WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

生花のようなクオリティ!アーティフィシャルフラワーがすごい!

アーティフィシャルフラワーって何?造花とは違うの?
最近よく聞かれるアーティフィシャルフラワーについて、その魅力や使い方、注意点などについて調べてみました。 #花

2018.3.5

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.5 / 作成:2018.3.1

アーティフィシャルフラワーって聞いたことがありますか?
最近、インテリアディスプレイやイベント時などに使われることの多いアーティフィシャルフラワー。

今回は、その使い方や活用方法、美しく飾るためのポイントなどについてお伝えします。

アーティフィシャルフラワーって何?

アーティフィシャルフラワーとは、一言で言うと、「高品質な造花」のことです。

プリザーブトフラワーやフレッシュな生花とは異なり、その素材は全て作り物。
しかし、限りなく生花のクォリティに近づけて、むしろ生花では出せないような美しさをも追求して作られた造花です。
ハイクォリティな造花というと、もともと「アートフラワー」「シルクフラワー」といった名称で親しまれていたものがあるのですが、それらを統一した名称にしようと「アーティフィシャルフラワー」という呼び名が生み出されたそうです。
アーティフィシャルフラワーと、一般的な「造花」との違いは、その精緻なまでに造り込まれた造形美、本物に迫ったリアリティ、高い芸術性にあります。

昔ながらの造花が、近くで見るといかにも作り物であるのに対し、アーティフィシャルフラワーは、間近に見てもその繊細な美しさを楽しめることから、インテリアへのディスプレイにもよく活用されています。

アーティフィシャルフラワーの魅力

お手入れが楽!

おうちをお花で飾ると場が華やぎ、気分も上向きになりますが、毎日水やりが欠かせなかったり、品種によってお手入れの仕方が違っていたりと、面倒に感じられる場合もありますよね。

アーティフィシャルフラワーなら、そんな面倒なお手入れの心配は一切なし!
造花なので、花の鮮度が落ちる心配なく、フラワーディスプレイを楽しめます。

アレンジも自由自在に!

特別なセレモニー用のコサージュや髪飾りなどに、生花を使うことは人気がありますが、生花をアレンジした場合、どうしても給水が困難となることなどから寿命が短くなり、本当に限られた時間しか楽しむことができません。

アーティフィシャルフラワーなら、生花に近い美しさを表現しつつもより長くその造形美を楽しむこともでき、また、茎を折ったり曲げたりのアレンジも自由自在なので、表現の幅が広がります。

アーティフィシャルフラワーのお手入れの注意点、デメリットとは?

飾りっぱなしでもホコリには気をつけて

水やりなどのお手入れ不要とは言え、長らくそのままで放置していると、気になってくるのが降り積もるホコリです。

ホコリをかぶったままにしておくと、せっかくの美しさが台無しですので、定期的にはたきをかけるなどのホコリ対策が必要です。

直射日光を嫌う素材もある

アーティフィシャルフラワーを構成する素材には、直射日光によって褪色してしまったり品質が劣化してしまうものもあります。

素材によって直射日光を避けるなど、適した管理を行いましょう。

ちなみにこちらはビーズでできたすずらんなので褪色の心配なく飾れます。

花の香りは楽しめない

アーティフィシャルフラワーは造花ですので、生花の放つような豊かな芳香やフレッシュな質感などは楽しめません。

その造形美や芸術性の高さは、近年ますますクォリティがあがってきていますが、本物の持つ生命力のようなものを感じたいときには、やっぱり生花に軍配が上がるようです。

アーティフィシャルフラワーを使ったインテリア

リースにアレンジ

アーティフィシャルフラワーの色褪せない美しさを、通年通して楽しむのに、リースに仕立てるのは最適のアレンジ方法とも言えます。

可憐なミモザを取り入れた、ナチュラルな質感のミニリースは、贈り物にしても喜ばれそうですよね。

スワッグにして楽しむ

アーティフィシャルフラワーを束ねて吊るす、「スワッグ」として楽しまれています。

スワッグは、生木や生花などを束ねて吊るし、ドライフラワーになっていく様子を楽しまれることも多いですが、たまに枝抜けしたり思った色落ちにならないという失敗もあります。

こちらだと、作ったときのクォリティをそのままにディスプレイし続けられるという利点がありますね。

フラワーボックス

木箱の中からこぼれるような桜の花を表現された素敵なフラワーボックス。
壁掛けとしての形を取って、春の訪れを告げてくれます。

リボンを使うことで、より華やかな雰囲気になっていますね!

フレーム仕立ての壁掛け

こちらはフレームを使って、アーティフィシャルフラワーによる壁掛けを作られています。
立体的な表現が素敵ですよね。

アーティフィシャルフラワーの花材には、お花だけではなく、こちらのように多肉植物やグリーンを活かした素材も豊富にありますので、より自分好みの多彩なアレンジが楽しめます。

花瓶にそのまま活けるだけでも

こぼれるように咲き誇るミモザの花束を思わせるディスプレイですね。
こちらもアーティフィシャルフラワーによるアレンジですが、このようにただ花瓶に活けるだけでもその豊かな美しさが楽しめます。

食卓に飾っても、お料理を美味しそうに引き立ててくれそうです。

アーティフィシャルフラワーで作るアクセサリー

大人可愛いマムのピアス

とても可愛らしいマムのピアス。

アーティフィシャルフラワーでリアルに再現されたマムの美しさは、大人の女性の耳元を可憐に彩ってくれます。

アーティフィシャルフラワーで作られたアクセサリーは、そのリアルさゆえに、大人が身につけても子どもっぽくならずに可愛さを表現できるのが嬉しいですよね。

セレモニーを彩るコサージュ

春は卒業式、入学式などでフォーマルな装いに身を包む方も多いはず。
セレモニーでの装いに、アーティフィシャルフラワーで作られたコサージュをプラスすると素敵ですよね。

普段使い用にも使えます

お洒落なコサージュは、作りによっては普段使いにも活躍しそうです。

落ち着いたシックなトーンでまとめられたアーティフィシャルフラワーによるコサージュ。
色選びやボリューム、チャームなどの使い方で、雰囲気がぐっと締まりますね。

ラプンツェルのようなヘッドドレス

ウェディングなどのセレモニーでも、アーティフィシャルフラワーは大活躍!

こちらは花嫁の装いを彩る、ラプンツェル風のヘッドドレスです。
ゴージャスに華やかに、花嫁の美しさを引き立ててくれます。
特別な日を、こんな素敵な花飾りで祝えたら気持ちもより華やぎそうですよね。

アーティフィシャルフラワーで華やかに彩ろう♡

いかがでしたか。

まるで本物のような鮮やかな表情の楽しめるアーティフィシャルフラワーの魅力についてお伝えいたしました。

本物よりもアレンジの幅が広く、扱いも楽なので、インテリアやファッションにもっと気軽に取り入れていきたい素材ですよね。

みなさんも、ぜひアーティフィシャルフラワーを楽しんでみてくださいね!

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • pariko

    はじめまして。 日常をちょこっと楽しく豊かにするアイデアを見つけて、やってみるのが好きです。