WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ほっくり♡大地の恵み!かぼちゃのグラタンレシピ<TOP15>

ほくほくして甘いかぼちゃはβ-カロテンを始めとしてビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な緑黄色野菜の代表選手!今回はそんなかぼちゃの美味しさをまるごと味わえる「かぼちゃのグラタン」人気レシピをご紹介いたします♪ #かぼちゃ #グラタン #レシピ

文月
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.2.1 / 作成:2018.2.1

美味しくて美容にいい♡かぼちゃの魅力

かぼちゃは栄養の宝庫!

かぼちゃと言えば緑黄色野菜の代表格!

この緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンがかぼちゃにはとっても豊富に含まれているんです。β-カロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を健康に保つ効果が。実よりも皮に多く含まれるので、一緒に食べるのがおススメです♪

また、かぼちゃにはコラーゲンの生成を助けて肌にハリを与える&シミ・ソバカス予防に効果的なビタミンC、血行を良くして老化予防の効果があるビタミンEが含まれています。このビタミンE、ビタミンCと一緒に摂ると更に効果が期待できるんですよ。

このほか、糖質の代謝を助けるビタミンB1、たんぱく質や脂質、糖質の代謝を助けるビタミンB2、貧血予防・美肌効果の鉄分、高血圧を防ぐカリウムに、骨・歯を丈夫にする&イライラを鎮めてくれるカルシウム、お通じを良くする食物繊維などなど、女性に嬉しい栄養素がたっぷり!

美味しいかぼちゃの選び方と保存方法

かぼちゃの選び方は「完熟」を見極めるのがポイント!

かぼちゃは完熟してから収穫、収穫後に風や外気にさらして乾燥させて糖度を上げる「追熟」を行ったものの方が美味しくなります。
では、完熟しているかどうか、追熟をしているか見分ける方法は…?

美味しいかぼちゃ、見極めのポイント
  • 皮が固くて重い
  • ヘタの切り口が乾燥してコルクのようになっている
  • ヘタの周りがくぼんでいる&ヒビが入っている
  • 果肉の色が濃くてぎっしり詰まっている&種がふっくら太っている(カットしたものの場合)

売り場でこのポイントをチェックすれば、より美味しいかぼちゃが選べますよ!是非参考にしてみてくださいね♪

かぼちゃの保存方法

せっかくの美味しいかぼちゃ、できるだけベストな状態で保存したいですよね。
そんなときに押さえておきたいかぼちゃ保存のポイントです☆

丸ごとの場合
風通しの良い涼しい場所に置きましょう。1~2ヶ月くらい保存可能です。

カットしたものの場合
傷みやすい種とワタをキレイに取り除き、ラップや保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。
1週間以内で使い切ってくださいね。

冷凍保存する場合
カットしたものを茹で、完全に冷ましてから保存袋に入れるか、粗くマッシュした状態で保存袋に入れて冷凍庫へ。時間がないときは、生のままカットして保存袋に入れて冷凍してもOK!

煮物などに使う場合は凍ったまま、天ぷらなど短時間の加熱調理の場合は電子レンジで解凍してから使いましょう。なお、今回ご紹介するグラタンなどアツアツを頂きたいレシピでは、電子レンジで解凍してからの方がおススメです。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • 文月

    美味しいものを食べるって幸せですよね。 作るのも楽しい!!

    フォローする