WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

賃貸でもできる!おしゃれなタンクレス風トイレをDIYしよう

やたらと存在感のあるトイレタンクを、上手に隠してお洒落なタンクレス風トイレをDIYされる方が増えています。
賃貸でも原状復帰可能なタンクレス風トイレDIYのやり方、作り方についてお伝えしていきます。 #賃貸 #トイレ

2018.5.14

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.5.14 / 作成:2018.5.11

おしゃれなタンクレスに憧れる

トイレの収納を見直したり、日頃の掃除をきちんと心がけていても、いまひとつ垢抜けない雰囲気でモヤモヤする・・・

その原因は、もしかしたら、存在感のあるその大きなトイレタンクかもしれません。
水を貯めておくトイレタンクがなく、直接水を流す構造の『タンクレストイレ』。
外観をおしゃれにすっきりと保てる上に、掃除をする手間も軽減されるのが魅力です。

ただ、今あるトイレをタンクレストイレに付け替えるというのは大掛かりな工事にもなり、ちょっとそこまでは・・・と躊躇してしまいますよね。

そこでおすすめなのが、今のトイレを『タンクレス風』に見せるDIY!
賃貸でも原状復帰可能なアイデアがいっぱいあって、その上、収納を増やすことにもつながるので、人気となっています。

100均でタンクレス風トイレDIY

ほぼ100均で揃えられた材料でも、こんなに素敵なタンクレス風トイレをDIYすることは可能です。

トイレタンクを隠す方法は、こちらのように、上から木板などを利用して作った囲いを取り付けて見えなくしてしまう、という発想のものが多いようです。

こちらのDIYでは、白い板壁風のリメイクシートがマリン風でとてもお洒落ですよね。

リメイクシートで雰囲気を変える

レンガ風のリメイクシートを使うと、高級感も出てまたぐっと雰囲気が変わりますね!

お好みのインテリアに合わせて、壁紙やリメイクシートを貼り替えるだけでイメチェンもできるのはとても便利です。
こちらもほぼ100均で作られたタンクレストイレ風DIYですね。

タンクレス風トイレのDIYは、しっかり作り込もうとすると凹凸部分の加工に手間がかかったりして、意外と難しさを感じられる方も多いようなのですが、こちらのように、ウレタンボードなどを使用して、最低限タンク部分が隠れるようなカバーを作るようにすると、比較的簡単に作れます。

ダイソーのカラーボード

出典 

ウレタンボードというのは、ダイソーで販売されている『カラーボード』のような発泡スチロール素材の工作用ボードのことです。

軽くて加工も簡単なので、女性や初心者の方でも扱いやすい素材です。
強度がほしい場合には不向きとなりますが、トイレタンクを隠せるカバーとして使いたい場合にはとても便利です。

タンクレストイレ風DIYのやり方・作り方

出典 

それでは、タンクレストイレ風DIYについて、基本の作り方をお伝えいたします。

こちらは、ダイソーのカラーボードとプラスチック段ボール、骨組みとする木材、リメイクシートを使って作られたタンクレストイレ風の実例です。

どれも100均やホームセンターで手に入る材料ですので、揃えやすいのがいいですね。

1.設計して、骨組みを作る

まずは、自宅のトイレの採寸です。
画像のような骨組みを角材で組めるよう、きちんと設計図を作ります。
そして、設計図の通りに角材をカットし、組み立てます。

ここの作業をしっかりやっておくと、後の作業が楽になりますのでがんばりましょう。

2.前面に張る部分をカラーボードで作る

出典 

トイレタンクの前面に張る部分を、このようにカラーボードで作ります。
水洗用レバーのある場所には、きちんと穴を開けておくのを忘れずに。

こちらのDIYでは、レバー用の窓には100均フォトフレームを使用されていますので、その大きさに穴を開けておくといいです。

3.本体にカラーボードを張る

出典 

カラーボードに、お好みのリメイクシートを貼って装飾してから、トイレ本体に設置します。
レバーの小窓の部分は、プラスチック段ボールを使って、中に小さな部屋ができるよう加工されています。
フォトフレームがなかなかいい仕事をしていますね。
 

4.天板部分も、カラーボードとリメイクシートで作る

出典 

天板部分のサイズにカットしたカラーボードを、お好みのデザインのリメイクシートでくるむように装飾します。
その後、本体の上に取り付けて完成です。

基本的な流れは、だいたいこのようになります。
あとは、アレンジ次第で、カラーボードではなくしっかりした木材を使用したり、すのこを使ったり、素材も自由自在です。

トイレタンクに手洗いが付いている場合

トイレタンクの上部分に手洗いが付いている場合もありますよね。

そんな場合も、こちらのように天板部分にちょうどいい形の穴を開ければ大丈夫です。
フェイクグリーンなどを這わせて装飾すれば、段差を隠すのにもいいですね。

100均アイテムだけで簡単に作る方法も!

タンクレス風トイレのDIYは、骨組みを作る部分が結構たいへんに感じられる方も多いかもしれませんね。

こちらの動画では、100均のワイヤーネットとつっぱり棒をうまく活用して骨組み部分を作られています。
なるべく手間をかけずに気軽に作れそうなのがとても魅力的ですね!

おしゃれなタンクレス風トイレDIY実例

ブラックタイルと古材風の天板の組み合わせがお洒落

出典 

カラーボードとリメイクシートで簡単に作っても素敵なDIYは可能ですが、更にワンランク上を目指したい方は、こちらのようにきちんと木材を加工して作ると本格的な仕上がりになります。

古材のような風合いの天板が、壁のブラックタイルとも相性が抜群で落ち着きもあり、とても居心地がよさそうなインテリアとなっていますね。

全体を隠さなくてもここまでお洒落に

出典 

トイレタンクのある空間全体を覆い隠そうとすると、加工が大掛かりになるイメージもあって、なかなか手が出ない場合もありますよね。

こちらのDIY実例では、タンクの前面をナチュラルな木板で隠し、上部に天板を設けるという簡素な作りながら、コーナーに棚板を設置して収納も増やしつつ、とてもすっきりした見た目のタンクレス風トイレを作り上げられています。

壁を爽やかな水色にカラーリングされているのもポイントが高いですね。
ぜひお手本にしたいです。

まとめ

いかがでしたか。

流行のタンクレス風トイレDIYは、一見大掛かりで難しそうですが、工夫次第でなるべく手間を減らしつつ、かつお洒落に作り上げるのも可能です。

必要なのはやる気だけ!ぜひ挑戦してみてくださいね。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。