WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

カラーボックスの手作りベッドで収納力アップ!作り方と実例アイデア集

部屋が狭いから収納スペースを増やしたい。そんな時は、お馴染みの「カラーボックス」を使い、収納スペース付きのベッドを手作りしてみませんか?今回は、「カラーボックス」を使った、手作りベッドの作り方と、実例アイデアをご紹介いたします! #収納 #カラーボックス

As
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.5.22 / 作成:2017.5.22

お馴染みのカラーボックスでベッドを作ろう!

出典 ameblo.jp

「手作りベッド」と聞くと、海外でスノコ感覚で愛用されている「パレット」を使ったモノも人気ですよね♪

とってもお洒落で素敵なんですが、お部屋が狭いからベッド下にも収納スペースが欲しい!といった場合は、収納でもお馴染みとなっている「カラーボックス」を活用したベッドもオススメです♡

カラーボックスを使ったベッドは、基本的には、カラーボックスを並べ、その上に天板を設置すれば作れますが、やはり「強度」「湿気」などの心配もありますよね!

そこをクリアするには、アイリスオーヤマなどの、頑丈なカラーボックスを使用したり、2×4材を組み合わせて補強をする、スノコや2×4材・角材などで隙間を確保し湿気対策をする。などの対策をとるのがマストです!

ではどのように作ると良いのでしょう!? 早速、作り方からご紹介していきます♡

カラーボックスを使ったベッドの作り方

こちらは、カラーボックスに、強度や通気性の面でも安心して使用できる、「2×4材」をスノコのように組み合わせてつくられたシングルベッドです♡

見た目にも、まさか「カラーボックス」で出来ているとは思えないほど、綺麗でクオリティの高い仕上がりですよね!

カラーボックスを使ったベッドの作り方は様々ですが、頑丈なもの。キッチリしたベッドを手作りしたい方は是非、参考にされてみて下さい♪

それでは、早速作り方をみていきましょう!

材料と道具を揃える

<必要な材料>

●カラーボックス(3段ワイドタイプ):3~5個

└→※材料費を押さえて作りたい場合は「3個」でもOK!

●2×4材(243cm):7~9本
├→※ヘッドボードが不要な場合は「7本」でOK!
├→※7本は「207.5cm=カラボの横幅×5倍の長さ(ベッドの長さ)」に合わせて、購入時にホームセンターでカットしてもらいましょう。
└→※ヘッドボードも作る際は、80~90cmを2本+「84cm=カラボの高さ-"2×4材"の横幅×2」が2本。計4本になるようカットしておきます。

●ネジ:50個程度

●木工用ボンド

●のこぎり

ベッドのサイズ

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

    フォローする