WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

【最新版】リメイクシート活用アイデアと気になるデメリットは?

100均でもおなじみのリメイクシートは、家中どこにでも活躍の場が見いだせますが、気をつけるべきデメリットや注意点もあります。
この記事では、リメイクシートの活用アイデアと、注意すべきポイントについてご紹介していきます。 #リメイクシート

pariko
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年8月29日更新

インテリアに活躍するリメイクシート

100均リメイクシートは、貼るだけで、インテリアの模様替えや、手持ちのアイテムのイメチェンにと、大活躍するお助けツールです。

ちょこっとリメイクやDIYにと、すっかりおなじみとなった100均のリメイクシートですが、みなさんは活用しきれていますか?

今回は、リメイクシートの活用アイデアや、デメリット、その対策について詳しくお伝えしていきます。

筒型と折りたたみ型がある

リメイクシートは、ダイソー、セリア、キャンドゥ各社より展開されていますが、先行の筒型の他に、一部は折りたたみ型のシートとなっています。

シートの質感自体は、折りたたみ型のほうが筒型よりクォリティが高いものが多く、厚みもあり、よりリアルな質感を楽しめます。

折り目がつきやすいのが難点

ただ、折りたたみ型のリメイクシートは、ご想像のとおり、折りジワがついてしまうのが難点です。

上手に貼らないと、折り目がどうしても消せずにがっかりする仕上がりになることも。

防ぐためには、予め広げて重しをして伸ばしておく、ローラーなどを使って端からきっちりと丁寧に貼っていくことなどが有効なようです。
ローラーの代用として定規などを使用する手もあります。

キッチンで使えるリメイクシート活用アイデア

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。

    フォローする