WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

香りと見た目に癒やされるハンドメイドサシェがかわいい!

#100均DIY

tomo
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2015年11月7日更新

ヨーロッパ版の匂い袋であるサシェ。
今回は、このサシェの作り方をご紹介していきます。
ご自宅にある材料や100円ショップのアイテムで作れるお手軽サシェの作り方もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

サシェとは

サシェって何だろう?

みなさんsachet(サシェ)をご存知ですか? サシェとは、ヨーロッパ版の匂い袋です。 ふとした瞬間に、ふわりと良い香りが漂うサシェは、簡単に作れることもあり、日本でもたくさんの愛好家がいる程です。 今回は、このサシェを詳しくご紹介していきます。

材料は?

サシェは、基本的にドライハーブやスパイスなどの香料を用いて作ります。 ハーブ文化やスパイス文化が根付いているヨーロッパらしい材料のチョイスですよね。

材料は他にも色々

ただ、サシェの材料は、ドライハーブやスパイスなどの香料に限りません。 ドライフルーツや木の削りかすなども使用しますし、現在では香水やアロマオイルなども使用しています。 日本では、ドライハーブなどはまだまだ一般的ではありませんし、初めてサシェを作るのであれば、手に入りやすい香水やアロマオイルを用いてみるといいかもしれませんね。 本記事では、香水やアロマオイルで作る方法もご紹介していますので、ぜひそちらを参考にしてください。

どうやって使うの?

サシェの使い方1

サシェの使い方はさまざまあります。 匂い袋のように持ち歩いても良いですし、ポプリのようにお部屋に飾ってみるのも1つの使い方です。 その他には、こちらの写真のように、ハンガーに掛け、クローゼットに入れる方法があります。 こうしておくと衣類にほのかに香りが移り、ふんわりと辺りに香りが漂います。 香りが主張しすぎないで、香水が苦手な方でも、香りを楽しむことができますよ。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • tomo

    フォローする