WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

洗濯機の掃除はオキシクリーンでスッキリ!失敗しないやり方とコツを紹介

#洗濯機掃除 #洗濯槽 #オキシクリーン

xiexie..
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年7月2日更新

洗濯機には、衣類に付着していた汚れや石鹸のカスなどが蓄積します。しかも洗濯機内は湿度が高いので、これらのゴミをエサにして雑菌やカビが繁殖しやすい環境でもあります。今回は洗濯槽の汚れを一気に落とすため、「オキシクリーン」を使ったお掃除方法を写真付きで解説します。

洗剤を入れた水が毎日グルグル回っている洗濯機……汚れているはずがない!とお考えではありませんか?
その認識、実は大きな間違いなのです。

 

洗濯機には、衣類に付着していた汚れや石鹸のカスなどが蓄積します。しかも洗濯機内は湿度が高いので、これらのゴミをエサにして雑菌やカビが繁殖しやすい環境なのです
そのため、意識して掃除・お手入れをしなくてはなりません。

今回は洗濯機(洗濯槽)の汚れを一気に落とすため、「オキシクリーン」を使ったお掃除方法を写真付きで解説します。

オキシクリーンとは

“オキシ漬け”という言葉を耳にしたことはありませんか?
オキシクリーンという洗剤を使ってつけ置き洗いをする、という意味なのですが、「オキシクリーンって何?」「何をつけておくためのもの?」と疑問をお持ちの方もいるかと思います。


オキシクリーンとは、アメリカの家庭用品メーカーが販売している酸素系の漂白洗剤で、主成分は過炭酸ナトリウムです。主に衣類の黄ばみやシミを落とすのに使う洗剤で、除菌や消臭効果もあります。塩素系の漂白剤のような刺激臭もないですし、色柄物にも使えますよ。

商品のホームページを見ると、衣類の洗濯だけでなく、お風呂場や洗面所、床掃除などに使えるとあるので、1本持っているとさまざまな用途に使えますよ。

オキシクリーン 500g

¥465 (¥1 / g)

※価格は変動する可能性があります。

ちなみにこの商品には、アメリカ版と日本版があります。どちらも主成分は同じですが、アメリカ版には界面活性剤が配合されているため泡立ちが良く、日本版には入っていないので泡立ちはやや少なめですが、お肌や環境に優しい配合になっています。

アメリカ版の購入はネット通販などがおすすめです。日本版でしたら、ネット通販の他にもホームセンターやドラッグストアで取り扱いがありますので、比較的簡単に手に入れることができますよ。

今回は、日本版オキシクリーンを使って掃除方法を解説します

洗濯機の汚れにオキシクリーンが活躍する理由

洗濯機は実は汚れていると前述しましたが、洗濯機の汚れは大きく分けて次の5種類です。
 

・衣類に付着していた汚れ(食べカス、糸くずなど)
・石鹸(洗剤)のカス
・ほこり
・水あか
・カビ

これらの汚れを掃除するのに洗濯槽クリーナーを使用するのですが、市販の洗濯槽クリーナーには「塩素系クリーナー」と「酸素系クリーナー」の2種類があります。

塩素系クリーナー

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る