WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

アレンジ無限大!バレットジャーナルの魅力とは?

バレットジャーナル、聞いたことはあるでしょうか?最近話題の手帳術・タスク管理術です。その魅力をたっぷりご紹介します♪ #バレットジャーナル

2017.12.23

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.12.23 / 作成:2017.12.20

バレットジャーナルって何?

バレットジャーナルというのは、最近、SNSでもよく見かける、手帳術の一つです。
基本的に、必要な物は、ペンとノートだけです。
年度の途中でも、一ヶ月の中日でも、思い立ったらすぐ始められます。

バレットジャーナルの肝となるのは、ズバリ、箇条書きと、記号です。

タスクやメモ、スケジュールなど、すべて箇条書きにして、シンプルに。
それを、記号を活用して見やすく、わかりやすく管理できます。

基本形は、とてもシンプル!

これがメイン!デイリーログの書き方

デイリーログのページです。

色々きれいにまとめられていて、とても見やすく、素敵なページですね!
この中で、今見ていただきたいのは、右上の部分です。

右上の部分に箇条書きで、タスクやメモなどが書いてあります。箇条書きなので、後で見た時に、わかりやすいですね。
箇条書きの前に、ドット(・)や□、→など、印があります。
後述しますが、これは自分がわかりやすいように、好きな物を使います。

ページの上部に日付が、右下の方に数字がありますね。

日付(タイトル)と、ページ番号は、後でどこに何を書いたか忘れないようにするために、必ず入れます。
 

出典 ameblo.jp

箇条書きの前にある印ですが、公式では、このようなマークを使うようになっています。
でも、自分のわかる記号に変えて構いません。

たとえば…
  • タスクは□マークを書き、終わったら塗りつぶしたり、チェックマークを入れる。
  • 重要なことは赤線を引く。
  • 連絡を入れるタスクには、手紙の絵文字を描く。
などなど…。
自分で使いやすい記号を使いましょう。

キーは忘れないように、ノートに書き込んでおくといいですね!この方は、タスクはすべて□マークを使用されているようですね。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • daichigon

    2児の母です。 子育ての合間にハンドメイドを楽しんでいます。