WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

サテンステッチの基本とコツ!キャラクターや花を刺繍しよう

サテンステッチは数あるステッチの中でも、最も刺繍らしく1番最初に思い浮かべる人も多いかと思います。
しかし、いざ刺してみると、広い面をきれいに刺すのは思いのほか難しい上級者向けのステッチです。
それでも、コツを押さえて練習すれば、簡単に上達し、作品の質もグッとアップできます。
#ステッチ #刺繍 #キャラクター

エダユカ
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年5月23日更新

サテンステッチとは

サテンステッチは面を埋めるステッチです。最初に刺した糸と平行に刺し進めていきます。

図案の端から端まで糸が渡るので、小さい図案向けです。大きい図案にはロングアンドショートステッチを使います。
 

サテンステッチの刺し方

まずは動画で、サテンステッチの刺し方を確認しましょう。

こちらのYouTubeは

nihonvogueさんの
刺しゅうの基本 サテンステッチ | 手づくりタウン|日本ヴォーグ社

です。

サテンステッチを刺す手順が、わかりやすく説明されています。

サテンステッチの刺し方

それでは、サテンステッチの刺し方を、順を追って説明していきます。
サテンステッチは基本的に、図案の幅の広いところ中心から刺し始めます。

①から針を出し②に針を入れ、③から針を出し④に針を入れます。

④に針を入れた後、糸を裏に引くとき左手で表の糸を少し押さえてやると、たるんだりしにくくなります。

また、糸の本数が多いと、6本どりのうち1本がたるむというようなことが起こりやすくなります。糸をきれいに引くように注意しましょう。

そのまま③と④を繰り返し、図案の端まで刺し進めます。
  • 図案の線の上を刺す
  • 糸を平行に並べるように刺す
ことに気をつけて刺していきましょう。

また、初心者さんは、②と③を針を一気に通して刺さず、1針1針刺していく方がきれいで、早く仕上がります。

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • エダユカ

    40代の主婦です。主婦歴も15年を超えました。ケ セラ セラと毎日楽しく生きることがモットーです♪

    フォローする