WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

フランス、ブルターニュ地方の伝統ある『カンペール焼き』温かみのある陶器をご紹介

一つ一つ丁寧な手作業で作られ、古くからの伝統を守り続けるカンペール焼き。一度手に取るとその魅力に惹かれ、コレクターになってしまう方も多いようです。
カンペールタッチと呼ばれるテクニックで描かれる、カンペール焼きのコレクションを、ぜひご覧ください。 #カンペール #フランス #陶器

2018.2.27

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.2.27 / 作成:2018.2.25

フランス、ブルターニュ地方と聞いて、みなさまは何を思い浮かべますか?

バター、カマンベール、ゲランドの塩、そば粉のガレットやシードルなど有名な食べ物もたくさんあり、耳にされたこともあると思います。

そんなブルターニュ地方の最西端に位置する街、カンペール。「カンペール焼き」と呼ばれるフランスの伝統陶器が誕生した街として有名になり、工房の見学は観光ルートの一環となっているようです。

明るい赤、青、黄色を基本色とし、ブルターニュ地方の民族衣装を着た人物、花や鳥、自然をモチーフにした手描きの素朴で温かみのある陶器は、職人による手作り感を味わうことが出来ます。

今回は、1690年創業の由緒ある老舗「アンリオ・カンペール」社の陶器を中心に、ご紹介させて頂きます。
 

「植物モチーフ」の優しい絵柄

毎日使いたい&眺めていたい食器類

やや厚手で丸みのあるフォルムが特徴の一つでもある、カンペール焼き。

青い縁取りが優しい、フラワーモチーフの温かみのある陶器です。

家族でゆっくり過ごせる日曜の朝には、カンペール焼きで統一されたテーブルコーディネートで、穏やかな時間が過ごせそうです。
キュートなハートとシンプルな丸のお皿。色鮮やかな絵柄は、見ているだけで満足してしまいます。

黄色×赤×青のバランスが絶妙で、何枚も集めたくなりますね。
続いては、色味を押さえた、落ち着いたキレイな花のモチーフの陶器です。

バターケースは、毎日バターを食べる方にとっては、あると嬉しい入れ物ですね。

同柄の花瓶のような入れ物も、使い道が色々とありそうです。
可愛らしい縁取りが特徴のお皿と、オーソドックスな平のお皿。

毎日食卓で活躍してくれそうなお皿ですが、食べ終わった後には素敵な絵柄が見えてきて、嬉しくなりますね。
木製スプーン付きのマスタードポットと、四角の形が可愛らしいテーブルコーディネートです。

手作りのケーキも、カンペール焼きのお皿にセットすると、一段と豪華に見えます。

マスタードポットは、マスタードだけでなくハチミツやソース、お好みで入れることが出来る優れものポットです。

テーブルに置いてあるだけでも、そっと眺めたくなるデザインです。
フランスでは、このような大きめのボウルで朝、カフェオレやココアを飲んだり、シリアルを入れて食べる習慣があります。

毎朝使うものなので、カンペール焼きのように丈夫な陶器だと、長く使えて助かります。

鮮明なイエローで目が覚めそうで、朝にピッタリのカフェオレボウルです。
続いては、フランスでは昔から家庭でよく使われているスープストック。

美しいお花のデザインは、子供からお年寄りまでに人気がありそうです。


眺めていたくなる煌びやかなデザインで、使用しない時はリビングの一角に、インテリアとして置いておくことが出来ます。

お気に入りのマグカップを見つける

キレイな朱色にも見える、赤一色のコーヒーカップ。

優しいタッチで描かれるカンペール焼き、シンプルかつオリジナリティが感じられます。
そして少し珍しい、六角形のコーヒーカップとソーサー。

毎朝使うコーヒーカップだからこそ、お気に入りの一つを見つけて、ゆっくりと美味しいコーヒーを味わいたいですね。

 

「動物モチーフ」可愛いらしい絵柄

続いては、同じデザインで色合いが微妙に違う、鳥模様のコーヒーカップ。

職人の手作業により、丁寧に作られるカンペール陶器は、一つ一つに違いがあるところが特徴でもあります。
フランスのシンボルでもあるニワトリが、真ん中に大きく描かれたお皿。

鮮やかな色を使っているのにも関わらず、柔らかい雰囲気を持つお皿は、大事に使っていきたいですね。
美しい鳥の両脇に、負けないくらいキレイなお花が描かれたデザインのお皿。

凝っているお皿の淵に添って描かれたラインが、目を惹きます。

フランスの伝統家庭料理には、伝統を守り続けるカンペール焼きの陶器が、とてもよくお似合いです。

「人物モチーフ」魅力いっぱいの絵柄

続いては民族衣装を着た人物が描かれている、伝統と地域愛を重んじる想いが、伝わってくるデザインです。

ソルト&ペッパー入れにもこだわりを持って、このようにセットで集めたいですね。
同じ絵柄で揃えられたコーヒーカップ&ソーサーにミルクポット。

並べておくと、特徴あるデザインの魅力が一層引き出され、同じデザインで揃えるコレクターが、多く存在することにも納得です。
そして両取っ手付きのマスタードポットは、中世と現代が交じり合わされたような、デザインです。

使い方が多様にあるこのような陶器は、キッチンに一つあると便利ですね。
ピンクが女性らしく、民族衣装を着た女性とお花が可愛いらしいデザインのボウル。

観賞用としても欲しくなるような、味わい深い陶器です。

 
長方形の使い易そうなお皿と、愛らしいエッグスタンド。

色味を統一して揃えると、カンペール焼きの長所がより生かされます。

 

キュートな形の陶器類

民族衣装を着た女性が描かれた、愛らしいブタの貯金箱。

ピンクがまた可愛らしいく、お部屋のインテリアとしても映えそうです。
お部屋やテーブルに置いておくだけでも、絵になるお洒落な形の陶器。

一見花瓶にも見えますが、こちらはキャンドルスタンドです。温かみのあるデザインには、優しい灯りのキャンドルが良く似合います。
あると便利なウォールポケットも、カンペール焼きを選ぶと、お部屋の中でも一際存在感があります。

何も入れなくても愛嬌のある形は、壁に掛けて置くだけでもインテリアの一部として、成り立ちます。

名前入りの「特別な一品」

最後にご紹介するのは、名前入りの特別な陶器。

ブルターニュに今もなお継がれる伝統行事。子供が誕生した時に、このように子供の名前を入れてボウルを注文し、焼いてもらうそうです。

オリジナルのボウルを与えられる子供達は、一生大事に使いそうですね。
子供が誕生するたびに、一つずつ増えていくボウル。

嬉しくて使わずに飾っておきたい気もしますが、万能で使えるボウルだからこそ、実際に使う頻度も高そうです。

まとめ

今回は、修行に修行を重ねた職人だからこそ描くことが出来る、美しいデザインのカンペール焼きに注目してきましたが、いかかでしたでしょうか。

カンペール焼きに興味を持たれた方は、日本での購入もオンラインショップで可能なので、お気に入りの自分だけの大切な陶器を、探してみて下さいね。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • lakki

    衣食住に関するリサーチが大好きです。