更新:2018.2.20 作成:2018.2.19

キッチンをもっとお洒落に!【DIY・冷蔵庫リメイク編】素敵なアレンジをご紹介

長年使っている冷蔵庫、壊れてないのに買い替えたくはない、でもデザインを変えたい、とお考えの方へ。
今回は、リメイクシート&ペンキを使ったDIYで、冷蔵庫がお洒落に早変わりされた素敵なアイデアを、またローラーを使った黒板塗料の塗り方手順もご紹介させていただきます。ぜひご覧ください。
❤︎ お気に入り
目次
  1. その1・冷蔵庫を「100均リメイクシート」で簡単改造DIY
  2. その2・冷蔵庫全体を「マスキングテープ」で簡単改造DIY
  3. その3・冷蔵庫を「ペイント」で簡単改造DIY
  4. 実技編・冷蔵庫のペイントの仕方の手順
  5. まとめ
キッチンの中で大きな存在感を放つ冷蔵庫。

一度買うと、何年も同じ冷蔵庫を使い続けると思います。

今回は、キッチンのインテリアを変えたけど少しだけ冷蔵庫がイメージに合わなくなってきた、という時にお手軽にイメージチェンジが出来る方法を、お伝えしたいと思います。

みなさんのアレンジ方法、素敵なコーディネートばかりなので、ぜひご覧ください。

その1・冷蔵庫を「100均リメイクシート」で簡単改造DIY

ホワイト系のリメイクシートでナチュラル

アンティークなウッド風の壁紙がお洒落な、冷蔵庫リメイク。さらにウォールステッカーを貼ってオリジナリティにあふれるキッチンです。
一瞬、冷蔵庫?と思えてしまうほどの大変身のリメイク。

取っ手を取り付け、ルーバー扉風な冷蔵庫、100均のシャービーシックホワイトのリメイクシートを使用され、見事なイメージチェンジです。

 
モノトーンコーディネートにウッディ系の小物使いで、シンプルかつ温かみもあるキッチン。

リメイクされた冷蔵庫がよく合っています。見える場所は統一感を出して、スッキリとされています。

このように、キッチンの中ではリメイクシートの活用場所が幅広くあります。

一部分だけイメージ変えたい時には、100均などでも簡単にリメイクシートが手に入るので、取り掛かりやすいDIYです。
リメイクシートを貼られた上に、自作のステンシルでさらにスタイリッシュな冷蔵庫に、早変わりです。

ホワイトウッド調のリメイクシートは、キッチンをより明るく、ナチュラルな雰囲気を足してくれます。

さて、続いては同じウッド調でも、本物の木の色に近い、男前なリメイクを見ていきましょう。

男前なウッド調100均リメイクシートでクールに

男前の冷蔵庫は、100均のリメイクシートとマスキングテープを使ってリメイク。

リメイクシートを貼ったけど足りなかった場合には、このように素敵なアレンジで、さらにクールさが増します。
シルバーの冷蔵庫が、あっという間にウッディ系に。

同じクールな冷蔵庫でも、ウッド調にするとクールかつ親しみ感が出ます。

なかなか動かせない冷蔵庫、貼るだけでキッチンの雰囲気もガラッと変わるリメイクシートは、優れものですね。

 

斬新なアイデア!2種類のリメイクシートの組み合わせ術

続いても男前のスタイリッシュなリメイクですが、こちらは2種類のリメイクシートでイメージチェンジをされたようです。

表面はウッド調のリメイクシート、側面は黒板シートとそれぞれ100均のシートを使われたようです。

ナチュラルなキッチンにも、クールな冷蔵庫がバランスよく合っています。
続いても2種類使いの冷蔵庫リメイク。レンガ調×ウッド調の組み合わせが、よく合っています。

長年使った冷蔵庫でも、リメイクシートを貼れば一気にイメージチェンジに成功し、真新しく見えます。
続いては、レンガ調×黒板シートの組み合わせ。

扉の一部分をこのように黒板シートを貼り、その上に転写シールを貼りカフェ風の雰囲気のある冷蔵庫です。

組み合わせるリメイクシートによって、印象も随分変えられ、オリジナル感を出すことが出来ますね。

その2・冷蔵庫全体を「マスキングテープ」で簡単改造DIY

マットブラックの10cm、5㎝、1.5㎝のマスキングテープを使用して、リメイクされたこちらの冷蔵庫。シックな雰囲気で、モノトーン×ナチュラルのバランスの取れた素敵なキッチンです。

存在感が大きい冷蔵庫だからこそ、お気に入りのカラーとデザインにチェンジして、毎日冷蔵庫を開けることも、楽しみの一つになりそうです。

その3・冷蔵庫を「ペイント」で簡単改造DIY

続いては冷蔵庫をペイントしてリメイク。真っ白だった冷蔵庫を、食器棚と同じ色の、バターミルクにペイントされたようです。

同じ白でもバターミルクはベージュ掛かって、温かみのある雰囲気に変わりますね。

壁や食器棚のガラス部分にも同じ壁紙を貼られて、統一感のあるシンプルで優しいキッチンコーディネートです。
元々はシルバーだった冷蔵庫を、黒板塗料で塗り替えられた冷蔵庫。
キレイなシアンブルーで、思わず海を想像してしまいます。

お好きなカラーに塗り替えると、キッチンが居心地の良い場所に変わり、居る時間も増えそうです。
そしてレンガ調シートと黒板塗料の組み合わせ。
先ほどのレンガ調×黒板シートと雰囲気は似ていますね。

塗料が完全に乾いた後に、チョークで好きな絵や文字を描いて、冷蔵庫がカフェ風のお洒落な一角に変身です。

実技編・冷蔵庫のペイントの仕方の手順

ペンキの塗り方としては、手作業で塗る「手塗り」とスプレーで吹き付ける「吹付け」タイプがあります。

手塗りで使う道具は「ハケ」と「ローラー」の2種類がありますが、今回は広い範囲を塗装する時によく使われる、ローラーを使った手塗りの手順をご紹介させていただきます。

ぜひご覧ください。

1・塗り替える前 

まずはペンキを塗る前に、冷蔵庫に着いた指紋や油の汚れを、しっかりと取っておくことが大切です。

2・必要道具を用意

ペイントに必要な塗料、ペイントローラーとトレイの3点セットを準備します。

ここでは、黒板塗料を使用されています。
ペンキはローラーに付け過ぎてしまうと、ペンキを広げる時に難しいので、量を調節して加減してみると、作業に取り掛かりやすいです。

3・ペンキを開封

ペンキを初めて使う前には、よく混ぜてから使いましょう。

混ぜるのが不十分な場合には、色ムラを生じてしまったり、光沢が残ってしまうことがあります。

使用する前によくかき混ぜて、全体をむらなく均一にした後に、ローラーでペイント開始です。
 

4・下塗り

下塗りを始めます。下塗りが終わったら、完全に乾くまで待ちましょう。

塗料には「水性タイプ」と「油性タイプ」があります。

「油性タイプ」は塗るときの臭いがあり、カラーが少な目です。マットに仕上がり、耐水性や耐久性に優れています。

「水性タイプ」は、塗るときの臭いはなくカラーが豊富です。耐久性は油性よりも劣りますが、水性なので安心して使えますね。

お気になられた方は、お好みの塗料を選択してください。

5・本塗り

黒板ペイントの表面の乾燥は、その日のうちに乾くのですが、チョークを使うには2~3日良く乾燥させてから使用することを、おすすめします。

チョークアートを楽しんだり、メッセージボード代わりに使用しても楽しそうですね。

 

6・ビフォーアフターの比較

ビフォーアフターでは、印象が180度違います。

チョークで絵や文字を書いた後は、水拭きでササっと拭くだけで黒板がキレイなり、また新たにチョークアートが描けます。


新しい冷蔵庫を購入したかのような新鮮さで、冷蔵庫に合わせたインテリアのコーディネートも、楽しくなりそうです。

まとめ

今回は、リメイクシートとペイントで冷蔵庫をリメイクする方法を、ご紹介させていただきました。

この春、冷蔵庫のデザインを一新したい方、リメイクシートの絵柄も豊富にあり、ペンキの色も様々あるので、お好みに合ったデザインや色を探して、よろしかったらトライしてみて下さい。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

あなたにおすすめ

PICKUP

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

ログイン・無料会員登録
  • lakki

    衣食住に関するリサーチが大好きです。

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

連載記事

【連載】パリ在住のシェフ:Carrie Solomon The Socialite Familyシリーズ 〜 Episode 1

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

ダイソーやセリアなど100均のリメイク雑貨が勢ぞろい!みなさんもお休みにチャレンジしてみませんか?

2017年にもっとも見られたDIYリメイク・アイデア記事12選を特集しました。 ダイソーやセリアも手に入らない商品などもありますので、来年の再販などの参考にも役立てくださいね!