WEBOO[ウィーブー]

自分でつくる

風邪ひきさんにも◎ほっこりあたたまる優しい味♡『卵とじうどん』の作り方

和の麺類と言えば「うどん」地域によって味付けが多少違うものの、卵とじうどんは全国共通で人気うどんメニューなのではないでしょうか。消化のいいうどんと完全栄養食品と言われる卵でつくる卵とじうどんは、体調が悪い時にもピッタリです。そんなほっこり卵とじうどんの作り方をご紹介します。 #卵とじ #うどん #風邪

2018.2.15

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

更新:2018.2.15 / 作成:2018.2.14

ほっこり【卵とじうどん】まずは材料をそろえよう

とろーりと卵がうどんに絡み、体の中から温まる卵とじうどんは、作り方も材料もとてもシンプル。最近ではコンビニでも卵やうどんが売っているので、食べたいときにすぐに材料をそろえることができます。

材料(1人前)

  • うどん 1玉
  • 卵 1個
  • 水 250ml
  • ねぎ 適量

【うどんのつゆ】
  • 粉末だし 小さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ1と1/2
  • みりん 大さじ1/2

【とろみ付け】
  • 片栗粉 大さじ1
  • 水 大さじ2
卵は割りほぐし、ねぎは最後にトッピングをするので、お好みの量を小口切りにしておいてください。

麺は袋入りのゆでうどんを使いますが、冷凍うどんでもかまいません。

とろみ付けにつかう片栗粉と水は、あらかじめ合わせておいてください。

簡単!ふわトロ♡基本の卵とじうどんの作り方

1.鍋に水250mlを沸かし、うどんのつゆの調味料を入れる

片手鍋にお湯を沸かし、しょうゆ、粉末だし、みりんを加えます。

しょうゆは濃い口を使っています。薄口を使用する場合は、少し塩分が濃い目になるので、大さじ1にしてください。

2.1にとろみ付けの片栗粉と水を入れ、とろみをつける

一度鍋の火を止め、水で溶いた片栗粉を少しずつ入れて混ぜます。

一気に入れてしまうとダマになってしまう可能性があるのっで、少しずつ入れるのがポイントです。
とろみ具合はお好みで調整していただいて構いませんが、全量使っていただいたほうがトロっとした餡になり、玉子がよく麺に絡みます。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、下図のようにとろーっとした出汁が出来上がります。

3.卵を加え、手早く混ぜる。

再び火をつけ、溶いておいた卵を流し入れます。

一気に流すのではなく、下図のように少しずつ細い線を作るように入れるのがポイント。
卵を入れたら、手早く混ぜましょう。

消して焦る必要はありませんが、ここで手早く混ぜることで、細かいふわふわの卵に仕上がります。
卵に火が通れば、火を止めておいてください。

4.うどんを茹で、器に盛る

別の鍋にお湯を沸かします。(分量外)

今回は袋入りのゆでうどんを使ったので、沸騰したお湯に入れ、2分ほどゆでました。やわらかめのうどんが好きな方は3分ほどゆでてください。

冷凍うどんの場合はレンジでチンをして温めていただければOK!乾麺の場合は、製品の裏に茹で時間がかかれているかと思うので、そちらを参考にしていただければ茹でられます。

しっかりと水気を切り、器に盛ります。

5.3で作ったあんを4にかけ、ねぎをトッピングして完成

あつあつのうどんに3で作った卵のあんをかけます。
仕上げに刻みネギをトッピングすれば完成です。

アツアツのうちに召し上がってください!
お好みで七味やすりおろしたしょうがを乗せると、さらに体ポカポカの卵とじうどんができます。

おすすめは天かすです。レシピには一切油を使っていないので、とても胃に優しくてヘルシーな卵とじうどんですが、天かすを加えるだけで腹持ちがよくなり、コクがアップします。

とっても簡単にできましたね!このレシピを基本とし、具材をプラスするとアレンジすることもできます。

しょうゆではなくめんつゆで作りたい場合は、下記レシピの分量を参考にしてください。

【応用編】材料をプラスして卵とじうどんをアレンジ

生姜たっぷりの鶏卵うどん

出典 

基本の卵とじうどんの出汁を温める過程で鶏肉をプラス。鶏肉の出汁が出て、コクのある味に仕上がります。

親子丼をうどんにアレンジしたようなこちらのレシピは、鶏肉がプラスされることでコラーゲンやたんぱく質などの美容に嬉しい栄養素が追加されます。

卵とじうどんを少し豪華に仕上げたいときにおすすめです。

お揚げとかき玉あんかけうどん。

出典 

うどんの出汁を作る過程で、油揚げを入れ、少し煮込んだら油揚げを取り出し、あとは基本の卵とじうどんと作り方は同じです。

きつねうどんと卵とじうどんを合体させたような欲張りな一品。油揚げの油がめんにコクをプラスしてくれます。

卵とじうどんにもうすこしボリュームが欲しいという時におすすめ。

疲れた胃腸に♪男子も喜ぶ♪『肉玉あんかけうどん』

出典 

しょうゆ、酒、みりん、砂糖で甘辛く炒めた牛肉を、基本の卵とじうどんにトッピングした肉玉うどんです。

甘辛い肉があっさりとした卵とじうどんを一気にガッツリうどんに変身させます。

男性に人気のレシピなので、食べ盛りのお子さんや、仕事で疲れた彼氏や旦那の夜食に作ってあげてください♪

熱々とろ~り♪明太卵あんかけうどん♪

出典 

うどんの出汁を温める過程で、皮を取った明太子を入れて少し過熱し、あとは基本の卵とじうどんと同じ作り方でできます。

やわらかいうどんとトロトロの卵に、明太子のプチプチ食感がプラスされます。明太子の塩気があるので、ほんの少し基本の卵とじうどんよりは薄めに出汁を作ってください。

基本の卵とじうどんにほんの少しプラスするだけで、アレンジ料理の完成です。

卵とじうどんで心も体もぽかぽかに♪

風邪で体調がすぐれないとき、仕事で疲れてあまり食欲がない時、寒くて体が冷えてしまったときには、卵とじうどんで心も体もほっこり温まりましょう。

うどんは袋入りのものを安いスーパーだと20円以内で買えたりします。お財布にも優しい料理ですね。

作り方を覚えておくとランチや夜食など、様々な場面で活躍します。是非、一度作ってみてください。

この記事に関連するキーワード

この記事が役立ったらシェアしませんか♡

 お気に入り
  • Tweetする
  • シェアする
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

あなたにおすすめ

  • ponta20170213

    美容と健康オタクのアラサー女子pontaです☆ 趣味は料理作りで、毎日レシピをブログに書き留めています...