WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

珈琲のカロリーとは?ダイエット中に飲んでいい?おすすめの飲み方も紹介

#カロリー

haruki2425
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2021年1月26日更新

珈琲100gのカロリーは4kcalで糖質、脂質はほぼありません。
脂肪燃焼の働きがあるカフェインとポリフェノールが多く含まれており、ダイエット中でも安心して飲むことができます。砂糖やミルクを入れてしまうとカロリーが高くなってしまうので、ダイエット中はブラックで飲むことを推奨します。
この記事では珈琲のダイエット効果、飲む際の注意点などに触れています。
記事の最後には、すぐに取り入れられる効果的な飲み方も紹介しています。

    目次

  1. 珈琲のカロリーとは?
  2. 珈琲はダイエットに効果的!栄養素から確認!
  3. 珈琲に期待できる効果・効能
  4. 珈琲をダイエット中に飲むときの注意点
  5. 珈琲を使ったダイエットにおすすめの食べ方

珈琲のカロリーとは?

珈琲は1杯(150gの場合)あたり6kcalで、100g換算だと4kcalです。
カロリーが低く、糖質、脂質がほぼ含まれていないので、ダイエットに向いている飲み物です。
飲むときに砂糖やミルクを入れてしまうと、糖質と脂質を摂ってしまうのでダイエット中はブラックがおすすめです。どうしても甘みを足したい場合は少量を心がけると良いでしょう。
 

珈琲

量g

カロリーkcal

糖質量g

タンパク質g

珈琲

100g

4kcal

0.7g

0.2g

珈琲(1杯分) 150g 6kcal 1g 0.3g

参照:文部科学省「食品成分データベース」

上記のように、珈琲1杯分(150g)のカロリーは6kcalと低く、糖質もほぼありません。アイス珈琲は体を冷やしてしまうので、ホット珈琲の方がダイエットに向いています。
しかし、栄養がほぼ含まれていないので食事の代わりにはなりません。珈琲だけではなく食事も一緒に摂り、栄養のバランスを整えましょう。

珈琲はダイエットに効果的!栄養素から確認!

珈琲に含まれるカフェインには、自律神経を興奮させて基礎代謝を上げる働きがあり、脂肪燃焼をしやすくします。また、利尿作用もあり、老廃物を体外へ排出してくれます。老廃物が体に溜まっているとむくみを引き起こす原因となるのでダイエット中に嬉しい効果です。
 

ホット珈琲の1杯分あたり(150g)の栄養成分

エネルギー

6kcal

水分

147.9g

たんぱく質

0.3g

炭水化物

1g

脂質

0g

参照:文部科学省「食品成分データベース」

珈琲にはカフェインの他にポリフェノールも多く含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用があり、動脈硬化や免疫機能の低下を防ぎます。また、シミの予防にもなるので美容にも良い成分です。血糖値の上昇も抑えるので空腹を抑え、食べ過ぎを防ぎます。

珈琲に期待できる効果・効能

珈琲に含まれるカフェインには脳を活性させる働きやリラクゼーション効果があり、ストレスを緩和させます。ダイエット中にストレスを感じたときは珈琲を飲むことで気持ちが落ち着き、暴飲暴食を防げます。また、基礎代謝を上げ、脂肪を燃焼させる効果もあります。
 
珈琲の効果・効能
  • ダイエット効果
  • リラクゼーション効果
  • 脳の活性化
  • むくみの防止
  • 肌質の改善

珈琲を飲む時にバナナを一緒に食べるとダイエット効果が高まります。
バナナは糖質、ビタミン、カリウムなど多くの栄養を含んでおり、珈琲に足りない栄養素を補給することができるのです。特にカリウムは体内の余計な塩分を外に出す効果があり、珈琲と一緒に体内に入れることでむくみの防止になります。

珈琲をダイエット中に飲むときの注意点

珈琲は朝、昼、リフレッシュタイムの1日3杯程度で1日のカフェイン摂取量を400mgに抑えましょう。
カフェインの摂りすぎは胃痛や頭痛といった体調不良に繋がる可能性もあるので注意が必要です。
また、食後の30分以内に飲むと、脂肪の吸収を抑えてくれるのでダイエット効果が高まります。

珈琲を1日に飲んでよい量とは?

厚生労働省によると、珈琲は1日に3杯程度までで1日のカフェイン最大摂取量は400mgです。
珈琲だけだと栄養がほぼ取れないので、必ず食事と合わせるようにしましょう。
就寝前は自律神経を促進させてしまい、質の良い睡眠が取れなくなってしまうので控えた方が良いでしょう。
 

珈琲はいつ飲むのがいい?

珈琲は朝や昼、リフレッシュタイムに飲むのがおすすめです。
食後30分以内に珈琲を飲むと、カフェインとポリフェノールが食事の脂肪吸収を抑えてくれます。
また、珈琲は脂肪を燃焼する効果があるので運動や入浴の前後に飲むと効果的です。
就寝前は睡眠の質を下げてしまうので控えるようにしましょう。
 

珈琲を飲みすぎたらどうなる?

珈琲に含まれているカフェインを摂りすぎると、神経の興奮状態が続いて眠れなくなったり、胃痛や胸やけ、頭痛を引き起こす可能性があります。
また、ポリフェノールは体を冷やす効果があるので、冷え性の原因にもなります。体が冷えると基礎代謝が下がって脂肪が燃焼しづらくなってしまうので注意です。
1日のカフェイン摂取量400mg(コーヒーカップ3杯程度)を目安に飲むようにしましょう。
 

珈琲を使ったダイエットにおすすめの食べ方

珈琲には基礎代謝を上げるカフェインとむくみ解消効果のあるポリフェノールが多く含まれています。運動の前後や食後に飲むことで脂肪燃焼効果が高まるのでぜひ日々の生活に珈琲を取り入れてみてください。

ドリップ珈琲(ブラック)

飲み方

1杯あたり(150g)

カロリー

糖質量

ドリップ珈琲

150g

4kcal

0.7g

 

<作り方>

  1. ドリップコーヒー(ブラック)
  2. ドリッパーにフィルターをセットする
  3. フィルターにコーヒー粉を入れる
  4. コーヒーを蒸らす
  5. お湯を注いで抽出する

インスタントコーヒーよりもドリップコーヒーの方がカフェインとポリフェノールを多く含んでおり、より脂肪燃焼が期待されます。

ジンジャー珈琲

飲み方

1杯あたり(150g)

カロリー

糖質量

ドリップ珈琲

150g

27kcal

6.7g

 


<作り方>

  1. コップに生姜、蜂蜜を入れる
  2. 温かいコーヒーを注ぐ
     

生姜には血液を循環させて体を温める効果があります。
ポリフェノールには血圧を下げ、体温を下げる働きがあるのですが、それに負けずに体を芯から温めてくれます。体の内側から温まることによって基礎代謝が上がり、痩せやすい体になります。
 

コーヒーバナナスムージー

飲み方

1杯あたり(150g)

カロリー

糖質量

ドリップ珈琲

150g

98kcal

10.3g

 

<作り方>

  1. ミキサーにアイスコーヒー、バナナ、氷、牛乳、コンデンスミルクを入れる
  2. ミキサーで混ぜる
  3. グラスに注ぐ

バナナはコーヒーに足りない栄養素を補います。実際に、このバナナシェイク1杯で炭水化物、ビタミン、カルシウム、カリウム、ポリフェノールが摂れてしまいます。
バナナが血糖値のバランスを整える効果もあるので空腹感が満たされます。バナナに含まれるカリウムは体内の余計な塩分を排出するのでむくみ防止にもなります。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る