WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

カボチャの種のカロリーとは?ダイエット中に食べていい?おすすめの食べ方も紹介

#カロリー

mami
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年4月23日更新

健康効果が高いカボチャの種には、オレイン酸やリノール酸が多く含まれているので血圧を下げる効果があります。しかし、カロリーは高めの傾向のあるので、ダイエット中の方は食べ過ぎには注意が必要です。そこで今回は、カボチャの種について紹介していきます。

    目次

  1. カボチャの種のカロリーとは?
  2. カボチャの種はダイエットに効果的!栄養素から確認!
  3. カボチャの種に期待できる効果・効能まとめ
  4. カボチャの種をダイエット中に食べるときの注意点
  5. カボチャの種を使ったダイエットにおすすめのレシピ

カボチャの種のカロリーとは?

カボチャの種のカロリーは1粒(0.5gの場合)あたり2.85kcalで、100g換算だと574kcalです。
脂質は51.8gで、糖質は4.7gです。カボチャの種には、タンパク質が多く含まれている為、筋肉量を増やし、代謝を促してくれる効果があります。
ダイエット中に食べるなら、食べる量に気を付けながら食べるといいでしょう。
カボチャの種 量g カロリーkcal 糖質量g タンパク質g
カボチャの種 100g 574kcal 4.7g 26.5g
  1粒(0.5g) 2.85kcal 0.02g 0.13g
ひまわりの種 100g 611kcal 10.3g 20.1g
カボチャの種にはリノール酸やリノレン酸、タンパク質が多く含まれているのでダイエット中の方にもおすすめの食材です。
しかし、脂質やカロリーも高めの傾向にあるので、栄養価が高いからといって食べ過ぎてしまうと、体重の増加につながってしまう懸念があります。

カボチャの種はダイエットに効果的!栄養素から確認!

カボチャの種に含まれるタンパク質は、ダイエット効果があります。筋肉量を増やす作用があり、さらに食物繊維と合わせる事で便通を良くしてくれる効能がある為、便秘解消の効果が期待できます。
カボチャの種の1粒あたり(0.5g)の栄養成分
エネルギー 2.85kcal
水分 -g
タンパク質 0.13g
炭水化物 0.06g
脂質 0.26g
カボチャの種に含まれるタンパク質には、筋肉量を効率的に増やす効果があります。
筋肉量を増やす事により、代謝を促してくれる効果が期待できるので、効率的に体重を落とす事もできます。また、食物繊維も豊富に含まれているという事もあり、食物繊維の効果により便通を良くする事によって便秘を解消してくれます。
便秘はダイエットの大敵でもある浮腫みを解消する効果も期待できるので、水分を体外に排出する事で痩せやすい体つくりをするにも適しています。

カボチャの種に期待できる効果・効能まとめ

カボチャの種はタンパク質を豊富に含んでいます。タンパク質には筋肉量を増やす役割があり、代謝を促してくれる効果があります。また、食物繊維には、便通を良くしてくれる作用があるので、便秘を解消してくれる効能があります。
カボチャの種の効果・効能
  • ダイエット効果
  • 便秘の改善が期待できる
  • 代謝促進に役立つ
  • 浮腫み解消に効果的
カボチャの種とチョコレートやスムージー、アイスクリームなど脂質が高い食材との組み合わせがおすすめです。一見するとチョコレートはダイエット中には避けた方が良いと思われますが、脂質が高い食材にトッピングする事で少量でも満足感を得る事ができます。
また、ダイエット中の食事制限中のストレスを緩和する事もできるので、ストレス太りを解消するにもおすすめです。

カボチャの種をダイエット中に食べるときの注意点

カボチャの種は、脂肪分が多く含まれているので過剰に摂取してしまうと体重の増加につながってしまう懸念があります。
また、食べる量だけでなく、食べる時間帯にも注意しなければいけません。
ここからは、カボチャの種をダイエット中に食べる際の注意点について詳しく紹介していきます。

カボチャの種を1日に食べてよい量とは?

カボチャの種には、脂肪分が多く含まれています。その為、食べ過ぎは体重の増加につながってしまうだけでなく、脂肪が体に付きやすくなってしまいます。
カボチャの種をダイエット中に食べる際には、1日10~15粒を目安に食べるのがおすすめです。
また、市販のカボチャの種は塩などで味付けされているものもあるので、食べ過ぎは塩分の過剰摂取にもなってしまうので、注意しましょう。

カボチャの種はいつ食べるのがいい?

カボチャの種は糖質は低いですが、カロリー自体は高くなっています。また、脂肪分を多く含む食材でもあるので、活動量が減る夜の時間帯に食べる際には注意が必要です。
夜に食べ過ぎてしまうと脂肪が体内に蓄積されやすくなってしまうので、なるべく活動量が増える朝の時間帯にヨーグルトなどにトッピングするなど工夫しながら摂取しましょう。

カボチャの種を食べすぎたらどうなる?

カボチャの種には多くの脂肪分が含まれているので、食べ過ぎは体内に脂肪が蓄積されやすくなってしまう懸念があります。
また、カボチャの種に含まれるリノール酸やオレイン酸は、過剰摂取によりアレルギー症状が悪化したり、大腸ガンになる可能性が高くなるとも言われています。
カロリー・脂肪分の過剰摂取になる事で、体重の増加にもつながってしまうので適量を守って摂取しましょう。

カボチャの種を使ったダイエットにおすすめのレシピ

カボチャの種にはタンパク質をはじめ、ビタミン類やオレイン酸、リノール酸など体に良いとされる栄養素が豊富に含まれています。
その為、ダイエット中の食事に上手く取り入れる事により、効率的にダイエットできる事も期待できます。そこでここからは、ダイエットにおすすめのカボチャの種を使ったダイエットレシピを紹介していきます。

カボチャの種とワタの美容スムージー

食べ方 1食あたり(g) カロリー 糖質量
カボチャの種とワタの美容スムージー 65g 98kcal 5.6g
<作り方>
  1. カボチャを電子レンジ600W4分加熱し、種とワタを取り出す
  2. ミキサーに1と豆乳、蜂蜜を入れ、ミキサーにかける
  3. 滑らかになるまで攪拌したら完成
βカロテンやビタミン類を豊富に含むカボチャと美容に良いとされているオレイン酸やリノール酸を豊富に含むカボチャの種を使う事で、肌だけでなく体にもうれしい効果を得るスムージーになります。少量でも満腹感を得る事ができるので、食事制限中の夜ごはんの代わりにもおすすめです。

カボチャの種のキャラメリゼ

食べ方 1食あたり(g) カロリー 糖質量
カボチャの種のキャラメリゼ 30g 60.5kcal 6.3g
<作り方>
  1. カボチャの種を水で洗っておく
  2. キッチンペーパーで水気をふき取る
  3. 中火でゆっくり炒る
  4. 少し焦げ目が付くまで炒ったら火を止めて、ごま油とてんさい糖を入れる
  5. 弱火~中火でゆっくりてんさい糖を溶かして種に絡めたら完成
小腹が空いた時の間食としてもおすすめで、少量でも満腹感を得る事ができるので食べ過ぎを防止できるという効果もあります。
また、てんさい糖によって優しい甘みを感じる事もできるので、甘いものを食べたくなった時にも最適です。

パンプキンシードの蒸しパン

食べ方 1食あたり(g) カロリー 糖質量
パンプキンシードの蒸しパン 55g 98kcal 5.2g
<作り方>
  1. ミンチと玉ねぎを塩コショウで炒めておく
  2. ホットケーキミックスと牛乳を混ぜ合わせ、炒めたミンチと玉ねぎ、パンプキンシードを混ぜ合わせておく
  3. 型に流しいれ、蒸し器で10~15分蒸す
  4. 蒸しあがったら完成
おやつにもごはん代わりとしてもおすすめのレシピで、少しガッツリしたものが食べたくなった時にもおすすめです。
お子様と一緒に食べるにも最適なので、家族で楽しめるおすすめヘルシーレシピです。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • mami

    フォローする