WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

家事の時短テクニック ズボラな私にもできる洗濯のコツとは?

洗濯には、意外と時間や手間がかかりますよね?毎日のことだから、うんざりしてしまうことも。そこで、ズボラな私にでもできた、「洗濯の時間や手間を少なくするコツ」を紹介します #家事 #時短 #洗濯

tagunari
フォローする
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

2019年1月17日更新

洗い方のコツは、水の量と洗剤の種類

洗い方は、水の量と洗剤の種類を選ぶことがコツ。水の量と洗剤の種類を変えるだけで、洗濯の時間と手間が少なくなりますよ!

「おいそぎ」設定で、水の量を減らす

洗濯機をまわす時には、「おいそぎモード」に設定を変えると、洗濯時間を約半分にできます。

何も設定を変えたことがない洗濯機は、下の写真のように、「標準モード」になっています。
「標準モード」での洗濯は、1回に40分かかります。洗い、すすぎ2回、脱水と、結構時間がかかりますよね?

そこで、洗濯機の「標準モード」を、「おいそぎモード」に、変えてみます。洗濯コースを選ぶボタンを押してみると、「おいそぎ」モードに、設定を変更できますよ。

すると、こうなります。
「おいそぎモード」では、すすぎの回数が1回に減るので、洗濯時間が15分も、短くなりました。

忙しい朝、早く寝たい夜。どちらにしても、早く洗うには、「おいそぎモード」がおすすめです。
 

ボール状洗剤すると、手間が減る

ボール状洗剤を使うと、洗濯の手間が少なくなります。

液体や粉末の洗剤は、フタを開け閉めしたり、こぼさないように気をつかったり。結構、面倒ですよね?そんな面倒を解決するには、コチラ!

この記事に関連するキーワード

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

関連記事

あなたにおすすめ

  • tagunari

    家事歴15年。主夫・webライター。節約と時短が好き。「安さ」と「効率」ならおまかせ。

    フォローする