WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

【簡単】大人かわいい♪リバティのはぎれでお洒落な小物や雑貨作り

最近街でよく見かけるリバティプリントを使った素敵なアイテム。
可憐なテキスタイルが大人っぽさと可愛らしさを兼ね備えていて、持っているだけで嬉しい気持ちになれますよね。
今回は、そんなリバティのはぎれで作れる素敵で簡単(←ここ、重要!)な小物や雑貨をご紹介します。 #ハンドメイド #可愛い #リメイク #簡単 #ハンドメイド

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2017.6.2 / 作成:2017.6.2

リバティとは

最近アパレルなどでよく聞く「リバティ」という言葉。
具体的に何を指しているのかご存知ですか?

リバティとは、イギリスはロンドンにあるリバティ社が作っているオリジナル生地のこと。

古い歴史を持ち、時代を経て愛され続けたテキスタイルデザインは、現代では、ファッションにはもちろん、インテリアなど様々な分野でも生き生きと息づいており、日本でも近年リバティコラボアイテムなどを開発するブランドも多く、人気が高まっています。
リバティというと、真っ先にイメージされるのは、可憐な小花柄ではないでしょうか。
実際には、リバティプリント=小花柄、というわけではなく、幾何学模様やアールヌーボー柄、車柄など、個性的なデザインも数多く存在します。

リバティの布地は、素材も様々です。
その代表と言えるのは「タナローン」生地。
綿100%であるのにも関わらず、手触りはまるでシルクのよう。そのしなやかな肌触りに、はじめて触れる人は感動すら覚えることも。
シワになりにくいというのも大きな利点です。

ただ、その上質なデザインと品質ゆえに、生地のお値段は決してお安いものではありません。

なかなか手が出しづらいリバティの生地。
でも、思い切って手に入れてみると、仕立てのしやすさや、長く愛用できる素敵な仕上がりに、きっと満足度は高いはずです。
そんなお気に入りのリバティ生地。

何か作品を作ったあとで残るハギレをどうするか。
そんな問題に直面する方はきっと多いはず・・・

気に入って買った、とっておきのリバティの生地です。ほんのわずかのハギレでも、捨てるには惜しいですよね。
そんな方の為にオススメしたいリバティのハギレを活用したアイデアをご紹介いたします。

シュシュ

ひらひらシュシュ

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする