WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

納豆キムチのカロリーとは?ダイエット中に食べていい?おすすめの食べ方も紹介

#カロリー #ダイエット #キムチ

mami
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年8月18日更新

納豆キムチは納豆に含まれるタンパク質を効率的に摂取する事ができるだけでなく、キムチに含まれるカプサイシンの効果で発汗作用を促してくれるなど様々なダイエット効果を得る事ができるおすすめの食材です。そこでここからは、ダイエットにおすすめの納豆キムチについて詳しく紹介していきます。

    目次

  1. キムチ納豆のカロリーとは?
  2. キムチ納豆はダイエットに効果的!栄養素から確認!
  3. キムチ納豆に期待できる効果・効能まとめ
  4. 納豆キムチをダイエット中に食べるときの注意点
  5. 納豆キムチを使ったダイエットにおすすめのレシピ

キムチ納豆のカロリーとは?

キムチ納豆のカロリーは1食(50gの場合)あたり108kcalで、100g換算だと216kcalです。
脂質は2.5gで、糖質は2.0gです。納豆キムチに含まれる納豆菌には、便秘改善の効果があります。
ダイエット中に食べるなら食べ過ぎに気を付けて食べるとよいでしょう。
納豆キムチ 量g カロリーkcal 糖質量g タンパク質g
納豆キムチ 100g 216kcal 4.0g 9.6g
  50g 108kcal 2.0g 4.8g
納豆 100g 100kcal 2.7g 8.25g
納豆キムチに含まれるタンパク質には、筋肉量を増やす効果により、代謝アップの効果が期待できます。また、少量でも満腹感を得る効果があるので、食べ過ぎを防止する事ができます。
しかし、キムチには塩分も多く含まれている為、食べ過ぎてしまうと浮腫みを引き起こす懸念があるので注意が必要です。

キムチ納豆はダイエットに効果的!栄養素から確認!

キムチ納豆に含まれるタンパク質には、ダイエット効果があります。筋肉量を増やす作用があり、さらに食物繊維と合わせる事で、便通を良くしてくれる効能があるため、便秘解消の効果が期待できます。
キムチ納豆の1食あたり(50g)の栄養成分
エネルギー 108kcal
タンパク質 4.8g
糖質 2.0g
炭水化物 4.1g
脂質 2.5g
納豆に含まれているタンパク質には筋肉量を増やす効果があるため、筋肉量が増える事で代謝アップの効果が期待できます。また、少量でも満腹感を得る効果が期待できるので、食べ過ぎを防止する事ができます。そして、納豆にはビタミンB1も多く含まれており、摂取した糖質や脂質、炭水化物を効率的にエネルギー源に変えてくれる代謝をサポートする役割があります。中でも脂質代謝を促す作用が期待できるので、脂肪が蓄積しにくい体つくりにおすすめです。

キムチ納豆に期待できる効果・効能まとめ

キムチ納豆はタンパク質を豊富に含んでいます。タンパク質には筋肉量を増やす役割があり、代謝アップの効果があります。また、ビタミンB群には脂質代謝を促す作用があるため、脂肪が蓄積しにくい体つくりに効能があります。
キムチ納豆の効果・効能
  • ダイエット効果
  • 食べ過ぎ防止に役立つ
  • 糖質、脂質代謝アップに効果的
  • 発汗作用に効果的
納豆キムチと豆腐の組み合わせは、豆腐に含まれるタンパク質と納豆に含まれるタンパク質を効率的に摂取できるだけでなく、食べ過ぎを防止する事ができるというのもポイントです。
カロリーを抑えて食べる事ができるので、カロリーコントロールしやすいというのもおすすめの点です。

納豆キムチをダイエット中に食べるときの注意点

納豆キムチには代謝アップに効果的なタンパク質やビタミンB群を豊富に含んでいますが、ダイエット中に食べる際には注意しなければならない点も多くあります。そこでここからは、ダイエット中に納豆キムチを食べる際の注意点について紹介していきます。

納豆キムチを1日に食べてよい量とは?

納豆キムチは1日50gを目安として食べるのがおすすめです。キムチにはカプサイシンなどのダイエットにおすすめの栄養素も多く含まれていますが、塩分も多く含んでいるので食べ過ぎは浮腫みを引き起こす懸念もあるので注意しましょう。

キムチ納豆はいつ食べるのがいい?

キムチ納豆は食べ過ぎ防止におすすめのタンパク質が豊富に含まれているので、カロリーを抑えたい夜の時間帯にたべるのがおすすめです。また、キムチが匂いがきついので、食べる時間帯に注意したいと考える方にもおすすめです。

納豆キムチを食べすぎたらどうなる?

納豆キムチに使われているキムチには、塩分が多く含まれています。その為、食べ過ぎは高血圧や糖尿病などの生活習慣病になってしまう懸念があります。また、塩分の取りすぎは浮腫みを引き起こすので、適量を守るようにしましょう。

納豆キムチを使ったダイエットにおすすめのレシピ

納豆キムチは発汗作用のあるカプサイシン、代謝促進に効果的なビタミンB群などダイエット中におすすめの栄養素が豊富に含まれています。そこでここからは、ダイエット中におすすめのダイエットレシピを紹介していきます。

納豆キムチの油揚げ袋

食べ方 1食あたり(g) カロリー 糖質量
納豆キムチの油揚げ袋 86g 218kcal 6.3g
<作り方>
  1. 白菜キムチはざく切りにする
  2. ボウルに白菜キムチ、白ねぎ、ミョウガ、納豆、ピザ用チーズ、鰹節、醤油、すり白ごまをよく混ぜ合わせて4等分にしておく
  3. 2を油揚げの中にいれ、袋の口を楊枝で止める
  4. フライパンに3を並べ、弱めの中火にかけ、両面に焼き色が付いたら完成
油揚げの中に具材を入れ、香ばしく焼く事で食べやすくなります。
また、ヘルシーなおつまみとしてもおすすめのレシピなので、ダイエット中には活躍してくれるレシピです。

納豆キムチのオムレツ

食べ方 1食あたり(g) カロリー 糖質量
納豆キムチのオムレツ 115g 234kcal 8.5g
<作り方>
  1. 納豆とキムチ、小葱を混ぜたら醤油を入れる
  2. フライパンにごま油を入れ、中火で熱したら卵を溶き入れて流し入れる
  3. 卵が半熟状になったら1を入れて卵を包む
  4. 形を整え、器に移したら完成
納豆キムチに含まれる納豆にはタンパク質が豊富に含まれていますが、卵も効率的にタンパク質を摂取できる食材なので効率的にタンパク質の効果を得る事ができるおすすめのレシピです。
卵の効果でキムチの辛味が緩和されるので、辛いのが苦手な方にも最適です。

納豆キムチつくね

食べ方 1食あたり(g) カロリー 糖質量
納豆キムチつくね 96g 151kcal 9.5g
<作り方>
  1. レンコンを5㎜角にカットし、ねぎとキムチを粗みじん切りにする
  2. ボウルに鶏ひき肉、片栗粉、卵、塩を入れ、粘り気が出るまでよく練り、1を加えてさらに練る
  3. フライパンにごま油を敷き、2をスプーンですくって成型し、蓋をして中火で2分、裏返して弱火で3分焼いたら完成
コチュジャンをベースとしたたれで食べるのも良し、酢醤油で食べるのも良しなつくねは、鶏ひき肉を使用しているのでヘルシーに食べる事ができるおすすめダイエットレシピです。
ジューシーなものが食べたい時にも最適なので、がっつり食べたい時にも重宝するでしょう。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • mami

    フォローする