WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

インナーブランのデリケートゾーン消臭効果は嘘?ワキガ・スソガに効く?悪い口コミを検証

#サプリメント

yuzuhana
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年2月10日更新

ふとしたときに気になるデリケートゾーンの匂い。自分では気づかないうちに、周囲の人に不快な思いをさせているかも‥。

そんなデリケートゾーン特有の臭いを一瞬で消し去ってくれるのが「インナーブラン」。医薬部外品のエチケットアイテムなんです。

今回はインナーブランの効果や成分、使用者の良い口コミ・悪い口コミを紹介していきます!

    目次

  1. デリケートゾーンの臭いに効果あり「インナーブラン 」とは?
  2. 口コミを効果検証!実物のインナーブランはこんな感じ
  3. インナーブランの効果
  4. インナーブランの全成分
  5. インナーブラン のよくあるQ&A
  6. インナーブランを一番お得に購入するには?Amazon・楽天で売っている?
  7. まとめ

デリケートゾーンの臭いに効果あり「インナーブラン 」とは?

インナーブランはデリケートゾーンにシュッとひと吹きするだけで、気になる匂いを瞬時に消し去ってくれるアイテム。

デリケートゾーンの嫌な匂いに特化されているため、汗で蒸れた臭い・アンモニア臭・おりものの酸っぱい臭いなどあらゆる匂いに消臭効果を発揮します。その消臭率はなんと89~99%!

インナーブランはシンプルでコンパクトなボトル入りのため、どこでも手軽に持ち運んで使えるのが魅力。彼とのデート前やラブタイムの前、お手洗いのあとなどに、シュッとひと吹きで臭いケアができます。

またデリケートゾーン専用の石鹸を使用していても、「時間がたつとまた臭いが気になる‥」という方にもインナーブランはおすすめです。

デリケートゾーンの臭いが強くなる原因は何?

デリケートゾーンの臭いが強くなる原因はさまざま。

風邪を引いたり季節の変わり目で免疫力が落ちている時は、膣内で菌が増えて嫌な臭いの原因になりがち。また生理中はもちろん生理の前後も、デリケートゾーンの臭いが気になることが多いようです。 

ただしデリケートゾーンの臭いは自分では気づかないことも。いざという時に相手に不快な思いをさせないよう、免疫力が落ちている時や生理前後はこまめに臭いケアを行いましょう。

インナーブランはなぜデリケートゾーンの臭いに効果がある?

デリケートゾーンの臭いのタイプは主に3種類。
 
  • 尿の拭き残しによるアンモニア臭
  • おりもの特有の酸っぱい臭い
  • 蒸れによるチーズ臭

このような臭いの原因が入り混じることで、嫌な臭いの原因になります。

インナーブランに配合されているIPMP(イソプロピルメチルフェノール)は、殺菌・抗菌作用に優れている成分。低刺激でありながら、消臭持続時間24時間と、高い消臭効果が期待できる成分なんです。

このIPMPは公的な第三者期間で消臭効果を実証されています。インナーブランにはIPMPが一定以上配合されているため、医薬部外品として指定されているとのこと。

またインドネシアに伝わる植物由来の消臭成分「ジャムウ」も配合されており、より高い消臭効果を期待できると言えます。
 

わきがやスソガ、汗の臭いにも効果がある

インナーブランはデリケートゾーンの臭いケアができるアイテムですが、顔や全身にも使用できるのがポイント。汗の臭いや足指の蒸れが気になる場面で手軽に使えるのは便利ですね。

また、インナーブランに配合されているジャムウは、軽度のわきがやスソガにも消臭効果を発揮する成分です。シュッとひと吹きするだけで嫌な臭いの原因を取り去って、快適に過ごすことができますよ。

黒ずみにも効果あり

デリケートゾーンの臭いだけでなく、黒ずみが気になっている女性も多いと思います。

インナーブランにはクエン酸ナトリウムという成分が配合されています。これは肌に蓄積した古い角質を除去して、ターンオーバーを促進する効果が期待できる成分。

古い角質をすっきり取り去ることで、臭いの原因だけでなく黒ずみまでケアできるのは嬉しいですね!

インナーブラン の口コミを分析しました

【良い口コミ】持ち運びに便利

quote
(略)持ち運びにも便利な大きさで見た目も可愛いのでポーチの中に居れておいて気になるときにシュッと使えるのが嬉しい(略)

【良い口コミ】臭いが気にならなくなった

quote
(略)「生理の経血やおりものニオイ」もインナーブランを継続するごとに気にならなくなり、今では2日目以降でもほとんどニオイがしなくなりました。(略)

【良い口コミ】脇にも足にも使える

quote
ほんのり香る良い香りで
デリケートゾーンも清潔を保てます
ワキにも足にも使えるので、これ一本持ち歩けば安心

【良い口コミ】手が汚れない

quote
付け直しとか面倒なので、スプレータイプで手を汚さずにサッと付け直すことができますのでものすごく楽・ノンストレスです。
【インナーブランの良い口コミまとめ】
  • 嫌な臭いに効果があった
  • 脇や足にも使用できる
  • 手を汚さず手軽に使える
  • 持ち運びにも便利
インナーブランの口コミを見ていると「デリケートゾーンの臭いが一瞬で消えた」「脇や足の臭いに効果があった」との口コミが多く見られました。インナーブランは消臭効果に優れた成分を高配合した医薬部外品のため、高い効果が実感できるのだと思います。

またコンパクトでシンプルなパッケージのため、ポーチに入れて持ち運びやすいといった声も。どこでも手軽に使えるのもインナーブランの魅力のようですね。

【悪い口コミ】匂いが少し気になる

quote
よくある“良い匂いでごまかす”ような商品ではないので、香料が苦手な人も使いやすいと思いますが、ただ最初の独特なにおいは慣れるまで時間がかかりそうな印象です。
口コミを見ていると「良い匂い」という声がある一方で、「独特な匂いが気になった」という声も。インナーブランには合成香料は配合されていませんが、植物由来の成分・ジャムウの匂いには好き嫌いが分かれそう。

とはいえこの匂いは使用後しばらくしたら消えてしまうので、安心して使用することができますよ。

口コミを効果検証!実物のインナーブランはこんな感じ

生理中や生理前後は、ナプキンによる蒸れが気になる筆者。周囲に不快な思いをさせてしまう前に、手軽にケアしておきたいところです。
  • 20代後半
  • デリケートゾーンのケアに興味あり
  • 生理の時期はデリケートゾーンが特にきになる
ここからはインナーブランが本当にデリケートゾーンの臭いに効果があるのか、良い口コミ・悪い口コミは本当なのか検証していきたいと思います。

インナーブランの大きさ・匂いは?

インナーブランは細長いコンパクトなスプレーボトルタイプ。ポーチやバッグのポケットに入れて、さっと持ち運びができる大きさです。

シンプルなクリアボトルにロゴマークが入っており、見た目からは何のアイテムなのか分からないように配慮されています。

匂いについては「気にならない」「気になった」と2つの意見がありましたが、実際に使用してみるとほぼ無臭と言えます。

手の甲に吹きかけて匂いを探すと、確かにほんのりと植物の独特な香りがしました。ただし実際にデリケートゾーンに使用する場合には、ほとんど気になることはないかと思います。
 

【デリケートゾーン編】インナーブランの使い方

step1.インナーブランをスプレー

インナーブランは匂いが気になるときやお風呂上がり、トイレの後などに使用しましょう。

デリケートゾーンからボトルを10〜15cm程度離し、シュッとスプレーを吹きかけます。3.4プッシュを目安に使用すると良いでしょう。

step2.乾くまで待つ

デリケートゾーンがしっかりと乾くまで、しばらく待ちましょう。5〜10秒後に液だれがある場合は、軽くティッシュオフしましょう。

乾く前に下着をつけてしまうと、蒸れの原因になりかねません。インナーブランは速乾性に優れているのですぐに乾くと思います。

step3.下着を付ける

デリケートゾーンがしっかりと乾いたのを確認したら、いつも通り下着を付けましょう。インナーブランの効果を最大限実感できると思いますよ。

【ワキガ編】インナーブランの使い方

step1.脇にスプレー

インナーブランを脇にスプレーします。脇に使用する場合は、左右それぞれ1〜2プッシュでOKかと思います。

ちなみにインナーブランのスプレーボトルは、逆さにした状態でもストレスなく使用できますよ。

step2.乾くまで待つ

脇が乾くまで待ちましょう。5〜10秒後、液だれがある場合は軽くティッシュオフしましょう。しっかりと乾いたのを確認してから、着衣を行ってくださいね。

効果的な使い方

よりインナーブランの消臭効果を感じたい方は、少し多めにスプレーした後に手で塗り込むようにしてもOK。特に脇の毛が多い男性が使用する場合には、肌に直接液が行き渡るよう、しっかりと塗り広げると良いでしょう。

また使用部位に傷があると沁みることがあります。使用を控えるか、傷部分を避けるようにスプレーしましょう。

インナーブランの効果

インナーブランは薬用成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)と6つのジャムウ成分配合で、効果的にデリケートゾーンの消臭ができます。

気になる匂いをさっと消し去るだけでなく、においの原因となる雑菌を減らすことで、高い消臭効果が24時間持続するのもポイント。

インナーブランを使うことによるデメリットはある?

デリケートゾーンは身体の中でも皮膚が敏感な部分。一般的なボディソープなどで粘膜が沁みると感じる人は、インナーブランも沁みてしまうかもしれません。自分の肌の強さを考慮したうえで、使用を検討してみましょう。

またスプレー後に乾燥させる時間がかかってしまうのも、少々デメリットかもしれません。寒い日に下着を下ろしたまま待つのは少し億劫に感じることも‥。とはいえ速乾性に優れた成分が採用されているので、10秒程度で乾かすことができます。

インナーブランの全成分

こちらがインナーブランの全成分。

高い消臭効果を持つイソプロピルメチルフェノールのほかに、「イチョウエキス」「カンゾウ抽出末」「シラカバエキス」「オウゴンエキス」「チャエキス」「チャ乾留液」の6種類のジャムウ成分が配合されていることが分かります。

インナーブラン のよくあるQ&A

インナーブラン はどんな人が使うのがおすすめ?

  • 手軽にデリケートゾーンのケアをしたい人
  • 生理中・生理前後の臭いが気になる人
  • わきがや足の臭いが気になる人
石鹸タイプの消臭アイテムは、お風呂場でしか使用できないのがネックに感じる人も多いと思います。

インナーブランは手軽に持ち運んで使えるスプレータイプ。デートの前やラブタイムの前など、どこでもシュッと使えるのが魅力です。

また足や脇などのあらゆる体臭に効果を発揮するので、デリケートゾーン以外に使用したい方にもおすすめと言えますよ。
 

生理中でも使える?

インナーブランは肌に優しい処方のため、肌がデリケートになりがちな生理中でも使用可能です。トイレ後にシュッと吹きかけることで、気になる臭いを防ぐことができますよ。

生理中にデリケートゾーンの臭いがキツくなる女性は多いと思います。こまめにインナーブランを使用して、効果的に臭いケアを行いましょう。

妊娠中でも使える?

妊娠中は肌状態がいつもとは異なる場合が多いです。沁みたり違和感を感じた場合が多いので、使用を控えた方が良いでしょう。

また妊娠中は免疫力が低下して、カンジダ膣炎などの感染症にかかりやすいもの。デリケートゾーンの臭いがいつもよりキツいと感じる場合は、かかりつけの医師に相談してくださいね。

授乳中でも使える?

肌状態が安定していれば、授乳中でもインナーブランは使用可能です。ただし赤ちゃんが触れる部分には使用しないようにしましょう。

顔に使用しても良い?

インナーブランは、顔を含めた全身に使用することが可能です。足や脇の臭いが気になる部分にさっとスプレーして臭いケアを行いましょう。

中身がわからないように配達してもらうことは可能?

インナーブランはデリケートな商品だからこそ、中身が分からないよう配慮して配送してもらえます。配送業者や同居している家族や彼氏に知られることなく、インナーブランを手に入れることができますよ。

インナーブランを一番お得に購入するには?Amazon・楽天で売っている?

インナーブランをよりお得に購入するために、筆者がよく利用している通販サイトを調べて見ました。
  • Amazon:取り扱いなし
  • 楽天:取り扱いなし
  • 公式サイト:単品税抜6,390円(定期コース:初回2,980円、2回目以降2ヶ月毎2本11,000円)
Amazon・楽天ともに、インナーブランの取り扱いはありませんでした。インナーブランを購入するときは、公式サイト一択になりそうです。

公式サイトではお得な定期コースが用意されており、初回は55%オフの2,980円で購入可能。2回目以降は2ヶ月毎に2本11,000円で届けてもらえます。

定期コースの回数縛りはないため、合わないと感じたら1回目で解約することも可能です。さらに90日間の全額返金保障もついているため、安心してお試しできるかと思います。

まとめ

デリケートゾーンにシュッと吹きかけることで、気になる臭いを防ぐことができるインナーブラン。

デリケートゾーンの臭いは自分ではよく分からないもの。「もしかして臭ってる‥?」と気になっている女性は、ぜひお得に試せるインナーブランをチェックしてみてくださいね。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る