WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

どこでも簡単に100円で出来る!毛玉を取る方法

冬になると暖かセーターでぬくぬくですが、ちょっと困るのが毛玉ですよね。そこで、100円でできる毛玉を取る簡単な方法をご紹介いたします。

flow
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2014.11.8 / 作成:2014.11.8

毛玉って、なぜできるの?

quote
着用中の摩擦によるものが大半です。摩擦によって、繊維の先端が表面に毛羽となって浮き上がってきます。そしてさらに摩擦を受け、浮き上がった毛羽同士が束になり絡まって毛玉になっていきます。
quote
毛玉は洗濯時より、着衣時の方が出来ると思います。化繊と毛の混紡は毛玉が出来やすいです。100%天然獣毛で、品質の良い糸は毛玉が出来にくく思います。

毛玉が出来やすい素材は?

quote
少なくとも、アクリルは非常に毛玉(ピリング、といいます)ができやすい性質をもちます。ナイロンも・・・。注意すべき素材等は、撚りが甘く、太番手の糸を用いた生地。起毛生地。紡毛や獣毛などの混用品。アクリル、ナイロン、ポリエステルなどの混用品。

100均の毛玉取り器

ダイソーの毛玉取り器

出典 billion-log

100均で売っている毛玉取り器。電池式だということですが、まさかの100円ですよね。

quote
電池は別売りで、アルカリ指定になってましたが、エネループでも動きました。毛玉は思ったよりもスムーズにカットされているみたいでした。引っかかることもなく、毛玉以外の糸を傷つけることもありません。これだけ取れるなら、もっと早くに買うんでした!

毛玉ができやすい。 着用から2ヶ月程度で、このありさまです。

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • flow

    みなさんの生活が豊かになるようなご紹介ができたらと思います。

    フォローする