WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

基本の刺繍ステッチを覚えよう!可愛いワンポイント刺繍に挑戦してみて

基本の刺繍ステッチを覚えると、ワンポイント刺繍ができるようになります。身の周りの雑貨や衣類にちょこんと刺繍をほどこして楽しみましょう!刺繍初心者さんは、刺し始めと刺し終わりの方法、刺繍糸の扱い方などもご参考に。今回は、6種類の基本ステッチのやり方と作品を紹介します。紙刺繍のイベントアイデアもご覧下さいね。 #刺繍 #ステッチ

きゃらめる
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.12.18 / 作成:2017.12.8

刺繍ステッチの魅力と楽しみ方

刺繍ステッチの魅力は、手仕事の温もりと可愛らしさにありますね。ステッチを自由に組み合わせて、イラストのような作品にも挑戦してみましょう。きっと、ひと針ひと針刺していく工程に癒されますよ。お家に居ても、とっておきの時間を過ごせます。

バックステッチの刺し方

バックステッチは輪郭線などにも使われることが多く、最も基本的なステッチのひとつです。刺し方は、①の位置に最初に針を出し、②の後ろに戻します。今度は③に針を進めていく工程を、繰り返し同じ間隔で続けていきます。詳しい刺し方は下のリンクからご覧下さい!

詳しいバックステッチの刺し方はこちらの動画から!

ブラウスにバックステッチで草花刺繍を

こちらは、ユニクロのコットンリネンブラウスです。袖の部分にポピーの草花刺繍をほどこしていますよ。糸の色はブルー系一色、バックステッチだけで繊細な線を表現されていますね。花びらのラインがポイントになっていておしゃれな仕上がりです。

アウトラインステッチの刺し方

アウトラインステッチは、輪郭線や面を埋めるのにも使いますよ。斜めの縫い目を重ねる形で進めていきます。曲線のときは針目を小さくすることがポイントです。線を細くするには、浅く重ねることで解決します。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • きゃらめる

    インテリアやハンドメイドが好きなので、自分の感じたことが伝わるようにライティングしていきたいです。

    フォローする