WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

換気扇の大掃除は夏がお勧め!これだけで年末の大掃除が本当に楽になります!

#換気扇掃除 #掃除

Guri710
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年7月29日更新

年末大掃除を楽にするには夏のこの時期に換気扇周りの大掃除をするが吉!
この半年に1回の手間で、大違いですよ!!
皆さんは、換気扇のお掃除、どのぐらいの頻度でされていますか?

年末の大掃除の時は、換気扇内部のシロッコファンも外して大掃除するけれど、普段は、IH本体や、周りの壁に飛んだ油汚れをさっと拭くぐらいの方が多いのではないでしょうか?

フィルターを付けていても、内部のシロッコファンには、油汚れが日に日にこびりついています。

年に1回だと、シロッコファンの油汚れを落とすのが本当に手間になってしまいます。
年末は何かと忙しいですし、あまり換気扇だけに時間もかけられませんよね。
冬は寒いと、掃除自体も億劫になりますし・・・。

そこで、年末大掃除を楽にするためにも、夏のこの時期に、換気扇周りの大掃除をすることをお勧めします!

この半年に1回の手間で、大違いですよ!!

1:まず、現在のIH周りの状態を確認してみましょう。

現在のIH周りの状態です。 一見、きれいに見えますが実は・・・。

現在の換気扇上部です。

換気扇内部の網です。 百均のフィルターを付けていたので、それほどギトギトではないですが、油汚れは付いています。

換気扇内部のシロッコファンを外しました。 汚れてはいますが、年末に掃除して半年なので、油がこびりついて、という程ではありません。

現在のシロッコファンですが、羽部分の内部や上部がやや変色しています。
これは、洗剤などのせいではなく、経年劣化です。

 

2:最初に、シロッコファンを、重曹を入れて鍋で煮洗いします。

注意)

重曹は、アルミ素材は変色すると言われています。

私は今まで重曹で変色を起こしたことはないのですが、シロッコファンの素材によっては変色する危険もあるかもしれませんので、その点は最初に確認してください。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード