更新:2017.9.10 作成:2014.9.10

知らなきゃ損する!すごく便利な魔法の粉【重曹】の使い方色々

知らなきゃ損するかも。今回は100均でも入手可能な上に、安全で環境に優しいと話題の「重曹」を、グレードによる違いから作用。掃除、洗濯、洗い物など。普段の暮らしの中でとことん活用するための便利な使い方をご紹介します。
❤︎ お気に入り
目次
  1. そもそも「重曹」とは?
  2. 重曹の5つの特長(作用)
  3. 重曹で中和できるのは酸性汚れ&酸性臭
  4. 重曹を使用する際の注意点
  5. 「重曹粉末」を掃除に使う方法
  6. 頑固汚れに。「重曹ペースト」の作り方&使い方
  7. 普段のお掃除に。「重曹スプレー」の作り方&使い方
  8. 重曹+〇〇で掃除の幅が広がる
  9. 重曹は掃除以外でもこんなに活用できる
  10. まとめ

そもそも「重曹」とは?

「重曹」とは、重炭酸ソーダを略した呼び方で「炭酸水素ナトリウム」の事です。見た目は白い結晶性粉末で弱アルカリ性の物質のことです。

そして今では、エコなお掃除アイテムのひとつとしてすっかりお馴染みとなっていますが、実は3つのグレードに分かれており、活用できる範囲も変わってくるんです。

3つのグレードがある

重曹は、【医薬品>食用>工業用】と3つのグレードに分かれており、この順で純度に差があり値段も変わってきます。
「医薬品(薬用)」は、患部の洗浄、歯石除去、胃薬といった医療の現場でも使用されているレベルの品質。「食用」は、いわゆるふくらまし粉なので調理から美容などにも安心して使用できます。

そして、こういった100均でも販売されている「工業用」が最も安価で入手でき、お掃除用として一般的に使用されているグレードです。用途に合わせて使い分けましょう。

重曹の5つの特長(作用)

重曹を最大限に活用&応用するために、まずは重曹の特長を5つの作用ともに覚えておきましょう。

1.研磨作用

重曹は、「粒子が細かく水に溶けにくい」という性質も特長の1つ。これを活かすことで、研磨作用。いわゆるクレンザーのような効果を発揮することができます。

また、粒子の固さも程よいので傷が入りにくいのも魅力です。

2.中和作用

重曹は「PH8.2」の弱アルカリ性なんですが、中和作用というのは、このアルカリ性の性質を活かし「酸性の汚れ&臭いを中和して落とす」という事です。

汚れの落ち方はこのPHに比例します。逆にクエン酸は酸性なのでアルカリ性の汚れ&臭いを中和して落とせるというわけです。

3.消臭・脱臭作用

先程ご説明した酸性臭を中和してして消臭する。という効果とともに気体や液体を吸収する性質もあるので、脱臭&消臭効果が得られるというわけです。

4.軟水作用

重曹は、水に溶かすことで水中の金属イオンを封じて水を軟水に変化させる性質があります。これによって石鹸の泡立ちをアップさせ、洗浄力を向上させることができるというわけです。

5.発泡作用

重曹は炭酸水素ナトリウムですので、加熱することで水と二酸化炭素に分解され発泡します。この発泡作用を利用することで、食用なら「ふくらし粉」として役目を果たし、掃除なら汚れを浮かせるといった効果を得ることができます。

また、加熱以外では「酸性」の物質と混ぜて発泡させることも可能です。

重曹で中和できるのは酸性汚れ&酸性臭

重曹で中和できるのは「酸性の汚れ&におい」とお伝えしましたが、これだけではピンときませんよね。続いて、具体的に家の中のどんな汚れやにおいが該当するのかを覚えておきましょう。

酸性の汚れ

お家の中にある酸性の汚れとは大別すると「油脂・タンパク質・炭水化物」この3つです。

具体的には、キッチンまわりの油汚れや、お風呂場や衣類に付着した皮脂汚れ、手垢。そして、珈琲や食べこぼしといったタンパク質による染みや嘔吐物から、ペットの尿染みなどが該当します。また、アルカリは「カビ」にも有効ですよ◎
 

酸性臭

酸性臭は、汗の臭いや蒸れた靴下、口臭。さらには、野菜や卵が腐敗した生ゴミのすっぱい臭いから、ドブや下水などの臭いなどが該当します。

つまり、お家の中では、下駄箱や寝具、生ゴミの入ったごみ箱などに有効というわけです。

重曹を使用する際の注意点

お家の中でも酸性の汚れや臭いはたくさんありますが、使用しない方が良い場所や、扱う際の注意点もあります。

使用を避けるべき場所

重曹を使用することで変色、または傷めてしまう場合もありますので下記の物や場所への使用は避けておきましょう。
 
  • アルミ、銅、真鍮
  • たたみ、白木
  • ワックスのかかったフローリング(WAXが剥がれることがあります)
  • 漆器など傷が入りやすい場所

手の保護

弱アルカリ性なので基本的には何の問題もありませんが、長時間使用する場合や、特に手荒れをしやすいという方。他の洗剤+50度以上のお湯などと合わせるなど”洗浄力をUPして使用”する場合などには「ゴム手袋」をつけてお掃除すると安心です◎


重曹を掃除に活用する際は、主に「粉末のまま・ペースト状・スプレー(重曹水)」と3つの使い方をしますので、続いてこれらの具体的な使い方をご紹介します。

「重曹粉末」を掃除に使う方法

まずは、粉状のまま活用する方法からみていきましょう。前提として容器は、こういった蓋付きの調味料入れや、シェイカーなどに移し替えておくと振るだけでサッと使えるので便利です。100均アイテムや、味塩胡椒などの空き容器を活用するのもおすすめですよ◎

カーペットの掃除&消臭

なかなか洗うのも大変なカーペットですが、寝る前などに重曹をカーペット全体に振りかけて一晩放置して、翌朝に掃除機で吸い取るだけでゴミと一緒にカーペットについたニオイまでスッキリと落とすことができるので一石二鳥です◎

ついでに、気になる生ゴミに振りかけてニオイを抑えておくと良いでしょう。

シンクまわり

毎日使用する「シンクまわり」も、重曹を粉のまま全体に振りかけて、捨てる前のラップやスポンジなどで磨き、水で流すだけでOKです。

アルカリ性の洗浄力+研磨効果でピカピカにすることができます♪

換気扇フィルター

続いて油汚れが気になる「換気扇のフィルター」ですが、この場合もフィルター両面に重曹をまんべんなく振りかけます。

そして2時間程度放置して重曹に油を吸着させたら、「不要な歯ブラシ」などで軽くこするだけで油を重曹ごとサラッと簡単に落とすことができます。1回で落ちきれない場合はこれを数回繰り返し、ぬるま湯で洗い流せば完了です◎

電子レンジ

こびりつきが気になる電子レンジの場合は、重曹×蒸気の力で落とします。

耐熱容器に「水(500ml:小さじ1)重曹」を入れてしっかり混ぜたものを電子レンジ600w×3分加熱したら、そのまま10分放置して庫内を蒸らします。これで汚れが浮き上がっていますので、後は拭くだけでOK!

頑固な場合は、スポンジや歯ブラシに重曹粉をつけてこすり落とし、水拭きで仕上げましょう。

五徳

頑固なこびりつき汚れがついた「五徳」は、煮出して落としましょう。

鍋で「水(200ml:大さじ山盛り1)重曹」の重曹水をつくり沸騰させたら五徳を入れて10分煮て火をとめてそのまま冷まします。後は、五徳に重曹を振りかけて歯ブラシでこすり落とせば完了です。

お風呂掃除

漬け置きはお風呂掃除にも有効です。

お風呂の残り湯(水量は水垢のラインに合わせると◎)に、重曹を1カップ程度を溶かし、洗面器、椅子、子供のおもちゃなどお風呂まわりの小物類を沈め一晩放置。後は、スポンジでこすりながらすすげば汚れもスッキリと落とすことができますよ。

これでも落ちにくい時は重曹粉を振りかけて擦り落としましょう。

洗濯槽の掃除

重曹は「洗濯槽クリーナー」の代わりに使用することも可能です。

40~50℃のお湯を張り重曹を1カップ程度入れ、通常のコースで1回運転しそのまま5時間程度放置したら、ゴミをすくってから脱水→もう一度通常コース。まで行えば完了です◎

頑固汚れに。「重曹ペースト」の作り方&使い方

重曹ペーストは、「重曹(2~3:1)水」の割合になるように少しずつ水を加えながらつくっていきます。時間が経つと乾燥して固まってしまうので、使う量だけつくるか密閉容器で保存して早めに使い切りましょう。

「ペースト状」にすることで壁面などに塗っても落ちず、研磨作用を向上させることが可能なので、レンジまわりの壁から、蛇口、鍋の焦げ付きなど、しっかり磨きたい場所に活用しましょう◎

普段のお掃除に。「重曹スプレー」の作り方&使い方

作り方は、スプレー容器に、「水(100ml:小1)重曹」を入れてしっかりと振ってとかせば完成です。重曹が水に溶ける限界は8%なので、濃度の目安は6%程度でじゅうぶんです。

重曹スプレーは、テーブルや壁などの拭き掃除、トイレ・コンロやキッチンまわりの掃除から、ソファーやクッションなどの消臭に。と幅広い用途で重宝しますよ◎

重曹+〇〇で掃除の幅が広がる

ペーストやスプレーだけでなく、他の洗剤などと合わせることで更に幅広い活用が可能になります。

+「お酢」で排水口掃除に

シンク、洗面台、浴室などの排水口では、「重曹粉」をたっぷりと振りかけて、「お酢、または4%のクエン酸水」をスプレーするとぶくぶくっと発泡しますので、その後ブラシでこすり水で流せば、あっという間にぬめりや黒ずみも落とせます。

+漂白剤でカビ取り剤に

浴室の目地などでは、「酸素系漂白剤(粉末)+重曹+40℃前後のぬるま湯」を、1:1:0.5の割合で混ぜてペースト状にすれば「カビ取り剤」として使えます。

塗布して2~3時間放置後に水で流すだけでOKです。カビがひどい時には歯ブラシなどで擦り落としてから流しましょう。

重曹は掃除以外でもこんなに活用できる

続いてお掃除以外で活用する方法をご紹介します。とことん活用しつくしましょう!

食器用洗剤として

重曹は油汚れに強いので、普段の洗い物では、粉状のまま振りかけるだけで「食器用洗剤」として使用できます。

しかも研磨効果があるので、茶渋などはしっかり磨くことでスッキリと落とせますよ♪ただし傷の入りやすい器への使用は避けましょう。
 

鍋の焦げ落としに

鍋(アルミ製以外)を焦げ付かせてしまった時は、水を張り少量の重曹を入れてから(水200:大1程度)一旦沸騰させましょう。あとは、数時間程度放置しておくだけで焦げが浮き上がってきます。

完全に落ちない場合は、重曹の粉末を振りかけタワシなどで擦り落とすとOkです◎また、鍋の外側部分を落としたい時は大きい鍋の中に浸し同じ要領で落としましょう。
 

銀製品のくもり・黒ずみに

銀素材の食器やカトラリー・シルバーアクセサリー(宝石などの装飾が無いもの)の気になるくもりや黒ずみにも効果的!

アルミホイルを敷いた浅いバットなどで「熱湯1L:重曹大さじ3」の重曹液をつくったら、銀製品を浸して一晩放置。後は、やわらかい布などで磨けば輝きを取り戻します。

洗濯洗剤・柔軟剤として

洗濯では3通りの使い方がありますが、いずれも水に溶けにくいので「ぬるま湯」を使用しましょう。

1.洗濯用液体石鹸(合成洗剤以外)と一緒に使用:液体石鹸の半量を重曹に代えるだけで洗浄力がUPします。

2.液体洗剤を使わない場合:水10Lに対し重曹大さじ2+酵素系漂白剤大さじ1を洗剤代わり。クエン酸小さじ1を柔軟剤代わりに使えます。

3.柔軟剤代わりに使用:すすぎの段階で重曹(水10Lに対し20gが目安)を加えれば静電気を抑えながらふわっと仕上がります。

入浴剤として

重曹は弱アルカリ性なので、お湯200Lに対し、40g程度の重曹を加えると余分な皮脂が落ちるので一般的なアルカリ温泉のように、お肌がつるつるに仕上がる入浴剤に変身します。

入浴剤なら工業用でも使用可能とされていますが気になる方は、食用・薬用を利用しましょう。

愛犬のケアに

水嫌いなわんちゃんなら「ドライシャンプー」としても役立ちます。

ガーゼで重曹を包んでから、体全体にポンポンとにまんべんなく付着させます。後はブラッシング→濡れタオルで拭く。これだけで汚れも臭いも落ちてサッパリ仕上がりますよ♪

消臭剤・湿気取りとして

空き瓶に重曹を入れて蓋をあけた状態。または腐食布×麻ひもなどでホコリが入らない状態にしたものを、食器棚・下駄箱・冷蔵庫などに入れておくだけで2ヶ月程度は消臭・湿気取りとして活用することができます。

2ヶ月後は、湿気を含み固まることがほとんどですが、砕けば通常通りに再利用可能ですよ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?使い方がイマイチ不明で手を出しづらかった・・・という方も、グレード・作用・注意点さえ覚えておけば、汚れに応じて使い分けたり、これだけ幅広い用途でも安心して重曹を使いこなすことができますね!

是非、重曹を普段の生活の中に重曹を取り入れて、よりエコで快適な暮らしを楽しまれてください♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!