WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

最後の仕上げは【自分色】個性的に仕上げるインテリア

家具も何もない部屋に、一生懸命コーディネートを考え、カーテンを選び、
家具を置いて、ラグを敷いて、ソファを置いて、
さあ!インテリアが完成!!
でも、何かしっくりこない…どうも格好良く無い感じがする
こんな経験はないですか?
最後の仕上げは、お客様目線でぐりーっと見渡し、
一番目に入る場所に手を加えてみるとインテリアがセンスUPします。

2017.11.21

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.11.21 / 作成:2017.11.21

【魅せ場】を決めよう

まずは、アートをコーディネートするポイントを決めましょう。
お客様目線で部屋の写真を撮ってみてください。

リビングのソファのところ、腰窓の横の壁、ベッド上。
壁際に置いたテーブルやチェストの上部など。

玄関の正面の壁、トイレの壁面、廊下と階段も大切なコーナーです。

部屋で一番目を引く所=「フォーカルポイント(魅せ場)」を決めましょう。

 

綺麗に見える飾り方

ところで、壁に絵やパネルを飾る時にはちょっとしたコツがあります。
ただやみくもに飾るのではなく、美しく見える法則があるのです。

その1:高さ 「視線を意識しよう」

絵やパネルを飾る高さは「視線(アイレベル)に合わせる」ようにしましょう。
ギャラリーでは絵の中心部が床から140~150センチの位置になるように
展示されます。
これは鑑賞する人の平均的な目線の高さから割り出されています。

部屋のインテリアの場合は、座って観る場合と立って観る場合があります。
ソファ周りなら少し低めに120cm、廊下やダイニングは140cm程度を中心に考えます。

その2:ボリュームと形

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • TERU

    ショップデザインと住宅コーディネーターを長年やってきましたが、アパレルより雑貨が好き。 お家大好...