WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

そろそろ家を買いたい!新築戸建を見学するときのポイントは?

そろそろ家の購入を検討するようになり、とりあえず新築戸建を見学してみようと予約の電話を入れる。

あれ・・・家を見学するときってなんか準備するものある?
どんなところに気を付けて見学したらいいんだろう?
そんな疑問を解消します。 #住まい #新築戸建

aitera
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年7月23日更新

見学する際に準備しておくこと

①どんな生活がしたいか、予算なども含めてイメージしておく

家に求める条件は何でしょうか。
どんな家がいいか、どんな暮らしがしたいか、月々の支払いはどの程度にしたいか・・・等。
家を見てからイメージできることもあるかと思いますが、大まかにどんな生活がしたいか、
夫婦でイメージを共有してから見学にいくと良いでしょう。

③写真やメモなどできるものを。そして汚れてもいい服装で!

間取りなど簡易的な資料しかもらえない場合もあるため、何件が家を見学する場合には、「この家はどうだったっけ・・・」とわからなくなってしまうことも。
スマホやデジカメで写真を撮っておくと、後で振り返りする際に便利です。
また配置する家具家電等が決まっている場合や、何度も見学に行かないで引っ越しまでスムーズにしたい場合は、メジャーを持って行って収納スペースなどの寸法を測るということも視野に入れておくと良いでしょう。
また、稀ではありますがその家の建築状況に応じて、まだ完成しておらず養生が貼ってある場合もあります。
そういった時に備えて汚れてもいい服装で行くと安心でしょう。
 

見学する時のポイント

①導線や収納など、生活のイメージができる間取りかどうか?

モデルハウス等では家具が設置されており暮らしがイメージしやすいですが、
新築戸建の家を見学するとなると、何も無くまっさらな状態であることが多いです。
そのため、なかなかイメージしづらいですが、どの部屋を何の部屋にするか、どこに何を設置するか、どこに何を収納するのか、生活の導線をイメージすると、この家が自分達の生活に合っているのか判断しやすくなります。

リビングダイニング

家族の生活の拠点となる大事なスペースです。
ダイニングテーブル、テレビ、ソファーやカーペットなどをどのように置くかイメージすると良いでしょう。
また、見逃しがちですがリビングの収納スペースはとても重要です。
一番多くの時間を過ごす生活の拠点なので、どんな収納スペースがあるのかチェックしましょう。
収納がない場合は、どのように何の収納場所を確保するか(カラーボックスを設置したり、カウンターを作ってカウンター下収納を作るなど)検討すると良いでしょう。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • aitera

    0歳女の子と3歳怪獣男児の母。 2019.3~注文住宅にてマイホームライフ開始。 マイホームについてのご...

    フォローする