WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

【100均DIY】紙粘土より滑かで強度もアップ!石粉ねんどで作る大人の工作にチャレンジ!

今や100均にある粘土の種類は7、8種類あるようです。その中でも石を原料にした石粉(せきふん)ねんどが、大人の工作魂を熱くしています。乾くと強度がありフィギュア作りに適している粘土なので、小さなモチーフを作ったり、ブローチにしたり楽しみ方は色々です♪ #ダイソー #100均DIY #セリア

2018.1.22

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.1.22 / 作成:2015.11.4

『石粉ねんど』ってなに?

石粉粘土とは、石を粒の揃った細かい粉状に砕いたものに接着剤などを混ぜて粘土状にしたものことです。

他の粘土と同様に自由に形が変えられるので、クラフトやDIYに便利に活用できるのが魅力です。
石粉ねんどには、次のような特徴があります。

■手につきにくい
■乾燥して固まった後に削ることが出来る
■固まったあとも、表面を水でぬらすと水がついた部分は柔らかくなり扱いやすくなる。(質感を出すために荒らしたりすることができる)
■固まった後は、固まる前よりも軽くなる。
■絵の具を混ぜて乾燥させると、乾燥前よりも色が薄くなる
■耐水性はない
ダイソーの石粉ねんどは、200g入り。
いっぱい入っているから作りごたえがありそうですね!

ちなみにセリアの石粉ねんどは100g。量は少ないけれど質が良いと好評です。
石粉ねんどは置いておくと固まって使えなくなってしまうので、初めて挑戦する場合には使い切りサイズでちょうど良いかもしれません。

石粉ねんどで何つくる?

石粉ねんど工作で、まずみんなが試してみるのはコレ!
クッキーやドーナツなどのスイーツモチーフ♡

クッキー型のブローチやストラップ

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ