WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

アントチェアって?注目の椅子の魅力をご紹介

#椅子 #家具

Chaikha
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2018年2月11日更新

デンマーク発のおしゃれな椅子は、世界中で販売されている注目のデザイナーズチェアです。ユニークな形の椅子は、人間が座ることでアリの足のように見えるとの事。そんな理由から、アントチェアと言う名前でも知られるようになったそうです。背もたれと座るところしかない、シンプルなイスは、そのフォルムの美しさでも注目を集めています。

日本でも注目が高い?

1950年代に作品が発表されて以来、人気の高いアントチェア。日本でも、「アリンコチェア」と言う名前で知られているようです。木材の素敵なイスは、日本のお家にも素敵にマッチするはずです。ナチュラルテイスト好きの方から、デザイナーズデザインが特に好き!と言う方まで、色んな人から愛されるアントチェア。椅子が展示されているのをどこかで見たことがある!と言う方も中にはいるかもしれません。

「アントチェア」の特徴って?

アントチェアの特徴とは一体どんな物なのでしょうか?木材で作られているアントチェア。その美しいシルエットに注目が集まっています。肘掛けなどはなく、あるのは背もたれだけ、と言うシンプルな作り。今ではオリジナルデザインは3本脚ですが、安定性のために4本脚となっているアイテムもあるとの事。座る事でアリの足のように見える、というユニークな特徴を持つアントチェアは、北欧発のおしゃれな椅子として注目です。

座ってその特徴を確かめてみよう

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

  • Chaikha

    インテリア雑貨や手芸、リメイク好きのライターです。100均などの手軽なアイテムを楽しくご紹介。

    フォローする