WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

自宅で出来る!織物の作り方

ちょっと涼しい風が吹き始めると、手芸でもやってみようかなー、なんて思いませんか?でも編み物はできない、なんて思っているなら、織物を織ってみるのはいかが?様々な素材をつかった自分でできる織物を紹介します。 #ハンドメイド

spiderman
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2016.10.25 / 作成:2016.10.25

まずはフェルトのコースターで織物風にチャレンジ

織物とは、糸を縦横に組み合わせて作った布のことを言います。様々な風合いが、国や風土によって生まれていますが、あまり難しく考えずに、横と縦に組み合わせて布地を作ってみましょう。

出典 helloglow

温かい飲み物の下に敷くコースターはいかが? これなら100均でフエルトを買ってくればできちゃいますよ。 この簡単織物風のコースターで基本を学びましょう。 まずは10〜15センチ四方の四角いフェルトを用意。上下左右を1センチ残して、上下に1センチ間隔で切れ目を入れていきます。 10センチ四方であれば、切れ目は上下1センチずつ残して8センチの長さのものを9本入れることになります。 格子状に織っていくために、違う色のフェルトを1センチ幅で10センチ、もしくは15センチの長さのものを用意します。 これを互い違いになるように四角いフェルトに通して行き、色が格子状に見えるように仕上げていきます。 細いフェルトの端は、ボンドなどで固定してもいいですね。 この写真ではクリップで留めていますが、安全ピンだと取れる心配もないのでオススメです。 通し終わったら、細いフェルトを一緒に縫うのを忘れないで、縁をブランケットステッチしていけばコースターの出来上がり。

基本が分かったら、毛糸で織ってみましょう!

出典 pinterest

この写真ではフォトフレームを使って作っています。フォトフレームにぐるぐると縦の軸になる糸を張っていきます。このままですと動くので、均等の幅にしてから、マスキングテープなどで上下固定するといいですね。糸を互い違いにするために棒を使って隙間を作り、その隙間に横になる糸を通していきます。この通すヨコ糸が必ずフェルトの時のように互い違いになるようにすれば、だんだんと布のようになっていきます!

こんな織る場所を用意できたら最高!

出典 instagram

フレームに等間隔で釘を打ち付ければ、簡易な織り機が作れます。こんな空間で織物に没頭できたら最高ですね!織り機はこの後にもいろいろなものが出てきますが、ダンボールでも作れます。何度も作るには木製の丈夫なものの方がオススメです。でも尖っている部分があるので、小さいお子さんと一緒に楽しむのであれば、やっぱりダンボールなどの紙のものがいいかもしれません。

厚紙で織り機を作って子供でもできちゃう

出典 dalimoustache

針や糸を使わなくてもできるので、子供だって織ることに挑戦できちゃいます。これを見ると交互に糸を通していることがよくわかります。こんな風に途中で色を変えてみたり、自分だけのオリジナル作品が出来上がっていきます。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • spiderman

    ちょっと気になること、やってみたいことを書いていきます。

    フォローする