WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

子育ては3歳までが大事な理由

「三つ子の魂百まで」って、3歳児までの記憶がその子の一生を決めるってことだったんですね。それほど、3歳までというのは、子育てにとって重要な時期なんです。 #育児

2015.1.16

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2015.1.16 / 作成:2015.1.16

3歳児神話とは

quote
1.子どもの成長にとって3歳までが非常に大切。
2.その大切な時期だからこそ、生来的に育児の適性を持った母親が養育に専念しなければならない。
quote
3.母親が働く等の理由で、子どもが3歳まで、あるいは就学前ぐらいまでの時期を育児に専念しないと、子どもはとても寂しい思いをして、将来にわたって成長にゆがみをもたらすという考え方
子育てにおける「3歳児神話」。3歳までが大事と言われるその理由。 - YouTube
古くから、「三つ子の魂百まで」といって経験的に乳幼児期の子育ての大切さは知られてきました。「三つ子の魂百まで」と言われる科学的根拠と、この時期の子育てで意識しておきたい事柄をまとめました。

人格の土台は3歳までに形成される

出典 BabyPark

精神的基盤は妊娠期の胎児の時期から3歳までに決まります。

quote
3歳までの成長&育児が、決定的に重要な理由は、この時期に人格の根底部分が形成されてしまうと言う事実があるからです。両親が、どれだけ深く愛情を伝え心の絆作りをしたか?数多く抱きしめ触れ合って、また様々な状況下で赤ちゃんに対してどのような対応をしたかによって決まります。

「三つ子の魂百まで」はやっぱり正しかった!3歳児神話のヒミツ

quote
・親子との絆を通して確立される信頼関係は、やはり生まれてから3歳頃までに培われるようです。
・3歳までの大切な時期に親との関わりがうまくいかなかった子供は「サイレントベイビー」の可能性が。
・脳の大切な神経細胞の橋渡し、ニューロンの数は生後1年でマックスになる。

脳の発達が急速に進む時期

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • flow

    みなさんの生活が豊かになるようなご紹介ができたらと思います。