WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

突っ張り棒を大活用!お部屋の厳選アイデア集

クローゼットや棚などで便利に使えるつっぱり棒ですが、たまに重みで落ちてしまうのが玉に瑕・・・
支えを上手に取り入れたり、強力な突っ張り棒を使うことで解決できます。
お部屋のいたるところで、つっぱり棒を上手に活用するための厳選アイデアをまとめました! #突っ張り棒 #収納

2018.3.26

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.26 / 作成:2018.3.23

突っ張り棒が落ちる時は?

クローゼット収納などで便利に使えるつっぱり棒!

洋服の収納はつっぱり棒で、という方もいっぱいいらっしゃいますよね。
押入れの中で洋服などをハンギングするのに使ったり、壁と壁の間にうまく渡して使われている方も多いはず。
ただ、便利なつっぱり棒にもやっぱり弱点が。
ネジなどで固定しているわけではないので、何らかの理由で落下する場合も!
こんな光景を目の当たりにしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
せっかく便利な道具も、うまく使いこなせないと、ストレスの元になるだけです。
つっぱり棒が落ちてしまう時には、必ずその原因があります。

ここでその原因と対策についてひとつずつ見ていきましょう!

1.取り付け方を確認

100均などでも販売されている、バネ式のつっぱり棒は、多くの方が使ったことがあると思われますが、正しく取り付けられている方は少ないそうです。

バネ式つっぱり棒は、まず、取り付けたい場所よりも長めに長さを調節し、バネの力で押し込みながら設置する。

こうすることで、表記されている耐荷重の範囲内ならまず落ちなくなります。

2.支えをうまく活用する

ささえポール

つっぱり棒が耐荷重ギリギリで不安という方のために、様々な補助アイテムが販売されています。

こちらは、つっぱり棒を下から支える柱を追加するための『強力ささえポール』です。
長いつっぱり棒を使いたい時など、落ちないか心配になりがちだから、こうしたアイテムがあると安心ですね!

フォトフレームで支える

こちらは、突っ張り棒2本を安定させるために、下に100均セリアのフォトフレームを入れている活用実例です。

これなら、物理的に下から支えられているので、かなりの安定感が期待できますね!
フォトフレームの他にも、100均ワイヤーネットなども支え及び収納として使えますのでオススメです。

100均の耐震マット

下から支えるのではなく、つっぱり棒を噛ませる部分をもっとしっかり支える、という発想です。

つっぱり棒を取り付けるときに、壁にそのまま付けるのではなく、間に100均の耐震マットを噛ませることで、つっぱり棒が滑らないようにします。

たったこれだけのことなのですが、なかなか落ちにくくなるようですよ。

耐荷重を増やせるアイテムも

こちらは、手持ちのつっぱり棒にセットして使える、『突っ張り棒が落ちない君』です。
ホチキスで壁付けすることができるので、極力穴を開けたくない方にも安心。

こちらを使うことで、耐荷重が低めの100均つっぱり棒でも、安心して荷物を乗せることが可能になってきますね。

3.これなら安心!強力なつっぱり棒

ニトリの強力つっぱりポール

ニトリで販売されている、ジャッキ式の強力つっぱりポールです。
ジャッキ式は、ホームセンターなどでも様々な商品を見つけられますが、バネが内蔵されており、強力なジャッキで圧着固定されるので、かなりしっかりと安定感ある設置ができます。

ニトリの強力つっぱりポールは、しっかりしている上に、お値段も他店に比べてお安いと人気です。

突っ張り棒で玄関収納

靴を立てて収納

狭い玄関では、収納スペースの確保が課題となりがちですが、普段使いの靴を使いやすくすっきり収納するために、突っ張り棒が便利に使えます。

こちらのように、壁際に突っ張り棒を設置し、そこに靴を立てて収納することで、随分玄関が広く使えますよね。

傘立てスペースを作る

デッドスペースに突っ張り棒を張って、こちらのように傘を収納することも可能になります。
傘立てを置くよりも省スペースで、片付けも簡単です。

バスルーム・洗面台

洗面台下に棚を作る

こちら、洗面台下の収納スペースで、下には無印良品のファイルボックスを入れ、上の空いたスペースには突っ張り棒を渡して、カゴを入れる棚のような役割で使われています。

突っ張り棒で作られる棚は、2本を手前と奥に渡して、そこに入るカゴを設置すればそれだけでもOK。
場合によっては、上に板などを乗せると自由度が増します。

こちらはセリアのカトレケースを使い、軽めの小物を分類収納されているようですね。
全体的に清潔感があり、すっきりした収納になっていて使い勝手がよさそうです。

洗濯機上のスペースで

洗濯機上のデッドスペースとなりがちな場所に突っ張り棒を渡して、スプレーボトルを引っ掛けて収納されています。

また、無印良品のはさめるクリップを活用して、歯磨き粉もハンギング。
洗面所のスペースを無駄なく活用できるアイデアです。

バスマットの定位置

使い終わったバスマットを、このようにドアに渡した突っ張り棒で掛けて干しておけば、衛生面もばっちりで常に快適に使えますね!

気軽につけ外しできる突っ張り棒ならではのアイデアです。

洗濯機の中に・・・

こちらは面白いアイデアです!
洗濯機の中に渡した1本の突っ張り棒。そこに、まだ乾いていないタオルや布巾などを掛けられています。

湿ったまま洗濯カゴに放り込んでおくと、カビの発生などが心配な場合もありますよね。
こうして洗濯までの間になるべく乾燥させておけば、清潔に管理することができます。

奥行きの調節に

洗面台下の収納で、突っ張り棒をハンギング収納や棚収納として便利に使うアイデアはよく見ますが、こちらは、それとはちょっと異なる使い方をされています。

左側にある無印良品の引き出し収納を、洗面台下収納庫として使われているそうなのですが、そのままだと奥行きが微妙に浅くて引き出しが使いづらかったとのこと。

奥に突っ張り棒を設置することで引き出しの奥行きを調節することができ、使い勝手が向上したそうです。

突っ張り棒の使い道は、工夫次第でいろいろ広がりますね!

キッチン

シンク下収納

出典 

こちらは、広いスペースで物がごちゃつきがちなシンク下の引き出しで、つっぱり棒を使って仕切りを作られているアイデア実例です。

ボウルやザルをひとつずつ取り出しやすく収納されているので、使う時、片付ける時にストレスになりません。

同じように、鍋やフライパンなどを収納するのもいいですね。

冷蔵庫内にちょい置きスペース

こちらは、冷蔵庫内につっぱり棒を渡して、そこにピザなどをちょい置きできるスペースを作られている活用アイデア実例です。

つっぱり棒は付け外しも楽々なので、必要なときにだけ設置することもできるのがいいですね。

ゴミ袋収納

キッチンで困りがちなゴミ袋収納を、突っ張り棒でお悩み解消されている実例です。
突っ張り棒に掛けておくことで、見た目もすっきり、使いやすい環境となっていますね。

突っ張り棒を設置できない場所では、こちらのように粘着フックを利用するという手もあり、そちらも参考になります。

押入れ

つっぱり棒で子ども服収納

散らかりがちなお子さんの上着を収納するために、押し入れにつっぱり棒を設置されている実例です。
この高さなら、お子さんが自分で片付けするのも楽々なのがいいですね。

奥に設置された棚も突っ張り式でしょうか。白いボックスを上に乗せられていて、とても使い勝手がよさそうで、空間の使い方が参考になりますね。

クローゼット

二段収納

クローゼットで子ども服や丈の短い服を収納しようと思うと、下のスペースが余ることもありますよね。
その場合、こちらのように、下に突っ張り棒を張って、二段収納にするのもオススメです。

下の突っ張り棒収納は、子どもの手も届きやすいので、普段使いの子ども服を掛けておくと便利です。

側面に突っ張り棒+フック

クローゼット側面に、突っ張り棒を張ってフックを掛けます。
これで、デッドスペースを活用して帽子やバッグ、ベルトなどのファッションアイテムを収納できるスペースが作れます。

ちょっとの手間で、劇的に収納が楽になりそうなアイデアです。

トイレ

突っ張り棒+板で

100均の突っ張り棒と木板を使って、トイレのデッドスペースに掃除道具収納スペースを作られています。

こうして収納することで、床置きしなくて済むようになり、掃除がしやすくなるのが利点ですね。
とてもすっきり衛生的に使えるのが嬉しいです。

カフェカーテンを設置

突っ張り棒を使って、窓にカーテンを張るのも素敵ですね。

こちらのように、二重にカフェカーテンを設置することで、お洒落な空間を演出することも可能になります。

突っ張り棒+カーテンクリップで

こちらは、突っ張り棒とカーテンクリップで、ウインドオーニングを西日対策用カーテンとして設置されています。

どの材料もセリアで調達されたそうなので、かかった費用は300円!
機能的でおしゃれなカーテンが、たったこれだけの費用で設置できるのは嬉しいですよね。

ベランダ

つっぱり式オーニング

ベランダで日よけに使えるつっぱり式オーニングのような商品もあります。

かなりしっかり安定して設置できる上に、物干し竿としての機能もある場合もあるので、とても便利に使えますね。

他にもある!デッドスペースにその他のアレンジ

カウンターに棚を設置

カウンター下に、ノートパソコンを収納できる棚を、つっぱり棒で設置されている実例です。
こちらは、つっぱり棒にはめると棚になるというアイデアグッズを使われているそうで、ダイソー商品のようです。

ノートパソコンを入れるなら、間違っても落下はさせたくないですが、耐震マットを噛ませて設置する方法で、安定させられています。

これはスマートで真似してみたくなるアイデアですね。

帽子掛けとして

子ども用のランドセル置き場で、突っ張り棒を帽子掛けとして使用されている実例です。
子ども用お出かけアイテムが集中して収納されていて、子どもも片付けしやすいし、とても使いやすそうなスペースになっていますね!

帽子掛けは、大人も使えるアイデアなので、参考になります。

テーブル下にハンモック

テーブル下につっぱり棒を2本渡し、間に布をたわませて、そこにティッシュボックスを収納されているアイデア実例です。

つっぱり棒で、ティッシュボックスを逆さまに設置するアイデアもいいのですが、その方法だとティッシュを引き出すときにつっぱり棒が落下してしまう、というお悩みをお持ちの方も。

この方法だと、つっぱり棒に負荷がかかることもないので、落下する心配も随分軽減されそうです。

突っ張り棒+はさめるクリップで

突っ張り棒にはさめるクリップを取り付けることで、ここにスマホを挟んでおくと、キッチンなどでの作業中にもテレビや動画を鑑賞することが可能になります。

はさめるクリップは、無印良品の人気アイテムですが、100均セリアにも同様なアイテムが展開されています。

突っ張り棒+ブックエンドで棚作り

こちらの突っ張り棒アイデアもなかなかおもしろいです!

洗面所に突っ張り棒を設置し、そこにブックエンドを差し込んで棚とされています。
上に乗せられているのはゴミ箱です。
床置きすると掃除の時などにストレスになりがちですが、これで清潔感がキープできています。

何より、棚の作り方アイデアが簡単で秀逸ですね!

つっぱり棒、もっと便利に使いこなそう!

いかがでしたか。
シンプルな形状なので、アイデア次第で無限に使い道が広がるつっぱり棒。
みなさん、十分に活用して、とても便利に使いこなされていますね!

おうちにあるあのデッドスペース、つっぱり棒で何とかなるかもしれません!
ぜひみなさんも突っ張り棒を存分に使いまわしてみてくださいね♪

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。