WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ガーデニング初心者でも簡単!一年中楽しめる宿根草での庭造り

ガーデニングを始めると一年中、花や緑がいっぱいの庭へ憧れます。そんな庭を目指すにはずっと楽しめる宿根草を利用するのがいい方法です。宿根草で目指すいつも楽しめる庭造りをご紹介します。宿根草を植える際のコツや注意点についてまとめてみました。憧れの庭造りを始めてみませんか。 #ガーデニング

tryworks.oka
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.10.30 / 作成:2017.10.30

宿根草とは?ガーデニング初心者でも育てやすい?

宿根草とはその名の通り根が一年を通して残る草花のことです。枯れてしまって翌年には新しい植物を植え替えていかなければならないこともないため、ガーデニング初心者には嬉しい宿根草と言えます。
たとえ、地表の葉がなくなったとしても根はしっかり残っているのが宿根草です。耐寒性があり、耐暑性も割とあるのが宿根草の育てやすいところと言えます。

そんな手間がいらない宿根草だけで庭ができるとしたらとても理想的ですね。宿根草について詳しく種類を知ることで宿根草を集めた庭造りをしてみませんか。

宿根草にはどんな種類が?

宿根草にはたくさんの種類があって、春に花を咲かせるもの、夏、秋、冬に咲かせるものなどいろいろな季節に花を咲かせるものがあります。それらを揃えることで、いつも花が絶えない庭造りを目指すことができます。初心者のガーデニングでそんなことが目指せるとしたらとても素敵でいいですよね。

春はマーガレットや芝桜や桔梗、夏にはガザニアやジギタリス、秋にはシュウメイギクなど、冬はシクラメンやパンジーやビオラといった具合にたくさんの宿根草があります。

特に、冬から春は庭がさみしくなる季節です。この時期に庭を彩ってくれる宿根草のビオラとパンジーを植えておくのはいい方法です。花の少ないさみしい冬に庭を華やかにしてくれます。

ビオラやパンジーは宿根草ですが、夏の暑さに弱いのでなかなか来年もというのは難しいのですが、根が残ればまた花を来年も咲かせてくれます。また、シクラメンも花が華やかで、強くて育てやすいため人気の宿根草です。初心者にはとてもおすすめと言えます。宿根草で冬もこんなに華やかな庭が作れるのは嬉しいことです。

宿根草のガーデニングのコツとポイントは

宿根草をいっぱい植えた庭は、来年にまた花をたくさん咲かせてくれ、新しい葉がたくさん出てくれるようにその前に枯れかけた葉を切ることも大切です。宿根草といえどもちょっとは手間をかけてあげることで毎年楽しむことができるようになります。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • tryworks.oka

    自然が大好き、インテリアが大好き、雑貨が好き!いろいろなこだわりを持って発見したこと、感じたこと...

    フォローする