WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

可愛い?不気味?ハロウィンを盛り上げる料理達

日本でも近年ハロウィンの風習が定着しつつあります。
仮装して、お菓子をもらって、ごちそうを食べて…とイベントを楽しむ人も多いのでは。
こんな料理があったら、さらに盛り上がるかもしれませんよ。
可愛いものから、ちょっと気持ち悪いものまでまとめました。 #レシピ #ハロウィン

samaman
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2014.9.29 / 作成:2014.9.29

そもそもハロウィンって?

日本で広まったのは比較的最近のこと。ハロウィンといえば思いつくのは、「かぼちゃ」「仮装」「お化け」「トリック オア トリート!」…だけど、元々は何をする日なのでしょうか。
quote
もともとはケルト人の収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたもののようだ。ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていたという。
日本のお盆のような行事だったのでしょう。
quote
秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事
でしたが、今は宗教的意味合いは薄れてきているようです。

ハロウィンのシンボルは、なぜかぼちゃ?

ジャック・オー・ランタン

ハロウィングッズでは、かぼちゃお化け「ジャック・オー・ランタン」をよく見かけますよね。
シンボルと言っていいくらい有名ですが、なぜかぼちゃなのでしょうか?
quote
昔アイルランドにいたジャックという人が、悪魔といろいろなトラブルがあった結果、死んだ後に天国にも地獄にも行けず、幽霊となって地上を彷徨っていました。その時にジャックが持っていたのが、カブをくりぬいた中に灯りを入れたちょうちんでした。当時のアイルランドでは、カブが豊作だったようです。その話がアメリカへ伝わり、アメリカで豊作だったカボチャに変わり、あのお化けカボチャが誕生したというワケです。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ