WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

≪男子ウケ抜群≫男子が作ってもらいたい人気のお弁当おかず12選

おなかが空いたお昼ごはんにがっつりとかき込めるお弁当が、男子に人気のお弁当です。女子が食べたいお弁当と男子が食べたいお弁当では、ポイントが少し変わってきます。本記事では男子が喜ぶお弁当のポイントと、人気レシピをご紹介します。 #お弁当 #レシピ

2018.2.23

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.2.23 / 作成:2018.2.23

男子が喜ぶお弁当のポイント

お腹ペコペコのお昼に食べるお弁当は、その日一日の気分が変わるといっても過言ではないほど重要。お腹いっぱいおいしいお弁当が食べられると、午後からも全力で頑張れるものです。

とくに食べ盛りの男子には、美味しいお弁当を作ってあげて、モリモリ食べてもらいたいですよね。

男性が喜ぶお弁当にはどのような特徴があるのでしょうか。
男子が喜ぶお弁当のポイントは4つ。

1.がっつり食べられてボリューム満点
2.手軽に食べられる
3.見た目が美しく食欲をそそる
4.冷めてもおいしいしっかり濃いめの味付け

これらを抑えてレシピを選ぶと、男性ウケ抜群の料理ができます。

男性はラーメンだったりどんぶりだったり、ガッツリかつ手軽に食べららえるものを好む人が多いです。
そして、お弁当と言えば彩を考えることが大切。
どうしても冷めてしまうので、味を濃いめにしたほうがおいしく感じます。

これらを加味してレシピを選んでいきましょう。

下記で男子が喜ぶお弁当のレシピを紹介していきます。

がっつりと言えばやっぱり【肉】おすすめ肉レシピ

お弁当にも♪ご飯がすすむ♪『むね肉 de うまだれチキン』

出典 

味付け調味料に漬け込んだら、片栗粉をまぶしてフライパンで焼き、タレを絡めて出来上がり!
ごま、にんにく、しょうがを入れたタレに絡めた柔らか鶏むね肉は、お弁当に入れても味がしっかりとしていてご飯が進みます。

鶏むね肉はもも肉に比べて冷めても固くなりにくいので、おすすめです。
そぎ切りにすることでさらに柔らか食感が増します。

ラップですぐ漬かる 豚ロース肉の味噌漬け

出典 

味噌やはちみつなどの調味料に豚ロースを2~3時間以上漬け込んで焼くと、しっかりと濃いめに味のついた味噌漬け豚ロースが完成。
冷蔵で4日、冷凍で2~3週間もつので、たくさん作っておくと便利です。

甘辛い味噌味の豚肉が、ガッツリ食べたい男子の胃袋を掴みます!

牛ごぼうのしぐれ煮。

出典 

甘辛く煮込んだ牛肉とゴボウは、冷めてもご飯にピッタリの味です。
味付けはめんつゆでとってもシンプル。
牛肉とゴボウの旨味で、シンプルな材料でも十分風味豊かに仕上がります。

お弁当に入れる場合は、赤みの多い肉を選ぶことをお勧めします。
 

冷凍食品に頼らない≪揚げ物≫お弁当に最適なレシピ

食べたらやみつき☆食感がザックザックの『鶏むね肉の唐揚げ』

出典 

お弁当に入れるとどうしても少し「ベチャ」っとしてしまうのが難点ですが、こちらのレシピは衣にパン粉を加えることでサクサク食感を保ちやすくして言います!

からあげにパン粉を入れるのは斬新なアイデアですが、チキンカツとは違って味はしっかりとからあげのまま、衣のサクサク感だけがUPしています。

鶏むね肉を使用しているので、さめてもしっとり柔らかいままです。

鶏胸肉の大葉チーズロールフライ。

出典 

鶏むね肉を薄くそぎ切りにし、大葉とプロセスチーズを巻いて衣をつけたら揚げて完成。
豚肉でも作れますが、鶏むね肉で作ることで冷めてもやわらかく、経済的に作ることができます。

鶏むね肉に、砂糖と塩と酒で下味をつけておくことが、やわらかく仕上げるコツです。
冷凍保存をしておけば作り置きも可能。

ぷりふわ海老カツ【作り置き】

出典 

刻んだエビをちぎったはんぺん、卵、塩コショウ、片栗粉と一緒に混ぜパン粉を付けたら揚げて完成。
冷めてもはんぺんでフワフワ、エビがプリプリで絶品です。

そのままでももちろんおいしいですが、お弁当に入れるときは市販で売られているタルタルソースをつけて食べると、さらにおいしく食べられます。
たくさん作って冷凍保存をしておきましょう!

手軽に食べられる「丼弁当」冷めてもおいしい人気レシピ

レン・チン☆牛丼

出典 

牛肉と玉ねぎを切り、耐熱容器に入れ、醤油、砂糖、みりん、酒と一緒にレンジで加熱するだけ。

火を使わずに10分で完成しちゃう忙しい朝に大助かりの簡単牛丼レシピ。
お弁当に入れるためには汁気が少ないほうがいいので、最後に1分半レンジにかけてたれをしっかり肉に絡めて下さい。

10分弁当〜チンジャオロース丼〜

出典 

味付けをした豚肉の上にパプリカとピーマンを乗せて、あとはレンジで温めるだけ。
全体をざっくり混ぜて、ご飯の上に乗せましょう。

パプリカのおかげで、一品でいろどりもばっちり。
濃いめの味付けなので、傷みにくく冷めてもおいしく食べられます。

冷凍豆腐のうまうま味噌そぼろ丼

出典 

肉ではなく冷凍した豆腐を使ってそぼろを作り、ヘルシーに仕上げた丼レシピです。
豆腐を使っていますが、冷凍することで不思議と肉のような食感に。

フライパンでしっかりと水分を飛ばしながら炒め、濃いめの味付けをすることで豆腐と言われなければ肉と勘違いしそうなほど、おいしいそぼろ作れます。
節約しながら作れるおすすめの丼弁当レシピです。

麺だってお弁当に使える!麺類が主役のお弁当レシピ

万能ナポリタンソース(作りおき)で〜ナポリタンのお弁当〜

出典 

万能ナポリタンソース(別途レシピ参照)を作っておけば、忙しい朝でも簡単に作れます。
ソースにあらかじめ玉ねぎ、ピーマン、ぺーこんを入れておくので、朝はソースとパスタを絡めるだけ。

ソースにオリーブオイルが入っているので、お弁当に入れても絡まりにくく作れます。
ケチャップやしょうゆで濃いめに作られたソースがお弁当に最適◎

スープカレーうどん弁当

出典 

一見手の込んだ料理に思えますが、温めたスープジャーにミックスベジタブルとカレールー、粉末のだしを炒れたらあとは蓋をしておくだけ。
スープジャーの保温機能を使うことで、カレースープは火を使わずに簡単に作れます。

うどんは茹でて天かすと交互に詰めていきます、
天かす挟んでおいたほうが、油でうどんがくっつきにくくなります。

スープまで飲み干せるので、一品で大満足!

くっつかないからお弁当にもおすすめの定番の焼きうどんレシピ♡

出典 

めんつゆとオイスターソースでシンプルな味付けにした焼うどんです。
うどんは茹ですぎるとくっついてしまうので、さっとゆでるか熱湯をかける程度でOK。

豚小間に小松菜やニンジン、キャベツなどの野菜をたっぷりと入れることで、一品でたくさんの栄養を摂ることができます。

トッピングに目玉焼きを乗せる場合は、お弁当に入れるのであれば傷みやすくなるので黄身までしっかり火を通すことをお勧めします。

がっつりお弁当でスタミナ満タンに♪

お弁当を食べるときは、きっとほとんどの方が学校やお仕事の休憩時間だと思います。
そんな一日の中間地点で食べるお弁当は、午後からのスタミナ補給になります。

お腹いっぱいになるガッツリ弁当を作ってあげれば、どんな男子もきっと喜ぶことでしょう。
本記事のレシピを参考に、男子ウケ弁当を作ってください!

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • ponta20170213

    美容と健康オタクのアラサー女子pontaです☆ 趣味は料理作りで、毎日レシピをブログに書き留めています...