WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

イチゴタルトのカロリーとは?ダイエット中に食べていい?おすすめの食べ方も紹介

#カロリー

mami
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年4月30日更新

ご褒美としても人気のイチゴタルトですが、ケーキの部類に入る事からダイエット中にはカロリーが気になるという方も多いでしょう。イチゴに含まれるビタミン類や食物繊維が豊富に含まれており、ダイエット中であっても糖質や脂質の量に注意すれば食べる事ができるという点でもおすすめです。そこで今回は、イチゴタルトについて詳しく紹介していきます。

    目次

  1. イチゴタルトのカロリーとは?
  2. イチゴタルトはダイエットに効果的!栄養素から確認!
  3. イチゴタルトに期待できる効果・効能まとめ
  4. イチゴタルトをダイエット中に食べるときの注意点
  5. イチゴタルトを食べすぎたらどうなる?
  6. イチゴタルトを使ったダイエットにおすすめのレシピ

イチゴタルトのカロリーとは?

イチゴタルトのカロリーは1個(116.1gの場合)あたり266kcalで、100g換算だと229kcalです。
脂質は10.96gで、糖質は36.15gです。イチゴタルトには、ビタミンCやビタミンAなどのビタミン類が豊富に含まれており、ダイエット中の肌荒れを防止する効果があります。
ダイエット中に食べるなら脂質や糖質の量に気を付けながら食べるといいでしょう。
イチゴタルト 量g カロリーkcal 糖質量g タンパク質g
イチゴタルト 100g 229kcal 36.15g 3.42g
  1個(116.1g) 229kcal 42.0g 4.0g
フルーツタルト 1個(126.9g) 272kcal 47.7g 4.48g
イチゴタルトにはバターやカスタードクリームなど糖質や脂質を多く含む食材を使用するという事もあり、一見するとダイエットには不向きのように感じます。しかし、イチゴタルトに使われているイチゴには、ビタミン類や食物繊維などダイエット中に積極的に摂取したい栄養素が多く含まれています。

イチゴタルトはダイエットに効果的!栄養素から確認!

イチゴタルトに含まれる食物繊維は、ダイエット効果があります。便通を良くしてくれる作用があり、さらにタンパク質と合わせる事で筋肉量を増やしてくれる効能がある為、代謝を促してくれる事が期待できます。
イチゴタルトの1食あたり(116.1g)の栄養成分
エネルギー 266kcal
水分 -g
タンパク質 4.0g
炭水化物 43.0g
脂質 12.7g
イチゴタルトに含まれるイチゴには、食物繊維が多く含まれています。食物繊維には便通を良くしてくれる作用があり、便秘解消の効果が期待できます。便秘は、ダイエットの大敵でもある浮腫みの原因にもなり得ます。その為、便秘が解消する事で浮腫みを防止してくれるだけでなく、冷えを改善してくれる効果もあります。
また、ビタミンAやビタミンCなどビタミン類が豊富に含まれているのも特徴です。
ダイエット中というのは、栄養バランスが崩れる事で肌荒れが起きやすくなるケースが多いです。その為、肌荒れを効果的に防止してくれるビタミン類を摂取する事で、効果的に肌荒れを防止する効果も期待できます。

イチゴタルトに期待できる効果・効能まとめ

イチゴタルトは、食物繊維を豊富に含んでいます。食物繊維は便通を改善してくれる役割があり、便秘を解消してくれる効果があります。
また、ビタミン類は肌荒れを改善してくれる作用がある為、ダイエット中に起こりがちな肌荒れを改善してくれる効能があります。
イチゴタルトの効果・効能
  • ダイエット効果
  • 便秘の改善が期待できる
  • 肌荒れ防止に役立つ
イチゴタルトと豆乳を合わせて食べる事で、筋肉量を増やしながら代謝の促進に一役買ってくれる効果が期待できます。豆乳を使う事で、低カロリーにする効果も期待できるので、糖質量や低カロリー化ができるという事が期待できます。

イチゴタルトをダイエット中に食べるときの注意点

イチゴタルトには多くのバターや砂糖が使用されているという事もあり、糖質や脂質の量が気になると思います。しかし、イチゴタルトに使われているイチゴには、食物繊維やビタミン類が豊富に含まれているので、ダイエット中であっても上手く取り入れるで栄養バランスの取れた食材にもなり得ます。そこでここからは、ダイエット中にイチゴタルトを食べる時の注意点について詳しく紹介していきます。

イチゴタルトを1日に食べてよい量とは?

イチゴタルトは1個あたりのカロリーが高カロリーなので、1日に何個も食べれば体重の増加につながってしまいます。しかし、バターや牛乳がしっかり使われているので脂質の量が多い反面、腹持ちの良さもあるので、長時間満腹感を続くという事もあり、間食や食べ過ぎを防止する効果もあります。その為、1日に食べる量は1個までとし、間食や食べる量を調節しながら食べる事を意識しましょう。

イチゴタルトはいつ食べるのがいい?

イチゴタルトは高脂質であるという点で、腹持ちの良さと間食防止の効果もあります。
その為、活動量が増える時間帯でもある朝に食べる事で、昼や夜ごはんの量を調節するという事ができます。活動量が減る夜の時間帯に食べてしまうと、どうしても体内に脂肪が蓄積されやすくなってしまう懸念があるので、なるべく活動量が増える時間帯に食べるのがおすすめです。

イチゴタルトを食べすぎたらどうなる?

イチゴタルトを食べ過ぎてしまうと、高脂質・高カロリーなイチゴタルトという事もあり、脂肪が体内に蓄積されやすくなってしまうという懸念があります。
また、糖質を取りすぎる事で、糖尿病や高血圧など思わぬ病気の引き金になってしまうので注意が必要です。その為、適量を守りながらうまくダイエット中の食生活に取り入れていく事が大切です。
また、イチゴを食べ過ぎるとお腹が冷えてしまうので、腹痛や下痢を引き起こす事もあります。

イチゴタルトを使ったダイエットにおすすめのレシピ

食物繊維やビタミン類を豊富に含むイチゴタルトは、ダイエット中にもおすすめの栄養素を豊富に含んでいるというのも特徴です。
そこでここからは、ダイエットにもおすすめのイチゴタルトのレシピを紹介していきます。

卵&乳製品を使わないイチゴタルト

食べ方 1食あたり(g) カロリー 糖質量
卵&乳製品を使わないイチゴタルト 152.2g 254kcal 12.1g
<作り方>
  1. 木綿豆腐をキッチンペーパーで包み、重しを乗せて水切りをする
  2. オーブンを180℃に予熱し、薄力粉・中力粉・塩をA、オリーブオイル・メープルシロップをBとし、それぞれボウルで混ぜておく
  3. 2で混ぜておいたAをBに少しずつゴムベラで混ぜていく
  4. オーブンシートを敷いた型に、フォークで押しつけながら敷き詰める
  5. 20分焼いた後、冷ましておく
  6. イチゴを洗い、へたを取って縦半分にカットする
  7. すり鉢で麩をすりつぶしておく
  8. 水切りした豆腐・きび砂糖・イチゴ小10粒を加え、よく混ぜる
  9. 冷めた型に4を流し、平らにしていちごを中心から並べていく
  10. 仕上げに粉糖をふるったら完成
豆腐を使う事で、ダイエット中に積極的に摂取したいタンパク質を効率的に摂取する事ができるだけでなく、低カロリーなイチゴタルトに仕上げる事ができます。
また、少量でも満足感がある仕上がりになるので、食べ過ぎを防止する効果も期待できます。

型なしイチゴタルト

食べ方 1食あたり(g) カロリー 糖質量
型なしイチゴタルト 55g 254kcal 6.3g
<作り方>
  1. 常温に戻したココナッツオイル、粉糖を泡だて器で混ぜておく
  2. 米粉・溶き卵を少しずつ加え、さらによく混ぜる
  3. まとまらない場合には、豆乳を加える
  4. まとまったらクッキングシートに広げ、麺棒で25cmくらいに伸ばしたらラップをかけて冷蔵庫で30分休ませる
  5. ふちを少し折り込み、形を整えたらタルト生地にフォークで穴を空けておく
  6. 全卵ときび砂糖で共立てにする
  7. しっかり泡立てたら生チョコレートを手でちぎり、耐熱皿に入れたら電子レンジで500W30秒ほど加熱する
  8. タルト生地に7のムースを流しいれ、イチゴを散らして170℃、25分焼いたら完成
ダイエット効果が高いココナッツオイルを使用する事で、効果的にダイエットできるレシピであるだけでなく、型を使わずに作る事で低カロリーに仕上げています。
ココナッツオイルには脂肪燃焼効果があるので、低脂質、低糖質に仕上げたイチゴタルトでおいしくダイエットできるというのも魅力です。

さっぱりイチゴタルト

食べ方 1食あたり(g) カロリー 糖質量
さっぱりイチゴタルト 63g 125kcal 5.1g
<作り方>
  1. 餃子の皮をタルトの形になるように型に入れてギュッと形作り、トースターで色付くまで3~5分程度焼いておく
  2. イチゴをお好みの形にカットしておく
  3. 型を出して冷めるまで冷蔵庫か常温で置いておく
  4. ギリシャヨーグルトを型に詰め、イチゴを乗せたら完成
餃子の皮を使う事で、イチゴタルトも簡単に作る事ができるお手軽レシピです。
使用する材料が少ないだけでなく、ヘルシーな仕上がりにする事ができるので、ちょっとしたダイエット中のおやつとしてもピッタリです。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • mami

    フォローする