WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ビーズステッチを覚えてチャーム&アクセサリー作り♪基本テクニックとおしゃれなレシピ

色とりどりの美しいビーズ♪このビーズを使ってオリジナルチャームやアクセサリーを作ってみませんか。ビーズステッチの基本を覚えれば、手芸初心者の方でも大丈夫!温かいお部屋でのんびりとビーズステッチを楽しんでみましょう。 #ビーズ #アクセサリー

amitto
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.12.5 / 作成:2017.12.1

色の繋がりが美しいビーズステッチ

ビーズステッチは針、糸、テグスを使って編むビーズ編みの手法で、ステッチによって生まれる様々な美しい形や色が魅力です。ビーズの組合せやステッチの違いで、全く違った雰囲気に仕上がるのがビーズステッチの醍醐味!手芸が初めての方でも、基本のステッチを覚えれば、自分好みのオリジナルアクセサリーやチャームが作れます♪

 

用意するもの

ビーズステッチ用の針

ビーズステッチをするには、細いビーズが刺しやすいビーズステッチ用の針が必要です。普通の縫い針や刺繍用の針の場合、ビーズの小さな穴に通らないことがあるので、ビーズステッチ用を用意しておきましょう。またビーズステッチ用の針は細い分、折れやすい特徴があるので数本セットで購入しておくことをおすすめします。

 

ビーズステッチ糸

糸も針と同様、ビーズステッチ用の糸を選ぶと刺しやすくきれいに仕上がります。糸の材質はナイロンと合成繊維の2種類があります。ナイロン糸は刺しやすくアクセサリーなどの小物には向いていますが、撚りがかかっていない分、糸先がほつれることがあります。糸によってはナイロン糸のデメリットをクリアした糸がほつれにくいタイプもあるので、初心者の方は固めに仕上がり強度もある合成繊維より、刺しやすいナイロン糸を選ぶようにしましょう。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • amitto

    手芸や料理など手を使うことが大好きです。毎日を心穏やかに豊かに過ごすための素敵なアイテムや情報を...

    フォローする