WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

クリスマスにも使える!リースアレンジメント

もうそろそろ、クリスマスの準備を始める時期になってきました。クリスマスといえば、ツリー以外にもリースを玄関に飾るお家もあるのではないでしょうか。リースはクリスマスのイメージが強いですが、飾るものによって季節感が出せるので、お家の中でも外でも、年中飾ることができるのです。 #クリスマス #雑貨

yakoyako0321
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.11.15 / 作成:2017.11.15

リースアレンジメントとは?

秋から冬にかけて、つる性の植物が採取しやすくなります。それで土台を作り、松ぼっくりやどんぐり、木の実などで飾り付けをしたのがリース作りの基本。お金をかけなくても、自然のもので玄関を可愛く飾ることができるのがリースの魅力です。そういったところからリースをもっと楽しもうと、アレンジメントがどんどん多種多様になって、形も材料もバリエーション豊かになっています。そんなリースの作り方や、アレンジメント方法をご紹介します。

リースの作り方と材料

リースの土台をつくる

山ぶどう、藤、あけびなどのつるを山から採ってきて、リースの土台を作ります。つるが柔らかいうちにグルグル巻いてしまうと簡単です。乾燥していたら、ぬるま湯に浸して柔らかくしてから巻きましょう。太いところから巻き始めて、細いところをからめていくのがコツです。

土台にするつるを採りに行けない場合は、ポンポンやワイヤーなどでも作ることができます。最近は、100均でもリースの土台を販売しているので、それを利用してもよいでしょう。

リースの材料を集める

秋になれば落ち葉や木の実といった、リースの材料となるものがたくさん採取できます。自然の材料だけで作るリースは、お子さんと楽しむのにもってこいです。自然と触れ合う機会にもなるので、気持ちも癒されます。

ドライフラワーを使って、リースを華やかにするのも人気です。天日干しして自分でドライフラワーを作ってしまう人もいます。100均などの造花でも楽しめます。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • yakoyako0321

    はじめまして。ちょっとの手間で、自分を喜ばせてあげたいと思います。

    フォローする