WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

冷凍イチゴのカロリーとは?ダイエット中に食べていい?おすすめの食べ方も紹介

松黄泉
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年4月23日更新

冷凍イチゴはイチゴを冷凍した夏に美味しいフルーツです。冷凍イチゴにはダイエットに効果的な栄養素が含まれています。今記事では冷凍イチゴが含む栄養素とダイエット効果を徹底解説!冷凍イチゴを食べるポイントについても紹介します。ダイエットのメニューにぜひ冷凍イチゴを加えてみてください。

    目次

  1. 冷凍イチゴのカロリーとは?
  2. 冷凍イチゴはダイエットに効果的!栄養素から確認!
  3. 冷凍イチゴに期待できる効果・効能まとめ
  4. 冷凍イチゴをダイエット中に食べるときの注意点
  5. 冷凍イチゴを使ったダイエットにおすすめのレシピ

冷凍イチゴのカロリーとは?

冷凍イチゴのカロリーは1食(Mサイズ5個60gの場合)あたり20kcalで、100g換算だと34kcalです。

脂質は0.06gで、糖質は4.3gです。
冷凍イチゴには食物繊維が多く含まれているため、便秘解消の効果があります。
ダイエット中には積極的食べることをおすすめします。

 

冷凍イチゴ

量g

カロリーkcal

糖質量g

タンパク質g

冷凍イチゴ

100g

34kcal

7.1g

0.9g

1食(60g)

20kcal

4.3g

0.5g

参照:文部科学省「食品成分データベース」https://fooddb.mext.go.jp/history.pl


冷凍イチゴはその名通りイチゴを冷凍しただけのもので、特に味付けはしていません。
低カロリーの上に脂質も低く、食物繊維が多く含まれていてダイエットに効果的です。
ダイエット中には積極的に食べた方がよいといえるでしょう。

冷凍イチゴはダイエットに効果的!栄養素から確認!

冷凍イチゴに含まれる食物繊維にはダイエット効果が含まれています。
食物繊維には腸の働きを活発にする作用があり、便秘解消が期待できます。
さらに冷凍イチゴにはカリウムが含まれており、むくみ解消がダイエットに効果的です。

 

冷凍イチゴの1食あたり(60g)の栄養成分

エネルギー

20kcal

たんぱく質

0.5g

炭水化物

5.1g

脂質

0.06g

食物繊維

0.8g

参照:文部科学省「食品成分データベース」

https://fooddb.mext.go.jp/history.pl

冷凍イチゴには食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維には腸の働きを活発にする作用があり、便秘解消に効果的です。
便秘が解消されることで、便秘が原因による下腹部の膨らみの改善も期待できます。
また、冷凍イチゴにはカリウムも多く含まれています。
カリウムには体内の余分な塩分を排出する効能があり、むくみ解消に役立ちます。
むくみによって太って見える悩みをお持ちの方は、ぜひ冷凍イチゴを食べてみてくださいね。
このように、冷凍イチゴにはダイエットに効果的な栄養素がたくさん含まれており、ダイエット中には進んで食べたいところです。

冷凍イチゴに期待できる効果・効能まとめ

冷凍イチゴは食物繊維を豊富に含んでいます。
食物繊維には腸の働きを活発にする作用があり、前述の便秘解消の効果以外にも代謝の向上効果が期待できます。
また、冷凍イチゴが含むカリウムには塩分排出によるむくみ解消が期待でき、ダイエットに効果的です。

 

冷凍イチゴの効果・効能

  • 腸の働きを改善

  • 便秘の解消

  • ぽっこり下腹の解消

  • 代謝の向上

  • むくみ解消
 

冷凍イチゴが豊富に含む食物繊維は、善玉菌のエサとなる栄養素です。
善玉菌が豊富な食材と冷凍イチゴを一緒に食べると効率的です。

冷凍イチゴをダイエット中に食べるときの注意点

冷凍イチゴをダイエット中に食べるなら、1日100g程度にしておきましょう。
食べる時間帯はより腸が働いている朝や昼の時間帯がおすすめです。
食物繊維を摂りすぎると、かえって便秘を悪化させてしまう可能性があるため、食べ過ぎには注意してください。

冷凍イチゴを1日に食べてよい量とは?

冷凍イチゴには食物繊維やカリウムなどのダイエットに効果的な栄養素が多く含まれています。
しかし、偏った食べ方をしては栄養バランスが崩れてしまいます。
1日に100g程度にして、バランスの良い食事を心がけましょう。

冷凍イチゴはいつ食べるのがいい?

食物繊維には腸の働きを活発にする作用があります。
冷凍イチゴを食べるなら、より腸が働きやすい朝や昼の時間帯に食べるのがおすすめです。

冷凍イチゴを食べすぎたらどうなる?

冷凍イチゴを食べ過ぎると、食物繊維の摂取過多になってしまう恐れがあります。
そうなると食物繊維が消化しきれずに腸に詰まってしまい、便秘が悪化してしまいます。
冷凍イチゴの食べ過ぎには注意してください。

冷凍イチゴを使ったダイエットにおすすめのレシピ

食物繊維やカリウムが多く含まれており、ダイエットに効果的な冷凍イチゴはなるべく食べておきたいところです。
そこで、冷凍イチゴをより美味しく、ダイエットに効果的に食べるレシピを紹介します。
ぜひ試してみてくださいね。

基本の冷凍イチゴ

 

食べ方

1食あたり(60g)

カロリー

糖質量

基本の冷凍イチゴ

60g

20kcal

4.3g

 

<作り方>

  1. イチゴのヘタを取り、よく洗う

  2. ジップロックなどの袋に入れて冷凍庫にいれ、凍ったら完成


まずは基本の冷凍イチゴについて紹介します。
基本的に放置するだけのため、非常に簡単に作れます。

冷凍イチゴのシャーベット

食べ方

1食あたり(60g)

カロリー

糖質量

冷凍イチゴのシャーベット

60g

20kcal

4.3g

 

<作り方>

  1. イチゴのヘタを取り、よく洗う

  2. ジップロックなどの袋に入れて冷凍庫にいれ、凍らせる
  3. 2をスプーンで崩して完成

基本の冷凍イチゴを崩すだけでできるシャーベットです。
冷凍イチゴを齧ると歯に染みる…という方におすすめです。

あなたにおすすめ

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る