WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

鮮やかな色に夢中♡ボヘミアンスタイルのインテリア

鮮やかな色合いと、どこか異国の雰囲気を漂わせるボヘミアンスタイル。
その魅力とインテリアコーディネートをご紹介いたします。 #ボヘミアンスタイル

ASAKO.K
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.12.4 / 作成:2017.12.2

そもそも「ボヘミアン」スタイルとは?

ボヘミアンスタイルと言われても、ピンとこない人の方が多いかもしれません。

そもそもボヘミアンスタイルとは、チェコスロバキアのボヘミア地方に由来していて、民族衣装やジプシーの要素を取り入れたスタイルの事だと言われています。

今 浸透している「ボヘミアンスタイル」はボヘミア地方の民族衣装柄だけでなく、様々な地方の民族柄を取り入れたり、木材や麻や綿などのナチュラルな素材、植物やアートなど、いろいろな要素を取り入れたどこか少し、ヒッピーっぽい雰囲気が強い気がします。

「ジプシー」と「ヒッピー」は根本的には違いますが「放浪者」という意味では似ているので、今のボヘミアンスタイルに幅があるのかもしれませんね。
決まった形がない、曖昧なラインが受け入れやすさを感じるのではないでしょうか?

3パターンの「ボヘミアンスタイル」インテリア

では、どんなボヘミアンスタイルのインテリアがあるか見てみましょう。
真似してみたいと思うスタイルがありますでしょうか?
「ボヘミアンスタイルにする」事を意識するのではなく、自分の好みを見つけるのがインテリアコーディネイトを成功させるキーポイントになります。

現実的に難しい。。と思うデザインもあるかもしれません。
ですが、頭の中の引き出しを増やしておくことによって、いざ自分でインテリアを選ぶときにその引き出しの豊富さが役に立ちますので、面白い・現実的じゃないアイディアも見てみてください♪

「ボヘミアン+ソーホー」BOHOスタイル

ボヘミアンスタイルの代表的なのがBOHO(ボーホー)スタイル。
BOHOとは「BOHEMIAN(ボヘミアン)」と「SOHO(ソーホー)」を省略した造語です。

NYのSOHO(ソーホー)地区はかつてアーティストの街として知られていて、アートギャラリーなどが多く集まっていました。現在は高級ブティックやファッション系列のお店が集まるおしゃれな街として知られています。
そんなおしゃれスポットSOHO+ボヘミアンのテイストを混ぜたスタイルをBOHO(ボーホー)スタイルと言って、今話題を集めています。

洗練されたおしゃれ空間だけど、どこかゆるい雰囲気が人気の理由ではないでしょうか。
そんなBOHOスタイルを上手にコーディネートしているお部屋をいくつかご紹介いたします。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • ASAKO.K

    SNSで見つけたカワイイ小物・アイテムを簡単に作る方法を日々考えています。 温かみのある自然素材を...

    フォローする