WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

舞茸はビタミン類が豊富!舞茸たっぷりレシピを紹介!

舞茸にはさまざまな魅力がたっぷり!今回は舞茸本来の魅力を紹介するとともに、舞茸をたっぷり使った美味しいおすすめレシピを調理法ごとに分けて紹介していきたいと思います。旨味がたっぷりの舞茸をご堪能くださいね。 #舞茸 #ビタミン #レシピ

2018.3.1

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.3.1 / 作成:2018.2.26

舞茸はビタミン類が豊富!

舞茸には、ビタミンB群(特にナイアシン)とビタミンDを豊富に含んでいます。
以下に、それぞれの働きについて説明していきます。

ナイアシン(ビタミンB3)の働き

ナイアシンは糖質と脂質とたんぱく質からエネルギーを生成する時に働く酵素を補助する、というとても大切な働きをしています。それ以外には、皮膚や粘膜の健康維持を助けることに役立っています。

ビタミンDの働き

ビタミンDには、ビタミンAやビタミンCとともに風邪を予防してくれる働きがあります。他にはカルシウムやリンの吸収を促すとともに、骨や歯の成長を助けてくれます。

ビタミン類以外にも、亜鉛や銅やカリウムなども豊富に含まれています。
このように栄養価が高い舞茸の旬の時期はいつ頃になるのでしょうか?次にお話していきたいと思います。

舞茸の旬の時期はいつ?

舞茸の旬の時期は秋になりますが、栽培品も多く出回ることから、スーパーや八百屋さんなどでは通年で購入することができます。価格の変動も比較的少なく安定しているので、家計の強い味方と言えるでしょう。

このように栄養価が高くお財布にも優しい舞茸は、食卓への登場シーンも多いことでしょう。以下に、舞茸をたっぷり使ったレシピを紹介していこうと思います。

舞茸たっぷりレシピを紹介

上記のように魅力たっぷりの舞茸をたっぷり使ったおすすめレシピを、調理法ごとに分けて紹介していきます。

舞茸を煮る

旨みと甘味が強い舞茸を、煮るという工程で調理したレシピを紹介します。

【作り置き】牛肉とマイタケの甘辛煮・圧力鍋で簡単!

出典 

最近では、圧力鍋を使って調理する家庭が多くなってきています。全ての食材と調味料を圧力鍋の中に入れて煮るだけで簡単に作れる甘辛煮になります。ごはんによく合い作り置きもできるので、とても重宝される1品と言えるでしょう。

チキンと舞茸の玉ねぎおろしトマトソース煮

出典 

舞茸の煮物というと和風のものが多いですが、ケチャップとソースとコンソメを使って調理することで洋風に仕上げることができます。とても斬新で新鮮な1品になります。鶏肉と合わせることでボリュームが出るので、メイン料理として食卓を賑わせてくれることでしょう。

舞茸を炒める

次に、舞茸を炒めて作るレシピを紹介していきます。

厚揚げとマイタケの味噌炒め

出典 

食材をカットしたらごま油で炒めて風味を出して、味噌で味を調えていきます。とても手軽に作れて、ごはんに合う1品となっています。舞茸、厚揚げ、もやしとそれぞれ違う食感の異食材を組み合わせることで、楽しみながら食べることができ、且つ食べごたえがあるおかずに仕上がります。

マイタケとブナシメジのバターしょうゆ炒め

出典 

舞茸とぶなしめじを手でちぎり、バター醤油で炒めて仕上げていきます。きのこ類の旨味を存分に味わえる1品になっています。バターと醤油はテッパンの組み合わせで、副菜として大活躍しそうですね。また、おつまみとしても美味しく召し上がれます。

その他の調理法

大豆とマイタケの天ぷら

出典 

舞茸と大豆を合わせて、カリッと揚げた1品です。塩や天つゆと共に味わえますよ。

里芋とマイタケの炊き込みごはん

出典 

舞茸と里芋を米や調味料と一緒に炊飯器で炊き上げた、豪華な主食となる1品です。

フライパン一つでOK!秋鮭ときのこの酒蒸し

出典 

きのこ類の旨味を活かして、鮭と一緒に酒蒸しにした、とても香りがよい1品です。

舞茸は万能食材

舞茸は栄養価満点!味良し!風味良し!で、さまざまな料理に使いやすい食材と言えるでしょう。購入しやすいという利点もありますので、毎日の料理に役立てていきたいですね。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • aya_ayachin0426

    お料理大好き二児のママです。母として、管理栄養士として、日々の料理を楽しんでいます。