WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

Vol.1ハンドメイド作家・Mindyさん〜海辺のほとりでアクセサリー作り

ハンドメイド作家さんにフォーカスする、連載1回目は自然をテーマにしたエスニック調のアクセサリーを、インスタグラムで発表・販売しているMindyさん。日々の暮らしの中から、どのようにして個性的なデザインが生まれて来るのか、作品作りのこだわりや楽しみについて、お話を聞いてみました。

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.9.8 / 作成:2018.8.9

海をモチーフにしたピアスやネックレス

どのようなきっかけで作品作りを始めたのですか?

元々ピアスが大好きでした。夫がサーフィンをしているので、ビーチで長い時間を過ごすうちに、貝 がらやシーグラスを見つけ、最初は本当に軽い気持ちで作ってみようと思ったのがきっかけです。自分でも派手めで個性的なピアスを好んで身につけていて、同じように他では売ってないものを求めている人も居るのかなと作り始めました。
作っているうちに、海のイメージにエスニックテイストをプ ラスした、自分らしい形が固まって来たかもしれませんね。

シーグラスは海からのおくりもの

よく使っている素材のシーグラスについて教えてください。

海に捨てられたガラスが波で削られて丸みをおびたものです。シーグラスだけではなく、シー陶器もあります。ある人から見たら、ただのゴミなのに、ひとつとして同じ形がないところが魅力的で、私にとってはとてもワクワク・キュンキュンする存在。地元だけではなく、旅行先などのいろいろな海に行って探します。意外とどこにでも落ちているものではなく、天候や塩の満引きによって全くない場合もあります。よく落ちている場所は、誰にも教えたくないシークレットスポットとして秘密にし ているんです。

自然が教えてくれたたいせつなこと

作品を作る上で大事にしていることはなんですか?

シーグラスだけではなく、貝がらも少し欠けてたりするところに人工的ではない良さがあり、よく使 う素材です。ビーズは1つ1つ違う形のものが好きで、バリで仕入れたものや、パーツクラブさんの ボヘミアンビーズなどを使っています。そういう素材を使うことで、工場で大量生産されるのではな く、人が時間と手間をかけて作ったこの世に1つしかないアクセサリーを作りたいと思っています。 海辺に住んでいるので、どうしても都会的なデザインよりも、自然の土っぽさが感じられるテイスト になります。例えばシーグラスを使うにしても、ワイヤーのみでシンプルでスタイリッシュに作られ ているものもあります。私は、あえて革素材などを合わせることでMindyらしさをプラスしています。

仕事としてのものづくり

作品を販売することで大変だなと思ったことはありますか?

色や形を指定してオーダーメイドで作って欲しいと言われることもあり、それはそれでうれしいことですが、とても難しいですね。普段からその時のフィーリングでどんどん色や形を考えながら作って いるので、相手の方が求めているものを作らなければと思うと色使いや配置などに非常に悩みます。 どんなものが欲しいのか、できるだけ細かくイメージを伝えて頂くか、配置や色の数が多少違ってい ても良いと言われるとありがたいです。
作品作りは、窓際にある夫が作ってくれた手作りの机の上で行っています。ドリルを使う作業は、ま だ娘が小さいので居ないときを見計らって。作業場には、貝がらやシーグラスなどを色や形別に分け て木のお皿に入れて並べておき、そこから取り出して何にしようかとワクワクしながら作っています。

これからのこと

今後なにか新しいことをスタートする予定はありますか?

今は出来上がったものを近所の委託販売のお店に卸しています。インスタグラムでも注文を請けるこ ともありますが、将来はホームページを作ってネット販売ができたら良いなと思っています。自分の楽しみで始まったことだし、それで生活できるのは憧れですが、そのためにはもっと技術も磨きたい です。ものづくりはずっと年を取ってもできることなので、海辺か山小屋なのか分からないけれど、 自然がいっぱいの場所にアトリエを持って、ライフスタイルとしてアクセサリー作りを楽しんでいきたいと思っています。

mindyさんのエスニック風ピアス

針と糸で丸小ビーズを通しながら編み、耳元でゆらゆら揺れる素敵なピアスができあがりました。色合いはアースカラーと海の色が混じり合った自然の色合いたっぷりのエスニック調。夏の終わりから秋にかけてのおしゃれにぴったりですね。丸小ビーズは、パーツクラブさんのボヘミアンシードビーズを使用しています。

エスニック調ピアスの作り方

材料と用具

ボヘミアンシードビーズ A色(左 薄茶 ・ 中央 赤 ・ 左 黄)………14個
ボヘミアンシードビーズ B色(左 青 ・ 中央 白 ・ 左 水色)………約180個
ピアス(デザインフック)金具(ロジウム)………1組
ビーズ糸(ナチュラル)………1巻
ビーズ針、はさみ

作り方

1. スタート★にストッパービーズを付け、ブリックステッチで1段目(2×7列)を編む。
2. 2段目は、ビーズとビーズの間にかかった糸をすくいながら、2×6列編む。
3. 同様に1列ずつ減らしながら、最後は3×2列編みながら、ピアス金具を付ける。
4. スタート★のストッパービーズを外し、15〜30個ずつ1列にビーズを通し、いちばん下でターンして次の列を同様に通す。途中で糸がなくなったら、継ぎ足しながら通す。
5. 最後は、糸を上の三角形の部分で数回ターンし、玉結びをして、さらに数回ターンして糸を切る。

ブリックステッチの編み方(参考例)

写真提供:Mindy
取材・編集:佐々木純子(craft-ark)
 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.9.8 / 作成:2018.8.9