WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

もう速度制限!?iPhoneのデータ容量を長持ちさせる裏ワザ4選

#速度制限 #ガジェット

yoshi77777
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年8月20日更新

日々使用している、iPhone。いつもと同じように使っていただけなのに、気づいたら速度制限がかかっていて驚いた!なんてことはありませんか?速度制限がかかってしまうと、とても不便ですよね。そこで今回は速度制限を回避できるよう、iPhoneのデータ容量を長持ちさせる裏ワザ4つをご紹介していきます!

アプリのモバイルデータ通信を切っておこう!

アプリのモバイルデータ通信は、アプリごとにオンかオフを選んで切り替えることができます。オフを選んで切っておくと、通信はWi-Fiのみとなり、無駄にデータ容量を使わなくてすみます。普段使うアプリ・どうしても必要なもののみをオンのまま、データ量の多いものや普段あまり使わないものはオフにするなど、使い分けていきましょう!

設定方法はとても簡単です。
【設定を押す】→【モバイルデータ通信を選ぶ】→【アプリ一覧から選ぶ(オフ)】

位置情報サービスを切ってしまおう!

位置情報の取得に、データ通信が行われているのを知っていますか?GPSを使うのはもちろんなんですが、衛星の位置や時間を受信するのに、Appleのサーバーを使用します。データ量もかなり使ってしまうので、普段使用するナビなど、どうしても位置情報が必要なアプリ以外は、切っておきましょう!

確認すると「え、こんなに位置情報って取得されてたの!?」と思う人もいるかもしれません。位置情報をオフにするのも簡単に出来るので、一度確認し、使わないものはオフ!
【設定を押す】→【位置情報サービスを選ぶ】→【アプリを選ぶ】→【なし(もしくは、このAppの使用中のみ許可)を押す】

SNSなど、動画の自動再生をさせないように設定!

SNSを頻繁に利用していますか?実はTwitterやLine、FacebookやInstagramなど、タイムラインにアップされた動画付きの投稿は、自動的に再生されてしまうのです!SNSをよく使っている人は、気が付かないうちに大量のデータ量を使用してしまっているかもしれません。これもオフにすることはもちろん「Wi-Fiを利用しているときだけ」に制限が可能です。よくSNSを使う人は、自動的に再生されてしまうことがないよう、確認しておきましょう。

設定はアプリごとに少し変わってきますが、大体同じ感じです。
参考例【Lineの設定を選ぶ】→【写真と動画を選ぶ】→【動画の自動再生を選ぶ】→【希望の設定に変更】

バックグラウンド更新をオフ、もしくはWi-Fi接続時のみに!

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る