WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

テラリウムでお部屋をもっとステキに!お手本にしたい作品28選

癒しのインテリア「テラリウム」。今回は、このテラリウムのステキな作品を多数ご紹介してまいります。お手本にしたくなるような作品ばかりですので、ぜひ参考にしてください。 #雑貨

shibao
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.2.24 / 作成:2017.2.24

テラリウムとは

ガラスの中に閉じ込めた小さな世界

ガラスの中で植物を育てる技術を、テラリウムと呼んでいます。
Wikipediaによると、19世紀のイギリスで、「ナサニエル・バグショー・ウォード」なる人物が発案した技術とのこと。

そんなテラリウムは、昨今、日本でも人気が高まり、いろいろな方が、さまざまなガラス製の容器でオリジナルのテラリウムを作成されています。

ルール無用!自由なアレンジを加えよう

テラリウムに堅苦しいルールや規制はありません。陸上の植物を、中が確認できる透明の容器で育てていれば、それはテラリウムと呼べるのです。それに、容器だってどんな形をしていてもOKです。ガラス製でなく、アクリル製の容器だって問題にならないのですよ。

誰もが自分の好みやアイデアに合わせて、自由に作り上げることができるのが、テラリウムのいいところなのです。

また、最近では、植物の代わりに貝殻などのマリンアイテムを使用したり、フェイクグリーンを使用する方も増えてきました。
これらのアイデア作品は、動植物を育てていないので、厳密にはテラリウムの範疇から外れます。しかし、テラリウム好きさんの中には、「固いこと言いっこなし」という精神の方も多く、概ね受け入れられているのが現状です。

テラリウムは100均アイテムでも作れる

ガラスの中で植物を育てるテラリウム。
嬉しいことに、材料はすべて100円ショップで揃えることが可能です。

ガラス容器、土又は石と肥料、そして植物やミニチュア。これさえあればテラリウムを作ることができます。そしてこれらのアイテムは、みな100円ショップに揃っているのです。

ですので、テラリウムのコスパは最高。初期費用がほとんどかからないので、気軽にはじめることができるのです。

今回は、そんなテラリウムの世界にみなさんを招待したく、お手本になるような素晴らしい作品を多数ご紹介してまいります。ぜひ参考にしてください。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • shibao

    はじめまして。 不器用ながらも、日々DIYを楽しんでいます。

    フォローする