WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

すのこがオシャレなインテリアに。思わず真似したくなるDIY作品

#すのこ #リメイク

rubis
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2016年12月5日更新

100均やホームセンターで購入できる「すのこ」。単に押入れなどの湿気取りだけに活用するのはもったいない。このままの状態ではなにもときめかないすのこが少しだけ手を加えることによってデザイナーズ家具さながらの品に変わります。そんなすのこの魅力を見てみましょう。

100均でできるすのこDIY

ミニ黒板3枚とすのこを組み合わせて

すのこ2枚とミニ黒板3枚を使ってDIYしています。最初にワトコオイルですのこに着色し、乾いたらすのこに黒板を差し込んで接着剤でつけるだけの簡単でリーズナブルなラックのできあがりです。 チョークで英字を書いてみてもおしゃれですね。こちらの作品はすべてセリアで揃えています。

カフェ風すのこでメッセージボード

ワイヤーバスケットとすのこの組み合わせでトイレットペーパーラックを作っています。フェイクグリーンをさりげなくディスプレイするとトイレがおしゃれな空間になりますね。 フェイクグリーンも100均で購入できるので、合わせて1コインあれば素敵なラックが作れます。

カフェ風すのこでメッセージボード

プチカフェ気分を味わえるすのこのメッセージボードで家族への伝言や、予定を書き込めば実用的に使えてさらにグッド。 毎日使うものを敢えて見せるディスプレイはその飾りかたにもセンスが必要。ぜひ真似してみたいDIYです。

すのことは思えない活用実例9選

1.インテリアにしっくり馴染むコーヒーテーブル

すのこ2枚にオイルステインを施し、サンドペーパーで表面を整えたら、キャスターをつけます。敢えて赤色の車輪を選びアクセントにします。 すのこを上下裏同士合わせたら釘で固定します。 ぱっと見た目、すのことは思えないクオリティの高いDIYに仕上がりました。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • rubis

    ハンドメイドの世界に引き込まれ、隙間時間でできる編み物や、布合わせを選ぶのが楽しいソーイングなど...

    フォローする