WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

手作りのウッドコースターでお家カフェを楽しもう!

木製コースター手作りしてみませんか?今回は、ベーシックな四角・丸型コースターから、キューブ型木片を繋げるもの、パレット風など色んなウッドコースターのDIYレシピをご紹介します。 #コースター #カフェ #雑貨

2018.2.24

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.2.24 / 作成:2018.2.23

ウッドコースターでカフェ気分を満喫しよう♪

コースターにも色々な素材がありますが、「ウッドコースター」は、自然素材ならではのぬくもりがあるので、ほっこりした”カフェ気分”を味わうにもピッタリですし、色んなテイストにも合わせやすいのが魅力♡

そして”木材”はDIYでも扱いやすい素材なので、端材や100均材料を使ってお家で手作りすることも可能なんですよ♪
 

端材や100均材料で手軽につくれる♡

出典 

コースターの「ベースとなる木材」ですが、100均のシンプルなコースターや、このような既に10cm角になっている木材などを活用すれば、切る手間も不要で簡単につくれます。

また「端材」があるのなら、材料費0円で消化も出来て一石二鳥♪時短&プチプラで作りたい場合には、是非活用されてみてくださいね♡

では、早速「基本の作り方」をみていきましょう!

簡単!ウッドコースター<基本の作り方>

四角い木製コースターの作り方

STEP1:木材を切り出す

出典 

まずは木材を切り出します。後でやすりをかけるので5mmほど広めに切るのがおすすめ。

そして、一番迷うのが”サイズ”ですが、通常のコップなら一般的な「90mm」が丁度良いサイズ感。これを基準に調整すると良いでしょう。

厚みは、0.5mm~20mmが目安ですが「10mm」程度が扱いやすいと思いますよ◎

STEP2:やすりをかけて仕上げる

出典 

切り終わったら、カットした面・角をサンドペーパーで滑らかに磨けば完成です!

※「面取り」には、トリマーやホビーカンナがあると大変便利ですよ◎

小さい端材しかなくても大丈夫!

出典 

出典 

もし、小さい端材しかない!という場合には、このように木工ボンドで圧着すればOK♪ここでは「かまぼこ板2枚」を活用されていますよ♡

接着面を濡れタオルなどで拭き汚れを落としてからボンドを塗布。接着面同士をグッと押さえ溢れたボンドを拭いてから「クランプ」で圧力をかけて乾燥させましょう。この一手間で強度がUPします◎

丸いコースターの作り方

丸いコースターも、サイズは90mmが一般的。

手頃なサイズの端材に、「コンパス」または、程よいサイズの「蓋」があれば型にして希望サイズの円を描きましょう。描けたら、板を回しながら糸ノコで切り出し、サンドペーパーで磨けば完成です♡


これでコースター本体は完成ですので、次は、加工を施し自分好みに仕上げていきましょう!
 

後は好きなアレンジをどんどん楽むだけ

まずはBRIWAXでシンプルに。

出典 

出典 

木の風合いをシンプルに楽しみたい時にもピッタリな「ブライワックス」をスポンジで塗り込んで仕上げられています。

ベースが端材なのでより自然なフォルムが出てとっても素敵ですね♡

ペイントで好きな模様をつける

出典 

100均の10cm角の木材がベース。白に塗った後、マステを使った幾何学模様や、フリーハンドで模様をつけたものに、防水のため「ニス」で仕上げられていますよ♪

既に切り出された木材は線が整っているので、無機質な感じを出したいモノトーン系のデザインにもマスト♡

デニム生地を貼る

出典 

キャンドゥのウッドコースター(7.5㎝角)がベース。ボンドでステンシル加工のデニム生地や麻紐を貼り付けるだけのお手軽仕上げ♡

カジュアルな雰囲気を出したい時にもピッタリでは♪

ベルトを付けて取り出しやすく。

出典 

水性ニス×ステンシル加工を施した「9cm角のSPF材」がベース。側面に釘でレザーのベルトをプラスすることで、アクセントと扱いやすさをプラスされていますよ♡

この厚みもカッコイイですね!また、裏面に家族のイニシャルを入れるなどの工夫も参考になります◎

専用ボックスに収納すれば尚良し♡

出典 

出典 

なんと。100均のウッドボックスに持ち手(ミニカスガイ)を付けてコースター専用ケースまでつくられています!

コースターの側面にセリアのプッシュピンをつけることで、サッと取り出せる工夫も◎素敵なアイデアですね♪

木片を組み合わせて表情を出してみよう

実はもうひとつ。100均アイテムで簡単につくる方法があるんです♡

100均のキューブをボンドで貼るだけ!

出典 

出典 

このお洒落感抜群のコースター・・なんと。100均の「キューブ型木材」をボンドでくっつけるだけという超簡単DIYなんです!

ここではダイソーのキューブを使い、コーヒー染×ペイントで仕上げてありますよ◎風合いの違いがまた素敵♪

ステンシルでまとまった印象に。

出典 

出典 

水性ニスのダークウォールナット・メープルで塗り分けヤスリをかけ、ステンシル加工&ウレタンニスで仕上げられています!

1つのデザインを通しこめばまとまり感が出ますね♡また、クランプを使った圧着方法も合わせて参考にされてください♪

他のカタチもミックスして♪

出典 

ダイソーの工作材の長方形もミックスし、アクリル絵とステインで仕上げられています!

組み合わせるカタチが変わるとまた違った雰囲気が出てお洒落♪パズルのように1枚を自分でカットするのもいいかもしれませんね◎

枠をつけてもお洒落!

出典 

出典 

ベニヤ板に小さいキューブ型木材を敷き詰め、細材の枠をつける。というアレンジも!ちょっと高級感もUPしますね♡

また、クランプが無い時はこの作り方の方が固定もしやすそうです!

カタチに拘れば一気にグレードアップ!

木材と「釘・ビス」を使えば更に出来ることも増え、個性的なコースターに仕上がります♡

トレータイプのコースター

出典 

出典 

ワトコワックスで塗装した端材5枚を縁付きトレーのようにビスで固定し、取っ手+ステンシル加工で仕上げられた男前なコースターです!

これ1つでお菓子や小物入れなど万能に活用出来ちゃうのも大きな魅力♡

更に「丸棒」を敷き詰めて

出典 

出典 

基本の作り方は先程と同じなんですが、コースター内部に切り揃えた「丸棒」をボンドで敷き詰めて装飾されています!

丸みがあるので、ちょっと優しい雰囲気が楽しめちゃいますね♡
 

すのこ板でユーロパレット風に

出典 

出典 

最後にご紹介したいはこのユーロパレット風のコースターです!なんと。必要なのは「細めのすのこ」のみ♪

すのこは解体後に板も角材も全て同じ長さに切り揃え、縦横にボンド&釘で固定すれば完成です!簡単なのに見栄えもバッチリですね♡

自分らしいアレンジを加えながら楽しもう!

いかがでしたでしょうか?100均木材や端材などが、一手間かけるだけでこんなに素敵にばコースターに生まれ変わるのなら、ちょっと試してみたくなりますね♪

他にも、ウッドバーニングで加工したり、丸太材を使ったり、小枝を束ねてイカダ風にしてみたり、是非好みのアレンジで作りおうちカフェ時間を楽しまれてくださいね♡

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • As

    はじめまして。日常をちょっと楽しくしてくれるモノづくりを楽しんでいます。