WEBOO[ウィーブー]

暮らしをつくる

油汚れが簡単に落ちるアルカリ電解水って?洗浄効果や使い方を解説

#掃除 #アルカリ電解水

coco203
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2020年5月19日更新

精密機器やぬいぐるみなどの水拭きできないもの、漆器、皮革類、絹製品、アルミ、銅、貴金属、ニス塗りの家具、メガネなどです。

アルカリ電解水は簡単にキレイにしてくれますが、コーティングを落としてしまう力もあります。
まずは、目立たない場所から素材が痛まないか、確認しながら使用するのがおすすめ。
直接肌に触れないように気をつけて、敏感肌の人や長時間使用する場合は手袋をつけて使います。

それでは次に、お掃除におすすめな使い方を実例とともにご紹介していきます。

アルカリ電解水を使えばこんな汚れが落とせる!

アルカリ電解水は、キッチンのお掃除に最適!

気をつけていても飛び散ってしまう油汚れ。コンロ周りや電子レンジ、冷蔵庫内のお掃除に最適です。
ヌルヌルしないから、さっと拭き取るだけで汚れが簡単に落ちてくれます。

今回は、実際にコンロの汚れをお掃除してみました。
たまたま手袋をしていたので、お掃除用のスポンジを使用していますが、ふきんなどの布製品など使いやすいものを選んでくださいね。

コンロのお掃除 Before→After

頑固な汚れには、パックがおすすめ

もし、軽く拭き取りしても落ちなければ、キッチンペーパーでパックしてみましょう。

実際に、電子レンジのパックをしてみました。
とても頑固そうな汚れだったので、今回はアルカリ電解水の希釈タイプ(原液)を使用しています。

あなたにおすすめ

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る
  • coco203

    うさぎ、DIYが好きです。ささっと家事ができるように、できるだけ物を増やさない暮らしを心掛けています。

    フォローする