20797 VIEW

あなたは知っている?授乳中にお酒を飲んだ時の赤ちゃんへの影響と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

2013年12月9日更新

お酒はどんな時でもほどほどに!!

飲んでもいいけど量と体調を考えてという事ですね。

授乳中にお酒を飲んでも大丈夫?

quote
ビールなら1缶、ワインならグラスに軽く一杯ほどで、でも、ベロンベロンに飲むのはやめてね。。とのことでした。その話をきいて、それまで授乳中は飲めないと思っていたのでびっくりしました。
quote
飲酒の可否については消極的。それは、妊娠中アルコールを摂取せずしかも産後疲れ&寝不足のママは妊娠前よりアルコールに弱くなっている為、アルコールが母乳に影響するしないよりも赤ちゃんを抱っこした時に安定しなかったり、眠り込んで赤ちゃんの泣き声に気づかないほうが赤ちゃんに悪影響との見解でした。
quote
晩酌で夫との楽しいひとときをつくったり、赤ちゃんを寝つかせてから軽くお酒を飲んでリラックスする程度なら良いでしょう。

赤ちゃんに影響がないか不安

影響がないわけではない

quote
赤ちゃんの肝臓、腎臓などは未熟で、アルコール分解能力が低いため、負担がかかります。
quote
アルコールは母乳の質と味を一気に落とします。
5分もしないうちに母乳を発酵させ、不味い母乳に早代わりさせます。
quote
胎児や乳児の脳の障害や体の発育の遅れや奇形を引き起こす恐れなどが出てきます。具体的には学習能力や記憶障害や低身長、低体重などの発育障害等の形で現れてくる可能性があるわけです。

お酒を飲んだ後に授乳していいの?

授乳のタイミング

quote
酔っている時は飲酒量に限らず、授乳をしばらく控える。
quote
思いっきり飲むぞ!という場合なら、たくさん飲んで、醒めるのにも時間がかかりますから、ミルクにする方が無難でしょうね。
quote
だいたい4時間後くらいから母乳からでてくるようです。それから8時間の授乳は避けたほうがいいようです。

パパも是非協力してあげて!

quote
パパがいるならば、、、、ひとこと。
夜な夜な酒臭い息で帰宅していると、嫁さんはもしかして
「私も飲みたいのに」と
悲しい思いをしているかもしれないですよ。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • fasyionista

    ネットの世界で埋もれている素敵なアイデアを発掘します!

特集

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事