WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

外国人観光客にも大人気!グリコの『ご当地限定ポッキー』

日本ではお馴染みのグリコのポッキーですが、海外でも大人気だと言います。訪日外国人観光客が日本限定販売のポッキーを大人買いしていってるそうです!

flow
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2014.10.24 / 作成:2014.10.24

知ってて当たり前、ポッキーって何・・・今更(^^;)

quote
ポッキー(英語名:Pocky)は、日本の菓子メーカー・江崎グリコが1966年(昭和41年)から発売しているスナック菓子である。 日本を始めとする世界各国で販売されており、言語圏によっては異なる商品名となっている。
1960年代後期、江崎グリコは新製品の開発にあたって既存商品「プリッツ」にチョコレートをコーティングした菓子を思いついた。

ポッキーの前身、「チョコテック」

当初、プリッツ全体にチョコをかけ、銀紙で包むというもの。しかし、持つとチョコが溶けて手が汚れるという問題が残った。そこで、串カツのソースように、軸のおよそ8分目までチョコをかけ、持ち手があるといいのではないかというアイデアが出て、試作品を製作。

quote
1966年1月、本社のある大阪府で、「チョコテック」という商品名でテスト販売を開始。ちなみに、このときのチョココーティングは、すべて手作業。まさに串カツをソースに浸すようにして作ったという。

★ ご当地よりも上を行く 日本限定発売「ポッキー 宇治抹茶」!

quote
外国人観光客の間で「抹茶菓子」が空前のブームとなっている。抹茶味のポッキーなどが訪日時の「おみやげ」などとして大人買いされているのだ。
抹茶味のシリーズを求めて中国人の団体客が目立つ。「食べ歩き用に1個、おみやげ用に10個入りの段ボール箱がよく売れる」

グリコの「ぐりこや」では外国人に人気を集める抹茶のポッキーなどがお土産として売れている

★ ご当地ポッキー ランキング

quote
【第一位】 九州地区限定発売 グリコジャイアントプリッツ 博多明太子を頂いた。確かにデカ!ポッキーって書いていない。そうだよな・・・このサイズならイメージ違うもんね・・・長さもナガぁ~中身の袋には2本入っている。ん~明太子味だ!旨い!表面のパウダーが良い味だしとる。どの方向でも狙っている・・・。限定って、何か価値観あるもんね。旨かった!

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • flow

    みなさんの生活が豊かになるようなご紹介ができたらと思います。

    フォローする