WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

簡単リメイクで夏準備♪涼しげ「メイソンジャーランプ」の作り方

今回は、メイソンジャーをリメイクして、ペンダントタイプの「ランプ」を作ります。こちらは100均の材料2つで出来るお手軽さ。キラキラと涼しげに光るランプは、爽やかに過ごしたいこれからの季節にもピッタリ。夏本番まであと少し。簡単DIYで、あなたも今から夏の準備をしてみませんか? #メイソンジャー #ランプ

2018.6.14

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.6.14 / 作成:2018.6.13

【材料・道具】

  • メイソンジャー(今回はセリアのPETタイプ。広口)
  • LEDペンダントライト(今回はダイソーのもの)
  • ビニールテープ

道具

  • ハンマー
  • ペンチ
  • ビニールテープ
  • はさみ
  • 直径約4.5㎝の円が書けるもの(ふたなど)
  • マジック

①蓋に円を描く

蓋などを利用し、ライトのソケットが通るくらいの円を描きます。

②釘で穴を開ける

蓋の下に板を置き、描いた円に沿って釘を打ちながら穴を開けていきます。

こんな方法も

板がない、という場合はこんな方法も。蓋を伏せて置き、表に同様に円を書きます。その後につまみ付きの画鋲で穴を開けていきます。こちらの蓋はやわらかめの金属なので、この方法ならカンタンに穴が開きますよ♪

今回は画鋲で開けてみました。表側がキレイに仕上がるのでおススメです♪

③ペンチで円状にカットする

開けた穴にペンチを入れて、円状にカットしていきます。

【ポイント】
穴にペンチの先を垂直に入れ、間をカットするようにするとやり易いですよ♪

カット出来ました。

④端の処理をする

めくれた部分はけがをしないように、下に板を当ててハンマーで叩きつぶしておきます。

⑤サイズを合わせる

穴が開いたらサイズを確認しておきます。ソケットがスポッと入り、少し隙間が空く程度が理想。

サイズが小さい場合は

画像のように蓋を縦に持ち、ハンマーで少しずつ広げていきます。広げたらめくれた部分はつぶしておきます。(後でテープを貼るので、貼れる程度でOK。)

穴が少し広がりました。

⑥印をつける

ソケットに蓋を通し、中の電球が好みの長さになるように調整し、印をつけます。

⑦蓋の切り口にテープを貼る

粘着面が表を向くよう、開けた穴に沿ってテープを貼り、切り込みを入れて貼っていきます。裏も同様に行います。

⑧ソケットの位置を決める

ソケットを蓋に差し込み、好みに合わせて位置を決め印をつけます。

⑨ビニールテープを貼る

【電池部分の蓋以外の周囲】をビニールテープで貼ります。【蓋の穴に入れた時ソケットが抜けない厚みまで】数枚貼ります。テープは、印に対し上下の長さが均等になるように貼りましょう。※画像のようにソケットの端に合わせて貼ると簡単ですよ♪

※ソケットの色に合わせてビニールテープを用意しておくと、見た目が揃っていいですよ♪

さらに安心♪

ビニールテープの中心に輪ゴムを巻き、その上に同様にビニールテープをしっかり貼り、電池部分のふたの上のゴムをカットします。

このようにしておくと、ソケットを差し込んだ時に突起部分ができ、ストッパーの役目を果たしてくれます。ひと手間ですが、安全性が高まるのでおススメです♪

⑩電池を入れて蓋に通す

電池を入れて蓋に通し、しっかりと差し込みます。

ソケットを引っ張っても抜けないくらい、しっかりとはめ込みましょう。画像のようにソケットを瓶の蓋にはめてしまっても、電池部分の蓋が開閉するので電池の入れ替えもラクですよ♪

⑫完成です☆

材料が二つだけなのに、オシャレな「メイソンジャーランプ」が簡単に完成しました。なんだかおうちカフェを楽しみたくなる気分。今回はPET素材なので軽くて安心。電源も乾電池なので気軽に使えそうです♪

アレンジ☆

完成した作品を使って、これからの季節にピッタリなランプにアレンジしてみましょう。

【材料・道具】
・メイソンジャーランプ
・お好みのインテリアグラス(クラッシュタイプがおススメ)

容器の中に、青色→緑系→クリアの順にインテリアグラスを入れていきます。蓋を閉めれば完成♪

キラキラ夏仕様ランプの完成♪

クラッシュガラスがなんとも涼しげな、「メイソンジャーランプ」が完成しました。海の中のような、透明感のあるブルーのグラデーションが涼しさを呼びます。インテリアガラスは重みがありますが、しっかりとストッパーを作っているので安心です。夏が終わればガラスを出すだけ。季節によって入れるものを変えても楽しそうですね♪

ポイント

今回のポイントは「蓋に穴を開ける」です。こちらのメイソンジャーの蓋は、やわらかめの金属なので画鋲でも穴が開けられます。品物によって違いますが、確認してみて出来るようであれば、手軽に出来る方法なのでおススメです。つまみがある画鋲を使うとやり易いですよ♪あと、最初から穴のサイズを合わせるのはなかなか難しいので、少しずつ広げながら行うといいですね。
「収納や保管用だけで、他に使い道がなくて…。」と、気付けば奥にしまったままになっているメイソンジャー。もしも家の中にそんなメイソンジャーがあったら、ぜひこのお手軽DIYで復活させてみて下さいね♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • and_me

    はじめまして。身近な100均材料を使う簡単なDIYが好きです。