WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

100均のワイヤーネットを使った収納技♡

100均でお馴染みの「ワイヤーネット」は、使い方次第で、収納の強い味方になってくれるスグレモノです♪今回はこのワイヤーネットをそのまま使ったり、組み立てたりして画期的に使う収納技をご紹介します♪ #100均DIY #収納

As
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.3.13 / 作成:2017.3.13

ワイヤーネットは収納力の魅力とは?

ワイヤーネットは加工がしやすい

100円ショップの「ワイヤーネット」の魅力のひとつは、使いやすいサイズ感と、結束バンドやジョイントを使うだけで簡単に組み立てられる手軽さではないでしょうか♪更に力を加えれば任意の形状に曲げて加工することも出来ます。

このように簡単に加工ができるので、仕切りとして使う。壁面収納のようにモノを入れる。として活用する。など、収納方法の幅を手軽に広げる事が可能です!
 

ワイヤーネットは簡単に収納力をアップさせることができる

ワイヤーネットは、網状になっている「形状」を活かすことで収納力をグンとアップさせる事ができます!

網状の部分に「フック」を組み合わせれば、フックの数だけモノを吊るすことができますし、ワイヤーネットと一緒に販売されている、ワイヤーかご・ワイヤー棚・ワイヤートレーなどを引っ掛けて使用すれば、様々な形状のモノも収納することができます。

ただし「耐荷重」には注意が必要です。落ちてくると危険ですので、収納したいモノの重さや量によっては、ホームセンターなどのメッシュパネルなども合わせて使用しましょう。

ワイヤーネットを使って「壁面収納」をしよう

ワイヤーネット×マグネットやクリップでデスク周りをスッキリ♪

出典 ameblo.jp

こちらは「ワイヤーネット」をデスク上に、スタンドで固定して紙や小物類を収納するアイデアです♡

しっかり固定しておきたいモノには頑丈な「ミニ目玉クリップ」。使用頻度(取り外し)の高いメモ類は、マグネットでとめておくと、グッと使い勝手がよくなりますね!

また、ディスプレイしたいカード類やメモをとめるのに便利な「S字フック付きウッドピンチ」を、逆さまに使用してマスキングテープを引っ掛けてあったり、紙袋の上部を折りクリップでとめることで、軽量のモノを収納するボックスとして活用するアイデアも素敵ですね♪

ワイヤーボックスだと、隙間から落下してしまうような小物も紙袋を使用することで解決できます♡
 

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。

    フォローする