVレジンは、紫外線に当てて硬化するタイプのレジンです。
レジンと言えば、主にこちらのほうを指すことが多いようです。
100均でハンドメイド用として販売されているタイプはこちらです。

紫外線と言っても、必ずしも太陽光に数時間当て続ける必要はなく、UVライトを使った場合は数分で固まります。

ハンドメイドでよく使われるという場合は、UVライトも揃えておいたほうが便利でしょう。

レジンで作ったハンドメイドピアス

クリアな樹脂に小花を閉じ込めて

レジンの中に閉じ込められた小花がとても可憐なピアスですね!
レジンの透明感がとても活かされています。
自然の押し花とレジンの組み合わせが何とも爽やかです。

可憐な蝶々をコーティング

こちらは、フィルムにプリントした蝶々を、レジンによってコーティングして作られたというピアスです。

蝶々のたいへん繊細なデザインがレジンでひときわ美しく引き立っていて、何とも素敵な女性らしいピアスですね!

水中花のような幻想的なピアス

こちらは、最近人気のあるドーム型のピアスです。
レジンで満たされたドームの中には、まるで水中に咲く美しいお花が揺らめいているようで、とても幻想的な世界観となっています。
あえて入れられた水泡が、シャボン玉のようで素敵ですね。

素敵なピアスをどんどん作ろう!

いかがでしたか。

ハンドメイドのピアスは、自分で好きなように作れるから、好きなパーツを好きなように組み合わせて、世界にひとつしかない素敵なピアスを手に入れられます。

自分で作るのだから、思い入れも愛着もわき、きっとお気に入りのアクセサリーになりますよ。

材料や道具も、最近のブームで比較的手に入れやすくなっていますから、ぜひ気になった方は挑戦してみてくださいね!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事