WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

ワックスコードでオリジナルアクセ!簡単に楽しく作ろう!

紐を使ったアクセサリーを自作してみたいと思ったことはありませんか?

お手軽に作るなら“ワックスコード”というアイテムがおすすめですよ!


今回はワックスコードを使ったアクセサリー作りのテクニックをご紹介します!
お楽しみに! #アクセサリー

short_dayo
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.10.19 / 作成:2017.10.19

ワックスコードって?

ワックスコードとは別名“蝋引き紐”とも呼ばれています。

紐の表面に蝋(ワックス)を塗られており、水に濡らしてもへっちゃらな耐久性の高さと加工のし易さ、そして手に取りやすい価格設定が魅力となっています。

“平結び”で基本からマスターしよう

軸となる中心の紐に、左右から紐を編んでいく手法が「平結び」というテクニックです。

使用する紐の太さによって幅を変えることができるため、簡単にボリューム感をコントロールできてしまうのも平結びの良さといえます。

ワックスコードでアクセサリーを作るための初歩的な技術の一つで、平結びで編んだワックスコードだけでもシンプルなブレスレットが出来上がりますよ!

立体感が楽しい“ねじり結び”

文字通り、編むことによって“らせん状”の仕上がりとなる「ねじり結び」。

作り方は簡単で、先ほど紹介した平結びのテクニックで作れます。

ねじり結びは平結びでは難しい立体感の演出が容易で、紐の色の組み合わせによって様々なテイストを醸し出せるのです!

平結び以上の主張を求めるなら“ねじり結び”を活用してみましょう!

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • short_dayo

    いつも記事を覗いていただき、ありがとうございます。 日々の生活をちょっとでも豊かにしたい!そん...

    フォローする